【完全解説】古物商 13品目のわかりやすい説明と例

この記事は専門家が監修しています

古物商許可をとって営業を始めようという場合、13品目から何を取り引きするのかを選んで申請しなければなりません。

しかし、ここから自身が取り扱う品目を選ぼうとした場合、思わず間違ってしまう品目があります。

例えば、ゲームソフトは「道具類」なのにゲーム機本体は「機械工具品」となるんです。
なので、2つの品目を選ばなければ、ゲーム機本体とソフトをセットで販売できないのです。
知らずにはすまされないことなので品目選びは非常に重要ですね。

じゃあとにかくどれかわからないから適当に選ぶか

と扱わないけど全部の品目を選んでしまうと、警察から思わぬ指摘を受けるなんてこともあります。

そこで今回は、ご自身が取り引きするものが何かを判断するためにも、13品目がどんなふうに分けられているのかを詳しく見ていきましょう。

13品目の種類と例

古物商 法人用 許可申請書

①美術品類

あらゆる物品において、美術的価値をもっているもの

・・・絵画、書、彫刻、工芸品、登録火縄銃・登録日本刀など

【古物商の品目】美術品類とはなにか完全解説・申請時の注意点

②衣類

繊維製品や革製品など、主に身につけてまとうもの

・・・洋服、着物、その他の衣料品、敷物類、テーブル掛け、布団、帽子、旗など

【古物商の品目】衣類とはなにか完全解説・申請時の注意点

③時計・宝飾品

身につけて飾るもの

・・・時計、眼鏡、コンタクトレンズ、宝石類、装飾具類、貴金属類、模造小判、オルゴール、万歩計など

【古物商の品目】時計・宝飾品とはなにか完全解説・申請時の注意点

④自動車

自動車及び自動車のパーツ

・・・自動車本体、タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラーなど

【古物商の品目】自動車とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑤自動二輪車・原動機付き自転車

自動二輪車、原動機付き自転車及びパーツ

・・・自動二輪車本体、原動機付き自転車、タイヤ、マフラー、エンジンなど

【古物商の品目】自動二輪車及び原動機付自転車とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑥自転車類

自転車及びパーツ

・・・自転車本体、空気入れ、かご、カバーなど

【古物商の品目】自転車類とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑦写真機類

プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等

・・・カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器など

【古物商の品目】写真機類とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑧事務機器類

計算、記録、連絡などの能率を向上させるために使用される機器及び器具

・・・レジスター、タイプライター、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、計算機など

【古物商の品目】事務機器類とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑨機械工具類

電気によって動く機械及び器具、他の物品の生産・修理などに使われる機械及び器具

・・・工作機械、土木機械、医療機器類、家庭電化製品、家庭用ゲーム機、電話機など

【古物商の品目】機械工具類とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑩道具類

12種類以外のもの

・・・家具、楽器、運動用具、CD,DVD,ゲームソフト、玩具類、日用雑貨など

【古物商の品目】道具類とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑪皮革・ゴム製品

皮革またはゴムで作られている物品

・・・鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品(ビニール製、レザー製)

【古物商の品目】皮革・ゴム製品とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑫書籍

・・・文庫、コミック、雑誌など。

【古物商の品目】書籍とはなにか完全解説・申請時の注意点

⑬金券類

・・・商品券、ビール券、乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券、郵便切手、収入印紙、オレンジカード、テレホンカード、株主優待券など

【古物商の品目】金券類とはなにか完全解説・申請時の注意点

品目を選ぶ際に気をつけること

13品目がどのように分けられているのかを見てきましたが、品目を選ぶ際に気をつけたい点がいくつかあるのでご紹介していきます。

自動車部品と自動車


「自動車」という品目名になっているため間違えやすいのですが、自動車本体を扱わずとも自動車の部品を扱う場合には、「自動車」の品目を選ぶ必要があります。

「自動車」を選ぶ際には、扱う品が大きいために商品の保管スペースや経験などを細かく確認されます。

申請の際にはスムーズに進めるよう、それらの点に留意して申請するようにしましょう。

自動車と機械工具類

建設で使用する大型の建設機械などは、自動車と区分される場合と機械工具類に区分される場合があります。

区別のポイントになるのはナンバープレート。
ナンバープレートがついていれば原則自動車と扱われ、ついていなければ機械工具類と扱われるケースが多いです。
ただし、あくまで原則ですので、詳しくは営業所を設置する管轄の警察署に聞くのが良いです。

ゲーム機とゲームソフト

ゲーム機本体とゲームソフトでは区分される品目が違うので注意が必要です。
ゲーム機本体は機械工具類、ゲームソフトは道具類に区分されます。

複数の品目を選択する場合

古物商の申請をするときには、複数の品目を選ぶことができます。

しかし、「この品目も扱いそうだからとっておこう」というのは、あまり現実的ではありません。
というのも、許可を出す警察署としても具体的に扱うもの以外の許可はしたくありません。 そのため、もし適当に複数の品目を選んでも警察から許可されない可能性が高いです。

また、古物商ではその古物についてのある程度の知識も求められるため、複数の品目を選択した分だけ警察からの質問も多くなります。

さらに仮に古物商許可を取得しても、盗難が発生したときなどは警察からの取り調べや捜査が入り、扱う品目が多ければ多いほど営業上の手間が増えます。

じゃあそれでも「あとから扱うかも」といった可能性がある場合は、どうするのが良いでしょうか。

そういった場合には、あとから品目の追加を行うと良いです。

実は、古物商許可は品目を増やすことが比較的かんたんにできます。

実際には、品目を追加する場合には『品目追加の変更申請』を許可を受けた警察署へ申請していきます。

なんと、この品目追加の変更申請は、ご自身で手続きすれば無料で行うことができます。

また、自分でやるのが面倒だと感じた方においては、代行業者へ依頼することも可能です。

なので、まずは最低限確実に扱うものから申請をし、必要になれば随時増やすというやり方が最も許可がとりやすい方法といえます。

どの品目を扱えば儲かるの??

古物商で一儲けしたいと思っても、大事なのは「どの品目(商品)を扱うか」ですよね。

なんといっても一番は、自分が得意な分野を扱うのが良いです。
仕入れの際には値段の相場を理解していないと、利益が出る値段で仕入れられませんし、今どの商品が売れるのかというのもわかりません。
そのため、他人から「利益が出る」と教えてもらった古物を扱うとしても、知識がなければ損をしてしまう可能性もあります。

でも、得意な分野なんてないよ・・・

という方もいらっしゃるでしょう。何を隠そう私も特に得意な分野なんてありません。

そんな方のために、ここでは比較的トレンドを把握しやすい「衣類」についてのポイントを3つ紹介します。

1.トレンドを掴む

衣類の売れ行きは、トレンドによって左右されます。そして季節も大きなポイントで流行のサイクルが早く回ります。

トレンドをつかむために、ファッション雑誌をチェックしたり道行く人を観察したりして、今どんな衣類が流行っているのかを把握するようにしましょう。

2.カテゴリー別・年代別に分けて仕入れ、販売する

お客の性別や年齢層をはっきりと決めましょう
それによって仕入れるものが変わってきます。

お客のニーズに合わせて仕入れた後は、カテゴリー別に分けて販売するのがお客にとってわかりやすく購入されやすいです。
実店舗ではもちろんのこと、ネット販売においてもカテゴリー別にページをまとめ、買い物しやすい状況を作りましょう。

3.セット販売やトータルコーディネートを提示する

お客の目当ての商品以外を買ってもらうためには、その目当ての衣類にあった商品をセット販売やトータルコーディネートで提示することが必要です。
そうすることで気に入ってもらえたならば、一気に売上も上がります。

仕入れたものをそのまま販売するのでなく、売り方に一工夫を加えて利益の出る販売の仕方を考えてみましょう。