【せどり】全員が必要?はじめての確定申告Q&A

この記事は専門家が監修しています

今や、「せどり」いわゆる店頭やネットで購入した品物(本や家電など)を転売して差額で利益を得ること、を副業としている方はめずらしくありません。

本業をこなしつつ余った時間を有効活用できるので、せどりは副業にとても適したビジネスです。

また、軌道に乗れば、月収100万円以上稼ぐことも可能なビジネスなので、本業としてバリバリ稼いでいる方もたくさん存在します。

そして、利益が出た場合は、当然ながら税金が発生します。せどりを本業にしている方は個人で納税が必要になります

また、会社員の方が副業ではじめた場合でも、これまでは必要がなかった確定申告が必要となる場合があります。

・・・ここでひとつ疑問です。

せどりで得られる利益は、人によって月に数万円~百万円以上と非常に差があります。
月にわずか数万程度しか稼いでいない人も、わざわざ確定申告をする必要があるのでしょうか

せどりを始めるにあたって、実際の仕事の内容については、本や情報商材や勉強会など学べる機会やツールは数多くあります。

ですが、収益を得れば当然必要になってくる納税について、詳しく確認できる機会やツールはほとんどありません。

そこで今回は、今年せどりを始めた方へ、せどりの確定申告についての具体的な知識をQ&Aでご紹介していきます。

せどりの確定申告、どこにもやり方が書いていないんだけど・・・

Q. せどりで確定申告が必要となる人って?

A. ほとんどの人が対象です

せどりに限らず、下のふたつの条件のいずれかに当てはまる人は確定申告の対象となります。ぜひ、ご自身の月々の収入や規模で、必要かどうか確認してみてください。

また、現在の収益では対象外だとしても、せどりはコツを掴めばグンと収益がアップしますので、確定申告の可能性はほどんどの人にあると考えておいた方がよいでしょう。

確定申告が必要になる条件

専業主婦
年間38万円超の所得がある(基礎控除38万円を超える場合)
サラリーマンが本業で副業でせどりを行う場合
年間20万円超えの所得がある方
(給与所得、退職所得以外の所得が20万円までしかない場合は申告不要となります)

税制度の中には生活用動産の譲渡は非課税となる仕組みがあるので、せどりとして販売する商品が生活用動産であれば非課税制度が利用可能です。

Q. 確定申告をしなかったらどうなるの?

A. 追加で高額な税金を徴収される可能性があります

対象であるにも関わらず確定申告をしなかった場合、税務署の税務調査を受けることになります。

そして、調査の結果次第では、もともと確定申告で納める必要があった税金以外に高額な税金を徴収される可能性があります。

確定申告は初めての方には記入の仕方がわかりづらいので面倒くさくなってしまいがちですが、追加で税金を支払うよりは手間も気持ちも楽ですので、必ず期限内に提出しましょう。

税務調査後に追加になる可能性がある税金

過少申告加算税
期限内に申告はしたが、その後の税務調査で間違いを指摘された場合に、罰金として追加で払うことになる税金。
無申告加算税
期限内に申告ぜず、その後の税務調査で申告なしを指摘された場合に支払うことになる税金。納付すべきだった税金が50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額となる。 なお、調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には、5%の割合に軽減される。
重加算税
納税が発生する仕事を故意に隠したり実際よりも少ない金額を申告し、税務調査でその事実を指摘された場合に支払うことになる税金。 申告税額が過小だった場合は、過少申告加算税+追加納税額の35%。 申告をしなかった場合は、 無申告加算税に加え納税額の40%。

せどりで確定申告する上で知っておくと良いことは?

Q. 古物商の許可を取ると何か得があるの?

A. 収益を事業所得にできる可能性が高い

古物商許可を取得すると、古物の転売が可能となるので堂々とビジネスが行えます。

ビジネスレベルの取引をするために古物商許可を取得しているという点で、書籍の購入代や下の表にある諸々の経費を雑所得ではなく事業所得にできる可能性も高まります。

そして、事業所得の方が、所得にかかる税金が安くなります。

ただし、古物商許可と開業届をだすことで必ずしも事業所得となるわけではありませんのでご注意ください。

書籍の購入以外にも経費にできるもの

交通費
仕入れの際にかかった交通費。トラックで仕入先まで行った場合のガソリン代など。
家賃
自宅兼事務所として自宅住所で開業した場合は、家賃の一部。
商品の輸送費用
購入したお客さんに発送するための宅急便代など。
インターネット上で販売した場合の手数料
ネットオークションやフリマアプリの出品料など。

Q. 事業所得と雑所得はどうやって区別するの?

A. 税務署がケース・バイ・ケースで判断しますが、せどりは古物商許可があると事業所得と認められやすいです

せどりに限らずですが、副収入が雑所得か事業所得になるか、区別する明確な基準は現在ありません。 税務署が、どちらに該当するかをそれぞれの実情に合わせて判断しています。

事業所得は、事業を営んだ結果として得られた所得です。
「継続して安定した収入が得られる」、「利益をあげる可能性がある」、「片手間ではない時間を費やしている」、「職業として認知されている」などが、事業所得とみなすかどうかの判断の主な基準になると言われています。

雑所得は、給与所得・事業所得・不動産所得など9種類の所得に当てはまらない所得をいいます。
例えば、人気の飲食店を営む人が、仕事とは関係ないことを綴ったエッセイの原稿料を受け取った場合には雑所得となる可能性が高いです。

せどりでの所得は、古物商許可がない場合は収益は雑所得とみなされることが多いですが、許可があり多くの転売行為をしている場合は事業所得にできる可能性が高くなります。

事業所得と認められた場合の3つのメリット

青色申告特別控除
65万円または10万円の控除をうけることが可能。
損益通算
副業で赤字が出た場合は、所得税などの税負担を抑えられる。
損失の繰り越し控除
前年度に所得がマイナスだった場合、翌年度の所得からマイナス分を引いた額で計算して税金を納めることができる

この三つのメリットがあるため、確定申告時にかかる所得税は事業所得の方が雑所得よりも低額になります。

所得税は、累進課税という方式をとっていて、所得が高額なほど税率も高くなります。つまり、所得から税金としてひかれる割合が多くなるのです。正直なところ、なるべく税金は安いほうが良いですよね。

下の表を見ていただくと、累進課税では所得によってかなり税率が変わってくることがわかります。今年からせどりをはじめた皆さんに、古物商許可を取って事業所得として申告できる状態にしておくことをオススメします。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

おわりに

今年せどりをはじめた方に向けて、確定申告についてご案内させていただきました。

専業主婦の方は基礎控除額を超える(年額38万円超)場合に確定申告が必要となります。

またサラリーマンとして給与をもらっている方がせどりを副業で行う場合には年間20万円超えの場合には確定申告が必須となります。

この規定であればほとんどの方が来年の年明けには確定申告をする必要がありそうです。

しかし、生活用動産の譲渡は非課税となる制度がありますので、転売している商品が生活用動産にあてはまるかどうかを確認すると良いでしょう。

「本業で年末調整を受けているから」
「たいした金額じゃないからバレないんじゃない?」

などと申告を怠ってしまう人もいますが、税務署は言わずもがな税金のプロです。

ばれたら、本来支払うべきだった税金と一緒に、追加で高額な税金が徴収される可能性があります。税金を払うところまでがビジネスと割り切って早めに手をつけましょう。

確定申告の書類ははじめての人にはややわかりづらいので、不備があった場合に期間内に修正できるような余裕のある日程で申告しにいきましょう。

確定申告の方法は、国税庁のWEBにわかりやすく手順に沿ってまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

国税庁 初めて確定申告される方

また、これまで通りの市役所に申告書を持参したり送付する方法以外に、e-Taxという国税に関する各種の手続をインターネットで行えるシステムもあります。

e-Taxを利用すれば、市役所で長い列をつくって待たされることはありません。

ただし、e-Taxを利用するためには、パソコンが指定のブラウザやバージョンなど条件を満たしていること・マイナンバーを取得していること、ICカードリーダライタを用意すること、が必要です。

国税庁 e-Taxをご利用になるための事前準備

今からしっかりと下準備をして、なるべくスムーズに確定申告できるように頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)