自宅で出来る古物商のビジネスモデル3つ

この記事は専門家が監修しています

古物商ビジネスって自宅でできるのかな?

古物ビジネスは、自宅でスタートすることが可能です。

また、大きな投資も必要なく始められることが魅力です。

そして、主婦でも隙間時間で始めることができますし、サラリーマンの副業にも最適なビジネスなのです。

そこで、今回は限りなく少額でビジネスを始めたいあなたのために、『自宅でできる古物商ビジネスモデル3つ』をご案内していきたいと思います。

今回ご紹介する古物ビジネスはあくまでも、ヒントです。

この記事を参考にしていただき、ぜひ、オリジナルの古物ビジネスを考えてみてください。

自宅で古物ビジネスをするために準備すること

古物商ビジネスは自宅を拠点にスタートさせることが可能です。
しかし、最低限準備をしなければいけないことはあります

自宅を事務所にした場合に最低限準備すべきものとしては、以下の3つです。

  • パソコン
  • スマホ
  • 古物商許可

そして、この記事を読んでいる方の多くが、すでにパソコンやスマホはお持ちだと思います。

そこで、これから準備が必要なのは古物商許可の取得となります。

古物商許可の取得方法については、後ほど詳しく案内させていただきますが、取得に必要な費用はなんと19,000円です。

つまり、自宅で古物商ビジネスをスタートさせる場合には2万円程度の投資で始めることができるのです。

2万円ではじめるオンライン古物商

自宅をお持ちの方は、スマホとパソコンに加え、古物商許可があれば、オンライン古物商をスタートさせることが可能です。

なんと、初期費用はわずか2万円程度で始める事が可能なのです。

しかし、気軽に始められる条件は他の方でも同様です。

そこで、オンライン古物商人として他の方には真似できないビジネスモデルが必要となります。

以下にこれからあなたが作り上げる、古物ビジネスのヒントになるであろうビジネスモデルを記載します。

このモデルを基にするのも良いですし、あなた自身でオリジナルのモデルを作り上げるのも良いでしょう。

オンライン古物商として新たなビジネスモデルの立ち上げにぜひ挑戦してみてください。

自宅でできる古物商ビジネスモデルその1

ヤフオク・メルカリで仕入れてeBayで売る古物オンライン輸出ビジネス&
eBayで仕入れて、ヤフオク・メルカリで売る古物オンライン輸入ビジネス

インターネットやスマートフォンの普及により、誰にでも気軽にビジネスを始めることができる時代となりました。

また、古物ビジネスはインターネットとも相性が良く、今後も大きく成長が期待できます。

理由としては、リサイクルに関する意識が高まったことや、メルカリヤフオクといった気軽に古物を販売する仕組みが構築されたことが理由です。

そのため、やる気さえあれば、スマホ一つで古物売買を始めることができるのです。

また、メルカリやヤフオクには一度登録すれば、あとは勝手に24時間売買できるチャンスがあるのも魅力です。

つまり、隙間時間をつかって携帯一つで古物ビジネスをすることができるのです。

もしも、あなたがメルカリやヤフオクを使って古物を安く買って、高く売れるならば、それだけで億万長者になれるチャンスがあると言えるでしょう。

オンライン古物商は本当に夢があるビジネスではないでしょうか。

しかし、世の中そんなに甘くはありません。

メルカリは、2017年度において7500万件がダウンロードされています。

つまり、7500万人があなたのライバルでもあるのです。

ビジネスの才能がある方ならば、上手くいくかもしれませんが、通常の方であればメルカリだけで古物の転売ビジネスをしても大きな利益を上げることは難しいでしょう。

ビジネス初心者だし、上手くできる自信がないな…

そこで、活用するのがeBayです。

eBayは、アメリカにある会社が作った、世界最大のネットオークションサイトです。
そして世界で約190ヵ国の方が利用しているサイトなのです。

つまり、アメリカのeBayサイトに、メルカリで仕入れた商品を出品すれば、全世界を相手に販売することが可能なのです。

そして、日本の商品は海外では大人気です。

例えば、日本らしい着物や浴衣、伝統工芸品などは高い需要があります。
また、日本製の家電や、ゲーム、アイドルグッズなんかもすごく人気なのです。

つまり、日本では売れないゴミであっても、
海外から見ると、宝に見えるのです。

実際に、中国人観光客は日本に観光に来るのではなく買い物をしに訪れます。

この現象は爆買いという社会現象にもなりました。

それぐらい、Made in JAPANには価値があるのです。

また、逆の取引(輸入ビジネス)も魅力が満載です。

つまり、外国人登録者数が多い、アメリカのeBayサイトで古物を仕入れて、ヤフオクやメルカリで販売するのです。

この場合には、外国で売られている古物で、どのような商品が人気であるのか、多少のセンスは問われますが、日本でなかなか手に入らない物であれば、高値で転売できる可能性が高いでしょう。

このビジネスモデルの特徴としては、

外国人利用者の多いeBayと、日本人利用者が多いヤフオクやメルカリを使った、世界を相手にした古物ビジネスです。

本来であればバイヤ―として海外に古物を買い付けに行き、セレクトして、日本のショップで販売します。

しかし、この流れをすべて、オンラインで完結させるのです。

ただし注意点があります。

海外から直接仕入れた古物を転売する場合には古物商許可は不要ですが、

日本で仕入れた古物を海外に売る場合には古物商許可が必要となります。

始める前に必ず許可を取得しましょう。

自宅でできる古物商ビジネスモデルその2

古物市場を活用して激安大量仕入れ

古物市場で大量に仕入れて売ろう!

自宅でできる古物ビジネスモデルの2つ目は、古物市場を活用したビジネスモデルです。

条件としては、自宅が割と広いことで、出来れば一軒家が望ましいです。
また、古物を大量に買い付けに行くので軽トラなどがあると良いでしょう。

それでは、具体的なビジネスモデルをご案内していきます。

現在、古物商人として成功している方の多くは、『古物市場』での仕入れをしています。

なぜなら古物市場では大量の古物を激安で仕入れることが可能だからです。

また、古物市場は一般の方は取引することができません。
古物商許可を取得した古物商人のみが取引できるのです。

つまり、限られた者しか購入できない市場で古物を仕入れ、誰でも買えるメルカリやヤフオクで古物を売るのです。

古物ビジネスで一番大切なことは、仕入れです。

古物市場を活用すれば、一気に成功に近づくことができるでしょう。

まずは、古物商許可を取得した後で、有力な古物市場がどこにあるか調査してみてください。

自宅でできる古物商ビジネスモデルその3

ヤフオクやアマゾンに、オンライン店舗(ストア)を開設

最後のビジネスモデルは、既に多くの方が取り組んでいるモデルかもしれません。
しかし、自宅で行う古物商としては、ご紹介しないわけにはいきません。

なぜなら、自宅で古物ビジネスを行うには、徹底的にオンラインにこだわるしかないのです。

また、オンラインにこだわることでリスクを減らせることは間違いありませんし、利益が出やすくなります。

例えば、リサイクルショップを店舗でスタートさせる場合には、店舗を借りるだけで数十万円から数百万の投資が必要です。

また、毎月のテナント料金が必要なので、どんな時でも一定の売り上げが必要です。

そして、売り上げを上げるためには多額の広告費用を費やし、多くの古物を仕入れ、お店に並べる必要があるのです。

このサイクルが上手くいけば、大きな利益を手にすることができるかもしれませんが、万が一失敗すると・・・・。

ビジネスモデルとしては少々厳しいかもしれません。

しかし、オンライン古物商の場合にはこれらのリスクを減らすことができるのです。

なぜなら、自宅を店舗とすることで、テナント料金は0円となります。

そして、ヤフオクなどのサイト上に出店(ストアを開設)することで、毎日多くのお客様があなたのオンライン店舗を訪れるのです。

また、オンラインストアであれば、24時間365日商品を売り続けることができます。

多額の広告費用も不要です。

万が一商品を売ることができなくても、固定費の発生はありません。

限りなくリスクは低いのです。

この考え方は、成功するビジネスモデルというよりは、失敗しないビジネスモデルに近いです。

インターネットやスマートフォンは今後ますます普及していきますので、必ず取り入れなければいけないビジネスモデルなのです。

最後になりましたが、ヤフオクにストアを開設したり、オンライン上で古物の売買をする場合にも、古物商許可は必要です。

また、古物販売サイトのURL登録も必要となるので、忘れずに手続きをしましょう。

自宅で出来る古物商のビジネスモデル3つまとめ

古物商は自宅で始めることが可能です。

また、オンラインとの相性が良いので、自宅を拠点にすることで成功する確率も高まります。

この記事を参考に、あなただけの古物ビジネスを考えてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)