【これで稼ぐ】古物商 代表的な6つのビジネスモデル

この記事は専門家が監修しています

古物商のジャンルで、これから新規ビジネスを立ち上げようとしている方、稼げる副業を探している方、まずは、大手の古物商がいかにして成功したかを学んでみませんか?

この記事では、具体的な企業名も挙げて、大手古物商のビジネスモデル6つを分析します。
また、古物商ビジネスをはじめる前に検討するべき5つのことをご提案します。

最近のニュースから時代のニーズを読み解き、古物ビジネスの勝機を掴みましょう!

知っておきたい 古物13品目

まずは、ご自身が考えているビジネス展開に当てはまる品目を確認しましょう。

古物は、法律によって13品目にわけられます。古物商の許可を申請する際は、取り扱う区分を決めて申請する必要があります

取り扱うかもしれないジャンルは、念の為に全部申請しておいたほうがいい?
「最初は衣類を主に扱いたいけれど、ゆくゆくは時計や宝飾品も扱っていきたい」と考えている方は、まずは衣類のみで申請しましょう。取り扱う予定が未定の品目を申請すると、警察に指摘される可能性があります

古物の品目追加(変更申請)は無料で簡単に手続きできるので、時計・宝飾品を扱えるようになった時点で、品目追加申請することをおすすめします。

古物の13品目

1.美術品類 2.衣類 3.時計・宝飾品 4.自動車(それらのパーツ)5.自動二輪車及び原動機付自転車(それらのパーツ) 6.自転車類(それらのパーツ) 7.写真機類 8.事務機器類 9.機械工具類 10.道具類 11.皮革・ゴム製品 12.書籍 13.金券類

学んでおきたい 古物商大手のビジネスモデル6つ

それではいよいよ、具体的な企業名も挙げて、古物商大手のビジネスモデル6つを分析していきましょう。

その1 ブックオフ・・・古本、CD、DVD販売

ブックオフが成功した秘訣は、「新古書店」と呼ばれる新しい古本屋のジャンルを作り上げたことです。

画期的とされた主な施策

  • コンビニエンスストアの様な照明
  • 店舗面積を広めにとり、通路にゆとりをもたせる
  • 商品の臭いを抜く
  • 古本業界ではタブーであった立ち読みを可能にする

これらの施策が受け入れられたこと、「お売りください」というキャッチコピーを使ったマーケティングが成功したことなどから、一気に全国展開することになりました。

現在のブックオフは、ブックオフオンラインやイーブックオフなどのウェブ店舗を積極的に展開しています。

その2 ガリバー・・・中古車売買(部品販売含む)

ガリバーが成功した秘訣は、展示場で在庫を管理して、さらに展示場を車の特徴ごとに分けたことです。

従来の中古車販売では、中古車オークションに出品するまでの2週間の間、買い取った車(在庫)を一括して、「プールセンター」という倉庫のような場所で保管してきました。ガリバーが画期的だったのは、在庫を特徴ごとの(低価格・軽自動車・ミニバン・大型車・外車・高級外車など)各展示場に置き換えていくという施策です。

各展示場は、中古車オークションまでの在庫を使って一般のお客様に小売を行うため、在庫をかかえるリスクがありません。あくまで2週間という在庫期間は変えず、在庫リスクを押さえた小売モデルを確立させました。

現在のガリバーは、日本最大の買取台数を強みに、買取車両の台数に応じて専門チャネルを展開しています。

その3 バイク王・・・中古バイク売買(部品販売含む)

バイク王が成功した秘訣は、卸売で在庫を早急に現金化して、一般のお客様に手厚い保障をしたことです。

業者向け販売

  • 在庫期間が短く、在庫・展示コストが小さい
  • 業界向けオークションで在庫を早急に現金化する
  • 販売価格を買取価格に、迅速に反映する

一般消費者向け販売

  • バイク買取シェア一位の豊富な在庫から厳選して販売する
  • 中古であるにもかかわらず、長期保証・返品保証付きにする
  • 店舗がない地域を含め、全国どこにでも納車する

現在も、卸売と並行して、一般のお客様向けに「気軽」「安心」「選べる」をコンセプトにした24時間365日受付・全国展開・無料出張買取を行っています。

その4 大黒屋、コメ兵・・・中古ブランド品取り扱い、チケット販売

コメ兵が成功した秘訣は、リユースという文化の需要をいち早く察知したことです。

コメ兵は、もともと明治30年に創業した歴史ある中古品取扱い店です。バブル崩壊後に高額品を中心に買取需要の高まったのを機に、独自の商品管理基準を強みにして、一気に全国規模に展開しました。

コメ兵独自の商品管理基準

  • 高く買えばモノがあつまり、安く売れば人が集まる
  • 80:20の法則

 販売
  2週間で20%売れる売価が適正・2か月経過しても売れ残っている商品は20%値下げする
 買取
 査定を希望した人の80%から買い取れる金額が適正

現在のコメ兵は、商品特性に応じた「宝飾・ブランド」「衣料」「お買い得衣料」の3つのショップブランドを持っています。また、立地特性に応じた「大型店」「中型店」「小型店」「買取センター」の4つの店舗スタイルとネット販売を展開しています。

その5 ゲオ・・・DVD、ゲーム販売

ゲオが成功した秘訣は、徹底した店舗へのコスト削減と、商品・サービスの安価提供です。その戦略が功を奏して、急速に店舗数を拡大してきました。また、お客様に商品を購入してもらう前提として「まずは店舗に足を運んでもらう」ために、数々の工夫を行っています。

ゲオが行ったコスト削減例

  • 同業他社のレンタルビデオ店を買収して、中古ゲームソフト売買のノウハウを導入する
  • 民事再生に陥った異業種他社の店舗を、内装をほとんどそのままゲオショップに転換する

店舗に足を運んでもらうための工夫

  • DVDのレンタル料金を競合他社より安く設定し、同じ店舗内で販売している中古DVDやゲームの売上に繋げる
  • 商品をただ並べているだけではなく、季節に応じて常に売り場を変化させる提案型ショップ の形式をとる

現在のゲオは、年間100店出店を目標として拡大路線を続け、同時に、一点物であるリユースの価値向上を目指しています。

その6 メルカリ・・・ネットやアプリを活用した取引

メルカリが成功した秘訣は、スマートフォンで気軽にユーザー同士が取引できるサービスにしたことです。

はじめの頃は20~30代の女性に人気でしたが、最近は40~50代の男性の出品も増加してきています。また、アメリカ、イギリスなど海外にもサービスを拡大しています。

従来のネットショップではカバーしきれなかったマニアックな商品が出品されていることや、SNSや口コミサイトと同じく「スマートフォンを通してユーザーの自己実現を満たす」という側面が、爆発的人気の一因と考えられています。

ユーザーに聞いたメルカリの良いところ

  • 暇つぶしになる
  • 不用品がお金になる
  • 「らくらくメルカリ便」など、お互いに個人情報を教えずに取引できる発送方法がある
  • 3分程度の手間で出品できる
  • オークションではないので、出品した時点の価格で購入できる
  • ユーザーが多いので、欲しいものが見つかりやすいし、早く売れる

現在のメルカリは、社会問題にもなった違法出品(現金・根拠なく妊娠しやすくなると宣伝する商品・アカウントの転売)などを厳しく取り締まり、さらに安心して使えるサービスを目指しています。

検討しておこう! 古物商ビジネス立ち上げに大切なこと5つ

上でご紹介したビジネスモデルの中に、今計画しているビジネスモデルに近いものはありましたでしょうか。

次に、古物商ビジネスをはじめる前に検討しておきたい5つのことをお伝えいたします。新規ビジネスを立ち上げるためには、コストやリスクをしっかり計算しておくことがとても大切です。一緒にシミュレーションしていきましょう。

その1 個人事業主か法人を設立するか

⇒「今の仕事を続けながら副収入として行うのか」「古物商一本で食べていくのか」

起業する規模を具体的にイメージしてみてください。個人事業主と法人では、開業を届け出る手続きなども異なります。

その2 オンラインショップか店舗型か

⇒「ネットショップのみなのか」「実際に店を開いて商品を並べるのか」

かかるコストや準備期間が異なります。ネットショップであれば、極端な話、パソコン一台あれば始められます。実際に店を開く場合は、それなりの資金の用意や、取り扱う商品に向いている立地の調査などが必要です。

その3 従業員は雇うのか

⇒「自分ひとりではじめるのか」「従業員を雇うのか」

従業員を雇うのであれば、当然お給料を支払う必要があります。新規ビジネスで利益が出るまでの期間にも、お給料は確実にかかるコストです。逆に、ある程度大きな規模のビジネスをひとりではじめようとする場合、仕事が追いつかず上手くいかないことも考えられます。

その4 過去に経験があるか

⇒「まったくの新規ではじめるのか」「過去に古物に関わる職業に就いた経験があるのか」

経験があれば、仕入れの方法や売値の相場などを知っているので、知識がないことが原因で大失敗することは避けられます。まったくの新規であれば、勉強会に参加する・近い形態の古物商で働いてみるなど、経験のなさをカバーする方法を考えてみましょう。

その5 仕入れができるか

⇒「引っ越し業者や新古品の卸売業者などにツテはあるか」

何かしらのツテを持っていて、他の業者にはできない品揃えや値段で商品を仕入れることができれば、とても大きな強みになります。そういったツテがない場合は、他の業者と代わり映えのしない商品ばかりにならないように気をつけましょう。

その6 どんな特徴をアピールするか

⇒「女性ならではの視点」「◯◯マニアの人にはたまらない品揃え」

上の例のように、はっきりした特徴がある商品ラインナップにした方が、お客様の目に留まりやすいです。誰に向けての商品なのか、自分が他の人に負けない知識があるジャンルはなにか、など取り扱う古物の特徴を具体的に考えてみましょう。

最近のニュースから古物ビジネスを検討

いつの世も、時代のニーズを敏感に感じ取った企業が急成長します。最新のニュースからビジネスチャンスを素早く見つけることが、古物ビジネスにおいても大切です。

訪日外国人旅行者が増加

⇒中国人による爆買⇒ブランド品の取り扱い。

最近、中国人旅行客が、驚くほど大量の商品を購入する風景を当たり前のように見かけます。その姿は「爆買い」と名付けられ、2017年の新語・流行語大賞にもなりました。

爆買いの主な理由のひとつとして、中国の現在の税制では、特定の商品を中国で買うよりも、日本で買って持ち帰ったほうがかなり安いことが挙げられます。

また、古物商に関わってくる理由としては、日本が免税品の対象を拡充していることが挙げられます。爆買いの対象にはブランド品も含まれます。中古や新古品のブランドものを扱うのであれば、国税庁に申請をして免税店として販売をすることは、爆買いに対する施策として効果が期待できるのではないでしょうか。

為替が円安の場合

⇒中古車輸出、中古バイクの輸出

自動車メーカーを代表とする輸出企業は、円安になるほど海外に商品を販売したときの収益が大きくなります。古物商としては、中古車や中古バイクの輸出業に同じことが言えます。

輸出業は円安になるほど輸出が有利
大手自動車メーカーは、たった「1円」円安になるだけで利益が数百億円も増えます。逆に、たった「1円」円高になるだけで利益が数百億円も減ってしまいます。為替を読み間違えた場合、リストラや規模縮小が必要になってしまうかもしれません。たった1円の為替変動が、企業の利益を大きく変えてしまうのです。

為替(円高・円安)は輸出企業にとても大きな影響を与えます。中古車や中古バイクを扱うのであれば、円安の時に勝負に出るなど為替の動きを見極めることが重要ではないでしょうか。

おわりに

バブル期以降、「まだ使えるから捨てるのはもったいない」「誰かに使ってもらえたらいいな」という意識の広がりや、 新品には見出せないバリューを中古品に見出す価値観が中古品市場を確実に成長させています。

また最近は、中古品にもう他では売っていない一点物としての価値を見出すことが、若い人達の間では一般的になりつつあります。

つまり、古物業界はこれから新規ビジネスのチャンスがたくさんあるということです。今回ご紹介したビジネスモデルを参考にしていただき、ぜひ古物商として最初の一歩を踏み出してください!

古物商許可専門のトラスト行政書士事務所に依頼すれば、古物商許可の取得がネットで完結!
さらに、古物台帳や古物プレートなど古物営業に必要な特典ももらえます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)