メルカリで副業!そのメリットとデメリット

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

フリマアプリのひとつ、メルカリが流行ったことで、個人間での売買が本当に簡単にスマホひとつで行えるようになりました。

そして、メルカリを利用して本格的に副業をしようという方も増えています。

主婦が不用品販売からはじめて貯金1000万円、バブルの時に買ったブランド品が全部で300万円に・・・などなど、そういったニュースを見ると「自分もやってみようかなぁ」と思うのは至極当然なことと思います。

この記事では、「メルカリで副業を始めてみよう」という方向けに、そのメリットとデメリット、さらには副業を成功させる裏技までお伝えしていきます

メルカリを副業とするメリット

1.初期投資が少ない

メルカリ副業は、起業にかかる費用がほとんど必要ありません。
後ほど紹介する古物商許可(手数料19000円)を取得すれば、誰でも本格的に中古品販売を簡単に始めることができます。

また他のオークションサイト、ヤフオクであればヤフープレミアム会員になるのに月額料金がかかりますし、Amazonで大口出品するのにも月額料金がかかります。

しかし、メルカリだと利用料は無料です。(販売成立時に売り上げの10%の販売手数料は発生します)

お店を持つ必要もなく、自宅で完結できるので、固定費がかからないところは嬉しいところです。

2.隙間時間でできる

スマホひとつあれば、商品の撮影から出品、落札者との取引まですべて出来ます。

本業や家事の合間にできてしまうので、メルカリは圧倒的に副業向きといえます

3.初心者でも利益を出せる

いままでネット販売をしたことがなくても、メルカリのシステムで簡単に出品ができてしまいます

本格的に生計を立てるとなると、ある程度の商品知識がいりますが、まずは自宅にある不用品を売るくらいであれば、古物商の許可は必要ありませんし、始めたてでもすぐに利益を出せます

4.利益率が高い

メルカリ副業のおもしろいところですが、自宅にあった不用品や自分にとってはゴミ同然だったものが、とんでもなく高く売れるということがあります。

後ほどお伝えする古物市場というものも利用するようになれば、100円で仕入れたものが10万円になったという事例もあるくらいです。

メルカリ副業の利益率の高さには、まさに夢が詰まっています。

5.メルカリだけで転売を完結できる

メルカリは、メルカリで仕入れ、メルカリで売るという流れを完結することができます

なぜそういうことが可能なのかというと、メルカリには価格相場のわからない学生や素人が出品していることが多いので、転売を成功させやすいのです。

見る人が見れば、相場との価格差はかなりあるようです。
したがってメルカリだけで仕入れたものを売るという流れで、転売を完結できるというわけなのです。

メルカリを副業とするデメリット

1.梱包と発送をする必要がある

メルカリを利用したことがある方はわかると思いますが、梱包から発送まですべて自分で行わなければなりません

副業として本格的にやっていくとなると、販売する商品数も増えていくと思いますが、ひとつひとつ行わければならないので、「梱包と発送だけで一日が・・・」なんてこともあるようです。

こういった時間を取る作業があるということは、本業がある人達にとっては大きなデメリットです。

出品から販売まではスマホ一台の片手間で行なえますが、こういった「面倒くささ」の面もあるので、ただただ楽なもの、という考えは捨てましょう。

こういった手間がかかるので、単価が低い商品よりは高い商品を扱うと少ない手間でより利益を得ることができます。なので、可能であれば単価が高い商品を扱うことをオススメします。

2.送料がかかる

メルカリは、商品1個単位で管理・販売する必要があるので、購入者一人ひとりに対して送料がかかります。

仮に、一日一個販売ができて、月に合計30回商品を送ったとします。
一回500円の送料だとすると、月で15000円もかかるわけです。

ただし、送料についてはやり方次第で抑えることができます
これについては、後ほど後述します。

3.手数料がかかる

送料に加え、メルカリには販売手数料もかかります
売り上げから販売手数料として10%差し引かれるので、実際に出品者が負担するわけではありませんが、その分利益は実質下がります。

毎月100万円の売上をあげたとすれば、手数料は10万円もかかることになります。

手数料制度自体は、メルカリの利用料が無料のため仕方のないことだとは思いますが、それでも利用者数の圧倒的な多さにより売れやすいのがメルカリのいいところです

※重要※ メルカリを副業とする上で気をつける3つのこと

副業としてメルカリを利用するのであれば、知っておかなくてはならないことが3つあります。

聞き慣れない言葉も出てくるかと思いますが、非常に重要な内容となりますので、副業を考えている方は必ず読んでくださいね!

1.古物商許可

メルカリを副業として利用していく場合には、ほとんどの場合に古物商許可が必要になってきます。

なぜなら、中古品(未使用品であっても一度取引されたことのある物品を含む)を転売するには古物商許可が必要となるからです。
そして、古物商許可は、管轄の警察(公安委員会)に対して許可の申請をすることとなります。

もし、古物商許可を取得せずにメルカリで副業を行ってしまうと、無許可営業として懲役3年以下または100万円以下の罰金と、かなり厳しい処分を受ける可能性があります。

メルカリ副業は「手軽さ」がウリですが、何も知らずにやってしまうとこういった罰則を受けてしまいます。

「こっそり副業したいから・・・」と無許可で副業を行うことのないよう、最大限の注意を払っていきましょう。

誤解を生みやすいのが、自分が使っていたものを売る場合に古物商許可が必要かということ。
今までメルカリを利用したことがある方も多いと思うので、不安になってしまうところですよね。

自分が使っていたものや家の中の不用品をメルカリで出品する場合には古物商許可は不要ですし、自由に行って良いので安心してください。

古物商許可が必要なのは、あくまで転売で利益を出す目的で、中古品を買い取る場合です。

「なんだかめんどくさそう」と思われた方もいるかもしれません。
しかし、古物商許可は上述した罰則を回避することだけでなく、多くのメリットを得ることができます。

ここでは、メリットの中のひとつだけを紹介します。

古物商許可を取得すると、古物市場を利用することができるようになります。

古物市場とはなにかというと、古物商許可を持っている人だけが利用できる市場です。
メルカリで仕入れを行うよりも大量にかつ安く仕入れることができる可能性をもっています。
どれくらい安いかは物にもよりますが、実際にあった例でいえば一度も使用されていない冷蔵庫3台が約4万円で買えたこともあるようです。

ちょっとウソみたいな値段で商品を仕入れられる可能性のある古物市場。
副業で古物商許可を取得したら、ぜひともその夢の地に足を踏み入れてみてください・・・。

2.特定商取引法

メルカリでの取引は、特定商取引法が適用されます。
特定商取引法とは、消費者の利益を守ることを目的とし、事業者が守るべきルールが定められている法律です。

特定商取引法の規制対象は業者や個人事業主(またはそれに準ずる副業実践者等)です。
なので、古物商許可を取得して副業を行うのであれば、知っておかなければならない法律です。

具体的には、メルカリを利用する上で「特定商取引法に基づく表記」をしなければなりません。

詳しくは、特定商取引法ガイドに載っていますが、運営責任者や所在地、連絡先、販売の方法返品についてなどを記載します。

この記載がないと罰則の対象になるので、メルカリで副業を行うのであれば、必ず守るようにしましょう。

3.確定申告

副業でも、年間の所得が20万円を超えると確定申告が必要となります。

確定申告とは、各個人の一年間(1月1日~12月31日)に得た所得を計算し、所得税や住民税などの税金の納税額を決める手続のことです。
原則、毎年2月16日から3月15日の期間に確定申告を行います。

もし所得が20万以上あるにも関わらず、確定申告をしなければ法律違反になります。
期限までに払わなかった場合は延滞税等がかかったり、無申告が見つかった場合は重加算税がかかるなど申告しない場合にはペナルティーが発生するので注意しましょう。

以上、3つのことが副業をする上で知っておかなくてはならないこと、そして行わなければならないことです。

もし、古物商許可など各種手続がどうしても面倒だ、という人は専門家に依頼をすることもできますので、検討するのも良いでしょう。

各項目については別の記事でも詳しく掘り下げていますが、どれも普段は聞き慣れないようなことだと思いますので、副業をしようという方は必ず理解をするようにしましょう。

メルカリの市場規模や今後の需要

メルカリは、2013年にサービスが開始し、フリマアプリ市場を牽引してきました。

2016年時点では、実に100億もの商品が1ヶ月で流通をして、2017年12月にはダウンロード数が全世界で1億を突破しています。
国内だと約6000万強のダウンロード数で、その市場規模たるや他のフリマアプリの追随を許しません。

今もなお成長を続けるアプリなので、今後の需要も軒並み高くなることが予想されます。

こういった背景をもつメルカリは、やはり圧倒的に副業向きといえましょう。

副業を成功させる!メルカリ活用の裏技6選!

その1 商品の相場を調べるべし

値付けは、売るための大事なはじめの一歩です。

他のオークションサイトを登録しておいて、商品の相場を知るようにしましょう。
そうすれば下手に相場より低い値段で取引して損をすることもなくなります。

その2 商品撮影にこだわるべし

メルカリ出品時に必要となる商品画像の撮影。

実は綺麗に撮れればいい、というわけではないのです。
商品によっては綺麗に撮れすぎて、商品が届いた時に実物とのギャップがありすぎて購入者がガッカリしてしまうなんてこともあります

撮影には、次の3点について気をつけるようにしましょう。

撮影する場所
テーブルなど台の上で撮る。スマホ撮影だとライトが弱いため、照明を使うのもGood。
付属品はすべて写す
未開封品でない限り、すべてのものを写す。整然と並べて撮るだけでOK。
商品の状態がわかるようにする
メルカリの商品画像は、画素数が少ない。商品の状態がわかる箇所をアップして撮ると、トラブル防止にもなる。状態の良さをアピールする目的だけでなく、悪い箇所は悪いことがわかるように写すのがポイント。

その3 プロフィールにこだわるべし

出品者の評価が高ければ売れやすいことは言うまでもないですが、最初の内は評価がない状態で出品をすることになります。

そういった評価がない内に、取引相手は出品者のどこを見るのか。

それは、プロフィールです。
たかがプロフィールと思われる方もいるかもしれませんが、プロフィールを書くことで信用を得ることができます。

同じ商品、同じ値段の商品を買う時、プロフィールのない出品者とプロフィールを丁寧に書いている出品者からなら、どちらから買いたいと思うでしょうか?

ほとんどの方がプロフィールを丁寧に書いている方を選ぶと思います。

プロフィールを書いていないと、取引のやり取りができるのかの不安が残りますし、最悪商品の状態のイメージまで下げかねないです。

実際にプロフィールを書く際は、長すぎる必要はありませんが、1行や2行ではダメです。

  • 挨拶
  • 出品するジャンル
  • 取引に対しての姿勢
  • 注意事項

などを記載すると良いでしょう。

ポイントは「この人となら取引をしても安心だ」と相手に思ってもらえることです。

プロフィールだけでなく、実際の取引も丁寧に行うことは言わずもがな。
高評価を得て、信用を得ていくようにしましょう。

その4 売れる期間を知るべし

メルカリには売れる時間帯や期間が存在します。

まず、一番売れる時間はずばり15時~18時
理由は、主婦の家事が一段落して、さらには保育園お迎え直前の「くつろぎタイム」だからです。

主婦の多い時間帯であることから、キッズやベビー用品、レディースものがよく売れる傾向にあります。

次に売れる時間が、なんと3時~6時
この時間は商品カテゴリに偏りはなく売れるそうです。こんな時間に商品が売れるなんて驚きですし、インターネットならではですね。

そして、次に売れるのが18時~21時
仕事や学校が終わって一段落の隙間時間なわけですね。

売れる時期は、給料日前季節の変わり目
購入者にとって買いやすく、また買う目的が存在しているわけです。

この話につながりますが、売る商品のジャンルによって、出品時間をずらすのも手です。
商品には、ターゲットとなる層がいるので、主婦を狙うのか、学生を狙うのかでも購入されやすい時間は変わってくるので工夫の余地があります。

その5 売れない時は再出品するべし

メルカリでは、販売された商品の50%が24時間以内に売れています。

これは、アプリの商品表示が新着順に表示されるのが標準となっていることも関係します。
商品が一番多くの人に見られるのは、出品した直後です。

したがって、商品が売れない時はまず再出品を試すのが効果的です。

その6 送料を浮かせるべし

メルカリに送料がかかるデメリットがあるのは先にも書いたとおりです。
ただし、このデメリットは最小限にすることが可能です。

メルカリでは商品を出品する際に、選択できる配送方法は主に以下の通りとなっています。

  • 未定
  • らくらくメルカリ便
  • ゆうゆうメルカリ便
  • 大型らくらくメルカリ便
  • ゆうメール・レターパック
  • 普通郵便(定形・定形外)
  • クロネコヤマト
  • ゆうパック・クリックポスト
  • ゆうパケット

発送する商品のサイズや重さに合わせて配送方法を変えることで、送料を最低限にすることができます。

では、各発送方法がどのようなもので、どれくらいの料金がかかるのかを見ていきましょう。

らくらくメルカリ便

サービス名 サイズ 送料
ネコポス A4(厚さ2.5cmまで・重さ1kgまで) 195円
宅急便コンパクト 専用BOX
(25cm×20cm×5cm)
薄型BOX
(24.8cm×34cm)
380円
専用BOX 65円
宅急便 60~160サイズ
(縦、横、高さの合計)まで
600~1500円
(サイズによって変動

ゆうゆうメルカリ便

サービス名 サイズ(縦+横+高さの合計 重さ 料金
ゆうパケット 60cm以内/厚さ3cm以内 1kg以内 175円
ゆうパック 60サイズ(60cm以内) 30kg以内 600円
80サイズ(80cm以内) 30kg以内 700円
100サイズ(100cm以内) 30kg以内 900円

※らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便は宛名書き不要で手間も抑えられます!※

大型らくらくメルカリ便

サイズ(縦+横+高さの合計) 料金
200cmまで 4,320円
250cmまで 7,398円
300cmまで 10,746円
350cmまで 16,254円
400cmまで 22,950円
450cmまで 29,646円

大型らくらくメルカリ便の良いところは、集荷も梱包もしてくれるところ!
さらに購入者側には商品の搬入、設置、資源の回収もしてくれます。

ゆうメール

重さ 規格内 規格外
150gまで 180円 265円
150g~250gまで 215円 305円
250g~500gまで 300円 400円
500g~1kgまで 350円 450円
1kg~2kgまで 取扱なし 560円
2kg~3kgまで 取扱なし 710円

ゆうパケット

厚さ 料金
1cm 250円
2cm 300円
3cm 350円

レターパック

サービス名 料金
レターパックライト 360円
レターパックプラス 510円

クリックポスト

全国一律164円

普通郵便(定形・定形外)

普通郵便
重さ 料金
25g以内 82円
50g以内 92円
定形外郵便
重さ 規格内 規格外
50gまで 120円 200円
50g~100gまで 140円 220円
100g~150gまで 205円 290円
150g~250gまで 250円 340円
250g~500gまで 380円 500円
500g~1kgまで 570円 700円
1kg~2Kgまで 取扱なし 1,020円
2kg~4kgまで 取扱なし 1,330円

ゆうパック

ゆうパックの送料については、日本郵便のホームページをご覧ください。
ゆうパックの料金を調べる

クロネコヤマト

クロネコヤマトの送料については、ヤマト運輸のホームページをご覧ください。
クロネコヤマトの料金を調べる

さて、主な発送方法の料金を見てきましたが、色々な方法がありすぎてどれを選べばいいのか、特に副業を始めたての頃はよくわかりませんよね。

そこで主に取引されている商品カテゴリ別に、よく使われる配送方法をまとめてみました。

ただし、実際のところは商品のサイズによって変わってきますので、あくまで参考程度でご覧になってください
取引を重ねて、どの発送方法が一番安いのかを自分で判断できるようになるのがベストです。

商品カテゴリ 配送方法
洋服などの衣類(薄手) クリックポスト、ネコポス、定形外郵便
コートなどの衣類(厚手) レターパック、ゆうメール、宅急便コンパクト
電化製品・ゲーム機本体・ブランドバッグ 宅急便
CD・DVD・ゲームソフトなど クリックポスト、ネコポス
雑誌・カタログ・パンフレット クリックポスト、ネコポス、定形外郵便
コミックセット・DVD-BOX 宅急便、ゆうメール
スマホアクセサリー・小型PC機器 クリックポスト、ネコポス、定形外郵便レターパック
大型家電 大型らくらく便

おわりに

メルカリでの副業について解説をしてきました。

簡単にはじめられ、利益率も高い夢のある副業ですが、注意したいのは解説してきたようにそれに伴うデメリットや注意点もあることです。
ただし、こういったデメリットはどの副業を行う上でもあるものなので、めげないようにしてください!

始める前は、なんだか複雑そうに感じるかもしれませんが、実際にやってみることが大切です。
事実、メルカリ副業は他の副業より圧倒的に初心者に易しいです。

コツコツと実践すれば、確実に稼げる副業であることは間違いないので、副業をはじめようという気概のある方はぜひメルカリ副業にチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)