ヤフオクで買ったものをeBayで転売!古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

ヤフオクで買ったものをeBayで売ったら儲かった。

このような経験をしている方が増えているようです。

なぜ、このような取引が儲かるのかと言うと、『ヤフオクは日本人の会員』が多く、一方で『eBayは外国人の会員』が多いからです。

つまり、日本で安く売られているもの買い集めてきて、海外に輸出して販売している、『輸出ビジネス』と同様の効果があるのです。

しかし、注意点があります。

インターネットやスマートフォンが波及してきたことから、何気なく取引をしているビジネスですが、
日本では許可を得なければ行えないビジネスがたくさんあるのです。

そこで、今回は『ヤフオクで買ったもの』を『eBayで転売』する場合を例に、『古物商許可』が必要となるかどうかを確認していきたいと思います。

ヤフオクで買ったものをeBayで転売!古物商許可は必要です

ヤフオクで買ったものをeBayで転売するには、古物商許可が必要です。

現在、許可なく取引している方においては早期に許可を取得する必要があるでしょう。

それでは、なぜ古物商許可が必要となるのかを確認していきたいと思います。

古物商許可が必要な理由

古物商許可は、『盗難品の流通を防止』することに加え、『盗難被害の早期回復』のための許可制度です。

そのため、盗難品が流通する取引をする場合には、取引前に古物商許可を取得する必要があるのです。

そして、古物商許可を取得することなく、これらの取引をした場合には、3年以下の懲役または100万円以下の罰金もしくはこれらの両方という重い罰則が科されます。

ヤフオクで買った古物をeBayで転売する取引も、盗難品が流通する可能性のある取引に当てはまるため、取引前に古物商許可が必要となるのです。

それでは、ヤフオクで購入したものをeBayで転売する取引の中で、盗難品が流通する可能性の高い取引は一体どのような取引なのでしょうか?

『ヤフオクで購入』する時なのか『eBayで転売』する時なのか、どちらなのでしょうか?

許可が必要となるタイミングも含めて確認していきましょう。

古物商許可が必要かどうかは、あなたが古物の買い入れをする場合に判断

ヤフオクで買ったものをeBayで転売する場合には古物商許可が必要でした。

そして、古物商許可を取得するタイミングは、『ヤフオクで古物を買い入れる前』となります。

理由は、盗難品を流通させる可能性があるのは古物の買い取り時だからです。

逆に、古物をeBay で販売する場合には盗難品を流通させるリスクはないため古物商許可を取得することなく行うことができるのです。

つまり、古物を買い取ることなく販売するだけであれば、古物商許可は不要なのです。

また、古物を買い取る場合でも、転売目的ではなくご自身で使う場合にも古物商許可は不要となります。

なぜかというと、万が一盗難品を買い取ってしまっても、転売をしていなければ盗難品(古物)は手元にあるわけです。

また、誰から買ったかも、調べれば分かることです。

そのため、古物商許可の目的である、盗難被害の早期解決が図れるのです。

結論としては、転売をする目的で、古物を買い入れる場合には古物商許可が必要となるのです。

つまり、今回の事例では、eBayで転売することを目的として、ヤフオクで古物を買い取っているため、

ヤフオクで買い取りをする前に古物商許可を取得する必要があるのです。

古物商許可を取得するタイミングも重要なので、ご自身においてどのタイミングで許可が必要となるのかもしっかりと押さえておきましょう。

また、古物商許可を取得した後にも、守らなければ行けない義務が3つもあります

特にオンラインでの古物取引はリスクが高い取引の一つなので、3つの義務に関してもしっかりと押さえておく必要があります

ヤフオクで買ったものをeBayで転売、古物商許可を取得した後の3つの義務

eBayで転売する目的で、ヤフオクで古物を買う場合には、古物商許可が必要でした。

しかし、この取引においては、古物商許可を取得したからといって安心してはいけません。

なぜなら、許可を取得した後にも古物商人は3つの義務を守る必要があるからです

そして、ヤフオクやeBayなどオンライン取引時に特有の義務もあります。

それでは、オンラインでの古物売買をする場合にはどのような義務を負うのかを確認していきましょう。

① 本人確認義務

古物商許可の目的は、『盗品の流通防止』と『被害の早期回復』です。

そのため、古物商許可を取得した場合には、目的を達成するために、本人確認の義務を負います。

理由は、取引の相手をしっかりと確認することで、盗品取引を未然に防ぐことが可能となるからです。

また、本人確認をしなかった場合には6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金という重い罰則が科される可能性がありますので注意しましょう。

そして、オンラインでの古物取引の場合には、本人確認の方法がさらに細かく定められます。

なぜなら、お店などの対面取引にくらべて、オンラインでの非対面取引は『なりすまし』などのリスクが高まるからです。

そのため、運転免許証などで本人確認するだけではなく、記載されている住所宛てに『本人限定郵便』などを送付して、『なりすまし』取引を防止するなどの確認が必要となるのです。

また、実際にはオンライン取引時の本人確認方法は全部で8つあります。

例えば、本人限定郵便以外にも、住民票の写しをもらい、同様の名義人の口座に古物代金を支払ったり、電子署名されたメールを送付してもらうなどの方法です。

ご自身において、一番対応しやすい方法を見つけて対策を立てることをおすすめします。

② 古物台帳への記録義務

古物商許可を取得した後で、一定の古物売買をした場合には、取引を記録して、3年間は保存する義務を負います

この義務を守ることで、万が一盗品類が流通してしまった場合でも、被害の早期解決が図れるのです。

実際に、警察の盗品捜査において、古物商人が記録した古物台帳が手掛かりとなり、事件が解決したケースもあります。

そして、この義務を守らない場合にも6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科される可能性があります。

皆さんが古物商許可を取得した場合には、必ず古物台帳を用意して記録するようにしましょう。

③ 不正品の申告義務

古物商許可を取得した者は、日々多くの古物の売買に携わります。
そのため、盗難品を手にする確率も自然に高まるでしょう。

そこで、盗品の疑いがある古物を見つけた場合には、直ちに警察へ通報する義務を負います。

つまり、盗難品かな?と思ったら、すぐに警察へ連絡しなければいけないのです。

この義務違反においても6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

少しでも疑いのある古物を見つけた場合には、直ぐに警察へ連絡するようにしましょう。

ヤフオクで買ったものをeBayで転売!古物商許可は必要?まとめ

ヤフオクで買ったものをeBayで転売する場合には古物商許可が必要です

そして、ヤフオクやeBayに限らず、転売する目的で古物を買い取る場合には、『買い取る前』に古物商許可が必要となるのです。

また、古物商許可を取得した後にも古物商人として3つの義務を負うことになります。

そして、3つの義務(本人確認義務、古物台帳への記録義務、不正品申告義務)を守らない場合には、それぞれ重い罰則も科されます。

皆さんにおいては、古物商許可を取得することに加え、3つの義務をしっかりと守り、オンラインでの古物ビジネスを成功させられることを願っております。