ネットオークションで古物商免許が必要ですか?

この記事は専門家が監修しています

ネットオークションで商品の売買を繰り返して利益を得ていきたい場合には、基本的に古物商免許が必要と考えた方が良いでしょう。

ヤフオク、楽天オークション、ビッターズなどのオークションサイトを活用すると継続的に利益を出すことも十分可能です。
その際に必要となるのが古物商免許です。

多くの方が一度は利用したことがあるネットオークション、活用していくには古物商免許との関係を知ることが重要です。

こんな取引をしている方は古物商免許が必要なケースと考えられます

古物商免許が必要なケース

  • ネットオークションで買った古物を、ネットオークションで売って利益を得る
  • ブックオフで安く仕入れた古物を、ネットオークションで売って利益を出す
  • ネットオークションで買った古物をレンタルして利益を出す
  • ネットオークションで同じ商品を一度に大量購入し、使わない残りは売ってしまう
  • ネットオークションで買い取った古物を分解して、パーツだけを売って利益を得る
  • ネットオークションで買い取った古物を海外へ輸出して利益を得る

古物商免許がなくてもオークションを活用できるケース

皆さんのオークション活用例の多くが当てはまると思います。

古物商免許が不要なケース

  • 自分で使う目的でデジカメを購入したがその後使わなくなったのでヤフオクに出品した。
  • 新品のパソコンが高いため、楽天オークションで落札した中古パソコンを自分で使っている。
  • タダで貰った物をオークションで売却する

免許が必要なケースの共通点は他人が見てビジネスに見られるかどうか

ネットオークションで古物商免許が必要なケースの共通点としては、『利益を得る目的で購入している』そして『継続的に転売している』ことの2点です。

古物を安く買って高く売ると当然利益がでます。

また、古物の売買で一度利益が出れば、何度も同じ売買を繰り返し、ずっと利益を得ていきたいと考えるのが人の性だと思います。

なので古物の売買を継続的に繰り返し、ビジネスとして取り組んでいきたい方は基本的に古物商許可が必要になると考えてください。

古物の売買では実際に利益が出ていなくても、利益を出そうと思って古物を買い取り、継続的にネットオークションに出品していれば古物商の免許が必要となります。

実際には利益が出ていなくても、利益を出そうと思って売買した場合に免許が必要となるらしいね、でもさ、意思があったかどうかの判断ってどうやってするの?

利益を出す目的があったかどうかは、本人の意思ではなくて、取り締まる警察署が見て客観的に判断するんだ。
だから本人がいくら利益を出す目的はなかったと伝えたとしても、警察署からみて利益を出す目的があったと判断された場合には、罰則の適用がされる場合があるから十分注意しよう。

私の意思とは関係なく警察署の方が判断するの、なんだか不安だな。

警察署は日々犯罪を防止することを目的に取り締まりをしているんだよ。
なのでオークションを利用する方を片っ端から逮捕することはないから安心していいよ。
でも調査が入る例としては、冷蔵庫などの家電をオークションなどで同時に5個購入してた場合には、全部自分で使うことは考えにくいから転売の意思があったのではないか?と疑われてもおかしくないよね。

それは安心したよ。
たしかに、冷蔵庫は一人で5台も使わないね。買ったものを誰かに売ろうとしてると突っ込まれたら何もいえない・・・ 古物の売買で儲けたい場合はしっかりと古物商の免許を取得した方がよいんですね。

その通りだね。
古物商の免許は一度取得すると廃業しない限り一生有効だから、古物でビジネスをしようと思う方や、すでにしている方は早めに取得することをお勧めするよ。自分で許可が取得することが難しい場合には、代行業者などへの依頼も考えてみると良いと思うよ。

無許可営業での重い罰則

古物の営業をオークションで行う場合には古物商の免許が必要でした。

ではもし、古物商の免許を取らずにオークションなどで営業を行っていた場合にはどうなるのでしょうか?

3年以下の懲役または100万円以下の罰金

古物商の営業を無免許で行っていた場合には重い罰則が科されます。

無免許で営業をしていた場合にいきなり逮捕されるケースもありますが、通常は警察から調査や注意を受けるケースが多いです。

警察などからの注意を無視して営業を継続していた場合には、重い罰則が科されてしまいますので免許が必要な方は必ず取得しましょう。

また、警察署から指摘を受けていなくても取引の相手方とトラブルとなり、裁判では「古物商の免許がなかった事が原因で負けてしまった」なんてケースもあります。
悪徳業者の中には、古物商免許がないことを悪用して、わざとクレームをつける業者もいるようです。

古物商の免許取得はそんなに難しい許可要件はありません。さらに一度取得してしまえば有効期間や更新もないため、基本的には一生涯有効な免許となります。

申請にかかる費用もご自身で手続きをすれば19,000円~と比較的安価で取得ができます。

またご自身での申請が難しければ、代行業者や無料で相談できる専門家を活用することも方法の一つです。

古物商を無免許で行っていた場合の罰則ってすごく重いんだね。

古物の取引には盗品などが紛れ込む可能性が高く、しっかりと管理しないと犯罪が横行してしまうんだ。
だから厳しい罰則を科すことは犯罪を防止することにもなるんだよ。

たしかに、ネットオークションで買う商品がどのようにして過去に取引されていたのかは考えたことがなかったな。オークションサイトは上手に活用すると色々なものが安く買えるしすごく便利だけど、犯罪に使われる可能性も高いのね。

そうだよ、便利な反面、犯罪に使われることも多いから注意が必要だよ。そしてしっかりとした管理をするためにも古物商免許の取得を検討しよう。 万が一古物商の営業を無免許で行い、罰金刑を受けた場合にはその後5年間は古物商免許が取れなくなるから注意しよう。
古物商の免許自体は一度取得すれば更新もないしコストパフォーマンスが高い免許だと思うよ。

ネットオークションで古物商免許が必要ですか?まとめ

インターネット、スマートフォンの普及により古物商取引もネットが中心の時代となりました。
オークションにおいても同様で、楽天オークション、ビッターズ、ヤフオクなどの『オークションサイト』を活用した取引が盛んに行われるようになりましたね。

誰にでも気軽にはじめられるネットオークションですが、古物商免許が必要なケースが多々あるのも事実です。

古物商を『ビジネスとして始められる方』や『転売で継続的に大きな利益を出している方』はコストパフォーマンスの高い古物商免許の取得をぜひ検討してみると良いでしょう。