メルカリでチケットの転売はダフ屋行為になるの?

この記事は専門家が監修しています

ライブやイベントなど、急遽遊びに行けなくなったチケットをどうやって処理するのかって大きな問題ですよね。

そんな時、身近で手軽なフリマアプリ『メルカリ』を利用して他の人に販売しよう、という方も多いかと思います。

そして、いざ実際にメルカリを覗いてみると、あれあれ、なんだか定価よりも高い値段で出品されている、といったシーンに出くわすことがあります。

ちょっとでも高く売って、儲けることができたら・・・

なんて考えが思い浮かぶのも無理のないことでしょう。

でもでも、そこで気になるのはいわゆるチケットの転売がやって良いのかということ。

ニュースを見るとダフ屋行為で逮捕された、なんていう事例もありますし、チケットを高く売りたくても不安になる人は多いと思います。

そこで、この記事ではそもそもチケットの転売はしていいのかということから、メルカリでのチケットの販売についてというとこまで詳しく解説していきます。

不要なチケットがあるけど、販売していいかわからない・・・

チケット転売で稼げるなら転売したい!

どこからがダフ屋行為なの?

このような思いをおもちのかたは、ぜひ記事を読んで頭の中をスッキリさせてください

ダフ屋行為とは

メルカリでのチケットの販売は、メルカリのサービス開始当初では禁止されていました。
しかし、2014年にチケット類の販売が解禁され、今では普通にチケットの取引がされています。

では、チケットを高額で販売してよいかといえば、必ずしもそうとはいえません

メルカリ自体の禁止行為については後述するとして、メルカリでなくてもチケットの種類によっては転売をしてしまうと、逮捕されてしまう可能性があるのです

冒頭でも述べたダフ屋行為が逮捕される理由ですが、そもそもダフ屋行為ってなんなんでしょう。

実は、ダフ屋行為は法律で禁止されているわけではありません。
各都道府県の迷惑防止条例によって禁止されているのです。

どんな行為が規制対象?

不特定の人にチケットを売ること、そして転売するつもりで購入するのも規制対象です。

ですので、自分が使うつもりで買い、都合が悪くなったために他の人に売るのは迷惑防止条例の規制対象でなく、合法な転売ということになります。

ただし、チケット転売を何度もおこなっていたり、一度に何枚も販売している場合には自分が使うつもりであったとの主張は通らない可能性が高いので注意しましょう。

どこで売り買いすることが規制対象?

場所としての規制は、「公共の場所」「公共の乗物」とされています。

インターネットが「公共の場所」となるかどうかはグレーゾーンとなってきますが、ダフ屋行為の規制対象は「行為が行われた場所」ではなく、「目的」で判断されます。

インターネットでの転売だからOKとはなりませんので注意しましょう。

逮捕事例

実際に逮捕された例として、人気男性グループ「EXILE」のコンサートチケットを転売目的で大量に購入したとして、東京都迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕された事件がありました。

同じく東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された事件に、寝台列車のプレミアムチケットを転売したものがあります。

気をつけたいのは、仮に迷惑防止条例の違反にならなかったとしても、チケット主催側が転売をアウトとしていることもあります

チケット類に関しては、こういった特殊な事情が絡んでくることが多いため、一般人がチケットで儲けようとするには気をつけたほうがいいでしょう。

メルカリでのチケットの転売は可能?

ダフ屋行為にあたらずとも、メルカリでは「禁止されている出品物」のページを見ると、「転売目的で得たとみなされるチケット」は違反商品とされています。

でも高額で取引されていて、転売目的なのではないかと思うチケットも実際に存在しますよね。

こういった取引で何も違反とされていないのは、メルカリ側から「転売」だとみなされていないから取引ができてしまっているのです。

「転売目的で得たとみなされるチケット」という判断基準は、実に曖昧です。
どのような出品なら転売目的と判断され、どのような出品なら転売目的ではないと判断されるのでしょうか。

まず「転売」の定義ですが、本来の意味としては、ある人や店から購入したものを違う人や店に販売することを転売といいます。
他に販売する目的で購入したのなら転売目的があるということになり、自分で使ったものや使う目的で購入した商品を売ることは転売目的があるとはなりません

じゃあ、行く予定だったライブのチケットを売っても転売目的じゃないから、高額で売ってもいいのか!

というと、これはやはりそうだとは言い切れません。
メルカリ側に転売目的だと判断されれば、それまでなのです

では、判断基準は何なのか?

一つには、メルカリでチケットを販売することで販売者が利益を得ている場合です。

つまり、買った値段よりも高い値段でチケットを販売していれば転売目的の可能性が高いと思われるということです。

それでも、たまたまいらないチケットを販売したら利益が出ただけという可能性もありますよね。

なので二つ目には、反復性、つまり何度も利益を出しているかも転売目的かどうかを判断する目安となります

この「販売利益」と「反復性」を備えた場合には、高い確率で転売目的でチケットを入手しているとメルカリ側から判断されると考えられます。

また、気をつけたいのはメルカリには通報機能があるということです。

出品した時点でメルカリ側から転売目的だとみなされなくても、他のユーザーから「転売目的では」と疑われ通報されると、結果的に転売目的として違反商品となる可能性もあります。

ですので、もし実際に参加するはずだったライブ等に行けなくなっても、高額で他の人に譲れるかどうかは怪しいラインなので、常識に反しない程度の価格で出品することが安全といえるでしょう

メルカリに出品できるチケット 出品できないチケット

さて、メルカリでは転売目的でないならチケットを出品していいことがわかりました。

しかし、転売目的という条件以外にもメルカリには、出品していいチケットと出品してはダメなチケットが存在します。

どのようなものがよくて、どのようなものがダメなのかをここでは見ていきましょう。

メルカリで出品できるチケット

① イベントの入場券

  • 音楽:コンサート・フェス、俳優・声優・海外タレントのイベントなど
  • スポーツ:サッカー・野球・テニス・ゴルフ・相撲などのチケット
  • イベント:声優・アニメ、キッズ・ファミリー、トークショー・講演会など
  • 映画のチケットなど
② 施設利用券

  • 遊園地・テーマパーク、美術館・博物館などの入場券
  • スキー場・ゴルフ場・フィットネスクラブ・スポーツクラブ・プールなどのスポーツ施設の利用券
  • 水族館・動物園などの入場券
③ 乗車券・交通券

  • 航空券・鉄道乗車券・バスのチケットなど

以上、メルカリで出品することができますが、当然転売目的は禁止です

出品できないチケット

① 記名式チケット

最近は、転売対策の一環としてライブ・トークショー・舞台・舞台挨拶などのチケットの中に記名式チケットがあります。

記名式チケットとは、購入した人の名前が書かれてあるものです。

このチケットは、イベント主催側が転売を禁止しているので、メルカリでも出品は禁止されています

② オンラインギフト券

iTunesカードやAmazonギフト券など、オンラインで番号が発券されるギフト券は、メルカリでの出品が禁止されています

時々出品されている場合がありますが、ルール違反なので取り合わないようにしましょう。

③ 金券類(商品券、債権、小切手、クレジットカード・キャッシュカード・宝くじ)

商品券などの券に表示されている額面をお金と同じように使うことのできる金券類は、出品禁止となっています

クレジットカードやキャッシュカードはそもそも法律違反ですので、出品しないようにしましょう。

④ 手元にないチケット

ライブのチケットなどで、予約はしているけどもまだ手元にはないチケットを出品することは違反とみなされる場合があります

「予約番号をお伝えするので、購入者ご自身で発券してください」といったような出品方法は禁止されているので、やめておきましょう。

⑤ 自分のものでないチケットの代理出品

メルカリでは、友人や知人の代わりに出品する代理出品が禁止されています

⑥ 転売目的で得たと判断されるチケット

先の項目で述べた通り、転売目的でのチケット販売は禁止されています

おわりに

なんだ・・・チケットの転売はやっぱりいけないのか・・・

なかなかウマイ話は転がっていないものですが、知らずに出品して何らかの処罰やペナルティを受けるよりかはずっと良いでしょう。

このようなルールは煩わしいものに感じるかもしれませんが、すべてはあなたを含めた利用者すべての人を守るためのルールです。

ルールに沿った出品を心がけ、メルカリを楽しく便利に利用するようにしましょう