【古物商 実務解説】アクセサリーの販売価格の相場・決め方

この記事は専門家が監修しています

アクセサリーは古物の中でも、花形と呼ばれるほど華やかな商材です。

特に、リサイクルショップでは、お店に、ブランドバックや、ブランドアクセサリーコーナーがあるとお店全体が華やかとなり、他の商品の販売力も上がると言われています

そこで、今回は華やかな商材である、アクセサリーについての相場や価格の決め方についてご案内していきたいと思います。

アクセサリー販売相場や価格の決め方について

アクセサリ―の販売相場や価格については、需要と供給で決まります。

つまり、中古品であっても、皆が欲しい人気アクセサリーに関しては販売価格は高いですが、
誰も欲しがらないアクセサリーは、格安での販売となります。

この傾向は中古品であればどの種類においても同じですが、アクセサリーにおいては特にこの需要と供給の関係が販売価格に現れやすいです。

その理由は、アクセサリーが『嗜好品』であるからです。

アクセサリーの相場や価格の決め方を学ぶには、この「アクセサリーは嗜好品である」ということはおさえておきましょう。

アクセサリーの販売相場

アクセサリーの販売価格については、中古車のような価格一覧表などはありません。
そのため、このアクセサリーならいくらで販売するなどという目安表はありません。

つまり、中古アクセサリーに価値があるのかどうかは、古物商人であるあなたが自身がしっかりと鑑定する必要があるのです。

もしも、ブランドアクセサリーや、ダイヤなどの価値を古物商人が誤って鑑定して値段をつけてしまった場合には、購入するお客様はいないでしょう。

そのため、あなたのお店には、『アクセサリー在庫が山積み』となってしまいます。

また、すごく高額で販売可能なアクセサリーについても激安で販売してしまう可能性があるのです。

そこで、アクセサリーを販売して儲けるためには、次の2つについての知識を高める必要があります。

知識を高め、鑑定経験を積むことができれば、アクセサリーの相場感について、自然にわかってくるはずです。

それでは、2つの知識について確認していきます。

知識1 ブランド品の鑑定力

アクセサリー販売の主力商品は、有名ブランドのアクセサリーです。

カルティエ、エルメス、グッチ、シャネルなど、皆さんがお馴染みの高級アクセサリーのことです。

一方で残念ながら、ノンブランドのアクセサリーは、ブランドアクセサリーのわき役としかなりません。

つまり、中古アクセサリーにおいては、どれだけブランドアクセサリーを取り扱えるかが需要となるのです。

それでは、なぜ、ブランドアクセサリーでないと販売力がないのかの理由をご案内します。

理由は、アクセサリーが『嗜好品』だからです。

そして、嗜好品は通常、生活に必ず必要となるものではありません。

むしろ、自分自身へのご褒美であったり、自己満足のために購入するケースが大半でしょう。

また、男性が女性にプレゼントする、なんてこともよくあります。

そして、上記のような購入状況を想像してみると判りますが

本来であれば、アクセサリーなどの嗜好品を購入する時は基本的には新品を購入します。

しかし、新品の人気ブランドアクセサリーの価格は、数十万円~数百万円する場合も珍しくはありません。

そして、あまりの高額さゆえに新品は買えずに中古品に目が移るのです。

また、ブランドアクセサリーにおいては、長い年月にわたり憧れを持ち続けます。

しかし、新品は高くて購入することはできません。

そんなある日、憧れのブランドアクセサリーが中古で定価の半値で売られていたら・・・。

思わず買ってしまう者もいるでしょう。

この場合には、お客様の頭の中にはすでに新品の価格が植え付けられています。
また、このブランドアクセアリーが欲しいという憧れを持ち続けております。

なので、価格さえ折り合いがつけば、すぐ購入していただけるのです。

しかし、ノンブランドアクセサリーであったなら・・・・。

そもそも、欲しいアクセサリーであるのかどうか、また、価値のあるアクセサリーなのかどうかが、消費者側にもわからないのです。

つまり、ブランドアクセサリーを購入したい消費者が多い事実は間違いないのです。

そして、『購入者が多い=需要がある』と言えるので、販売価格にも影響が出るのです。

また、『新品で人気が高いアクセサリーほど、中古品でも販売力がある』アクセサリーとなります。

理由は既にご存知だと思いますが、『新品を買いたい人が価格差から中古品を購入する』からです。

知識2 中古アクセサリーの販売価格は『定価』が基準となっている

中古アクセサリーの販売価格基準はあくまで『定価』です。

つまり、人気商品であれば、定価の半額が販売価格の基準であったり、人気がないアクセサリーの場合には定価の1割が販売価格であったりするのです。

つまり、『定価』が高いアクセサリーほど中古品でも高く販売している可能性が高いのです。

しかし、先ほどご案内した通り、ノンブランド品よりもブランド品の方が人気があります。

そのため、定価を基準にして、人気アクセサリーかどうかで中古販売価格が決まるのです。

例えば、ノンブランドのアクセサリーにおいては、一般的に定価の10%~20%が相場と言われております。

しかし、ブランドアクセサリーであれば、定価の20%~30%でも販売することが可能です。

また、人気の高いハイブランドはさらに高く販売することも可能です。

例えば、アクセサリーのハイブランドである、ハリーウィンストンにおいては、定価の50%以上での販売価格が付くことも珍しくはありません。

また、ティファニーなど人気ブランドアクセサリーにおいても定価の3割程度が相場となります。

つまり、売れるアクセサリ―であればあるほど、定価に近い価格で中古販売価格が決まるのです。

アクセサリーの価格を形成している2つの要因

中古のアクセサリーにおいては、ブランド品である方が販売力が高く、販売価格も強気に設定できることがわかりました。

消費者から人気があるのが大きな理由ではありますが、それ以外にもアクセサリーの価格を形成している要因も影響しているのです。

アクセサリーの価格には大きく、ダイヤや金などの素材としての価値デザインやブランド価値があります

例えば、ブランドジュエリーにおいては、有名なデザイナーに多額のコストをかけています。

当然有名デザイナーへは高額報酬が支払われております。

それらが『ブランド』としてアクセサリーの価値を高めるのです。

一方で、ノンブランドアクセサリーにおいては、素材の価値が大半を占めます。

また、中古アクセサリーの価値の中では、『素材の価値は新品から大幅に落ちる』が『ブランド価値は落ちない』のです。

この価値が落ちる要素の違いからも、ブランドアクセサリーの取り扱いをおすすめ致します。

アクセサリー販売価格に影響する個別の要因

アクセサリーの販売価格には、影響を与える個別の要因があります。

そして、この要因に当てはまる場合には、販売価値が大幅に下がり、時には商品として取り扱うことすらできない可能性もあるのです。

つまり、この個別要因をしっかりと査定できるかどうかも、古物商人としての腕の見せ所なのです。

アクセサリ―の価値を下げる個別の要因

冒頭でも説明した通り、アクセサリーは『嗜好品』です。

そのため、中古のアクセサリーには前の所有者の『思い』が詰まっていることがあります。

例えば、いくら価格の安いブランドアクセサリーが売られていたからといって、前の所有者のイニシャルが刻まれたアクセサリーをあなたは購入したいでしょうか?

おそらく、答えはNOだと思います

なぜなら、前の所有者の思いをあなた自身は引き継ぎたくないからです。

身に着ける嗜好品であるからこそ、この傾向は一層強くなるはずです。

例えば、中古車や賃貸アパートなどであれば、日常生活に必要なのでクリーニングがされていればさほど気にならないと思います。

しかし、身に着ける『嗜好品』においては、妥協することは難しい方が多いのです。

そのため、以下の要因に当てはまるケースではそもそも販売価値がないと考えておくと良いでしょう。

  • アクセサリーに磨いても消せないイニシャルが刻印されていたり、大きなキズがついている
  • かなり古いデザインで、リメイクなども困難な素材
  • サイズの変更などができない
  • ダイヤ等の宝石が金属からはずれてしまっている

【古物商 実務解説】アクセサリーの販売価格の相場・決め方まとめ

中古アクセサリーの販売価格には明確な相場はありません。

しかし、あくまで基準は新品で販売されている価格とされています。

つまり、定価を基準に、人気のあるアクセサリーかどうかで価値の減少割合が変わるのです。

この傾向をしっかり捉えて販売価格を決めると良いでしょう。

また、アクセサリーは『嗜好品』であることを常に意識して商売すると良いでしょう。