【古物商 実務解説】書籍・古本の販売価格の相場・決め方

この記事は専門家が監修しています

古物商として古本・書籍を販売するときに、どのように価格を決めればいいか迷っている方はいらっしゃいませんか?

ほとんどの方が古本屋で本を買い取ってもらった経験はあると思いますが、
自分の手から離れた本が、どのような基準で売値が付けられているか、相場はどれくらいか、を知っている方は多くはないのではないでしょうか。

買い取ってもらう側から、古物商として古本・書籍の取り引きを行う立場になった方々へ。

販売価格の相場や決め方を簡単にまとめていきたいと思いますので、参考にしてみてください!

書籍・古本の販売価格設定における大前提

基本的に書籍・古本の販売価格は、お店や事業主が自由に設定することが出来ます。
極端なことを言えば、100円で買い取った古本に5000円の売値を付けても問題はありません。

しかし、相場がわかりやすい古本などは、どこも販売価格に差がない傾向があります。
理由は大半の販売者が相場に販売手数料などを上乗せした価格設定をしているからです。

一方で相場がない、相場が分かりづらい骨董書や専門書などは、販売者ごとに価格設定が大きくばらつく傾向があります。
理由は、商品の価値がわかるかどうかという点に大きく左右されるからです。

例えば、一冊の古い医学書があったとき、

貴重で価値ある医学書だ。高く取引することができる。

とわかっていた販売店と、

なんだかよくわからないが古い医学書だな。

という認識しかしていなかった販売店では、
買取価格にも売値にも違いがでてくることが容易に想像できると思います。
商品の価値がわかることで、安く買い取り高く売ることができるので、利益が得やすいのも骨董書や専門書の特徴です。

販売方法による価格設定への影響

ところで、みなさんはどのような販売方法で古本・書籍の取り引きをしようと考えていますか?
オンラインで販売するか、店舗で販売するか、の2つに大別されるかと思いますが、それぞれで付随費用が異なってきます。

例えばオークションサイトで商品を販売する場合には、落札時に手数料がかかりますし、オンライン販売は商品の送料がかかります。
逆に店舗で販売する場合には、これらは不要となりますが、事務所を借りるための固定費がかかってきます。

このように販売方法によって、価格設定をする上で考えなければならない要素が異なってくるので、そうした部分も加味していけるといいですね。

価格設定の具体的事例

値段をどのようにつければいいかはわかった。

でも、もっと具体的に、自分の手元にある古本や書籍に価格設定の方法が知りたいんだ!!

という方のために具体例を紹介しながら価格設定方法をいくつか紹介していきたいと思います。

1. 大手古物商ブックオフのような価格設定

まず1つ目は大手古物商ブックオフのような価格設定です。
ここでは仕入れ価格に対して、一定の販売価格を上乗せして売る方法をとっています。

例えば文庫本の場合、新品か、新刊か、人気のある作品か、保存状態はきれいか、売り物になるかどうか、などで大きく5つほどのパターンに分け、買い取りを行います。

仮に”買取額の半値+50円”の利益を見込んで値段設定をする、という決まりを設けたとすれば、200円で仕入れた本の販売価格は、200+(200÷2+50)=350円となります。

この方法のメリットは、誰が査定してもほとんど差が出ないことと、利益が安定して得られることです。
デメリットは、前項でも少しお話したような専門書や骨董書において、適切な買い取り、販売が出来なくなる可能性があることです。

2. ネット検索による価格設定

2つ目は、ネット検索による価格設定です。
これはアマゾンやオークションサイトで、過去の販売履歴を調べて、手元にある本の状態等を見ながら価格を合わせる方法です。

メリットはとにかく簡単である、という点です。

デメリットは現実と離れた値段設定がされている場合もある、という点です。
例えば、”1冊1円”のようなものとかがそうですね。

また、販売履歴の少ない本はデータが少なく、あまり参考にならないこともあります。

3. ISBNコード、JANコードで査定する価格設定

3つ目はISBNコード、JANコードで査定する価格設定です。
近くに書籍がある方はぜひ手にとって見てみてください。
バーコード上のものが2つあるのがわかるかと思います。

そのうち、ISBNコードは”9784”からはじまる13桁のコードです。
そしてもう一つはJANコードで”4”からはじまる13桁のコードです。

これらのコードから買い取り価格を提示するサイトがあるので相場を確認し、そこから価格設定していく方法もあるでしょう。

ただし、商品のコンディションにより価格が異なる可能性があるので注意が必要です。

4. 物価変動法による価格設定

4つ目は、物価変動法による価格設定です。

書籍の定価を元に、物価上昇率をかけることで販売価格を設定します。

メリットは、誰にでもでき、データも不要であることです。

デメリットは、流行や個別の要因は加味されないことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。なかなかすべての商品のことをしっかりと調べて値段をつける、というのは難しいですよね。

まだ自分の古物商のスタイルにあった価格設定方法がわからない、という方は、いくつかご自身の中で試してみるのも手だと思います。

自分にあった価格設定方法を見つけて賢く、楽しく古物商を行ってみてくださいね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)