古物商の取得を行政書士に依頼するメリット

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

古物商許可の申請手続きを、すべてご自身ですることは十分可能です。

しかし、多くの方がご自身で申請せずに行政書士へ依頼をしているようです。

費用をかけてまで『行政書士』へ依頼をした場合には、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

行政書士に依頼した場合のメリット

依頼する行政書士にもよりますが、概ね4つのメリットが得られるようです。

自分で許可を申請するよりは、費用は多くかかりそうですが、時間と手間』は大幅に節約できる可能性がありそうです。

皆さんもメリットと費用を比較して、依頼を検討してみてはいかがでしょうか?

行政書士へ依頼をした場合のメリット

  • 最短で許可が取得できる
  • 警察署との打ち合わせも代行してくれる為、時間の節約ができる
  • 必要な書類を代わりに集めてくれる
  • 許可が取れない場合には、返金保証付きのサービスを売りにする行政書士もいる

最短で許可取得が可能に

古物商の許可を取得するには、申請書類に加え多くの添付書類が必要でした。
(詳しくは、【2018年版】古物商許可に必要な書類一覧参照)

見たことのない書類を集める事は非常にストレスが溜まる作業ですし、せっかく集めた書類でも不備や不足があった場合には古物商許可の申請自体を受け付けてもらえません。

【実際にもこんなケースがあったようです】

  • 住民票を自分で取得したが、『本籍が記載されていない』ものを取得してしまったばっかりに、後日取り直しとなってしまった。
  • 登記されていないことの証明書類を取得する際に、誤った住所表記で取得してしまった。

古物商許可を取得するのに必要な日数は、『不備のない書類』が提出されてから40日程度必要です。

不備のない書類一式』を警察署へ提出しなければ、申請は審査されません。
万が一ご自身で集めた書類に不備があり、『申請自体のやり直し』となれば、許可取得までに更なる日数が必要となることは間違いないでしょう。

皆様が1日でも早く古物商許可を取得されたい場合には、正確な書類を集めてくれる行政書士へ依頼をすることが、最短での許可取得が実現する近道ではないでしょうか。

警察署と打ち合わせもしてくれる

古物商の許可申請の窓口は営業所がある最寄りの警察署です。

ご自身で申請をするには事前に警察署へ相談に行ったり、申請に必要な書類を取りに行く必要があります。

古物商許可申請の経験がない方の場合には、おそらく何度も警察署へ足を運ぶこととなるでしょう。

実際に古物商の担当警察官からも、『申請書類は一度ですべて揃わないので何度かお越しください』と言われる場合があるようです。

また、申請書類は平日しか受け付けて貰えないので、本業がある方は仕事を休まなければいけません。

この様に、古物商許可の申請をすべてご自身でやる場合には、多くの時間を要することとなり、皆様の貴重な時間が奪われてしまうことは避けられないでしょう。

行政書士へ依頼をした場合にかかる費用と、本業に専念した場合に得られる収益を比べて、メリットがあれば依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

必要な書類を代わりに集めてくれる

古物商の許可申請に必要な書類は、役所で取得する書類が大半です。
しかし『役所の手続きは基本的には平日』しか受け付けてくれません。

経験のある方も多いとは思いますが、忙しいビジネスマンが、平日に役所に行って書類を集めることはすごく大変なことではないでしょうか。

行政書士は国が認めた資格者で、皆さんの代わりに役所から必要な書類を集めることができる専門家です。(委任状は必要)

もしかすると、行政書士へ依頼する一番の理由は、『自分の代わりに書類を集めてくれる』からなのかもしれません。

許可が取れなかった場合には返金保証付きのサービスがついている?

古物商許可が取得できなかった場合には、報酬は1円もいただきません』、行政書士の中には返金保証を売りにしている方もいるようです。

行政書士側も古物商許可が取れなかったら1円も儲からないわけなので、返金保証付きの行政書士は、皆様にとっても良いパートナーになれる可能性はありそうです。

もし皆さんが古物商許可申請の代行を依頼する場合には、『返金保証付き』の行政書士を選ぶことをおススメします。

古物商の許可を行政書士へ依頼する場合のデメリット

行政書士へ依頼した場合には多くのメリットがありそうなことがわかりました。
では逆に依頼した場合のデメリットはあるのでしょうか?

行政書士へ支払う報酬が発生する

行政書士は皆様の書類をボランティアで作成してくれることはありません。
ご自身ですべての手続きをするよりは、多く費用が発生することは間違いないでしょう。

インターネットで検索してみると、古物商許可の取得を依頼した場合の相場は安くて
40,000円~50,000円程度となっているようです。

決して安い金額ではないかもしれませんが、ご自身で申請する場合に要する『時間とストレス』が、行政書士へ支払う報酬と見合うかどうかで依頼をするかどうかの検討をしてみましょう。

また、行政書士事務所の中には、『すべてを丸投げできる』場合と、『書類作成のみ代行できる場合』があり、提供しているサービスも事務所ごとに多少違いがあるようです。

さらに『古物商許可が取得できなければ返金保証付き』を売りにしているところや『最短での許可取得』を約束している事務所もありますので、ご自身に合う依頼先を見つけてみると良いでしょう。

古物商許可を依頼する行政書士の探し方

古物商許可の申請を行政書士へ依頼したい場合に、どのようにして依頼先の事務所を探せばよいのでしょうか。

知人に行政書士がいる場合はそちらへ依頼をすれば良いと思いますが、もしもいない場合には、どのような基準で行政書士を見つければ良いかは非常に迷うところです。

行政書士を探すポイント
行政書士の報酬体系は完全に自由化されておりますので、依頼する行政書士によって支払う費用(報酬)も様々です。

そして皆さんとしては、できるだけ費用が安くすむ事務所へ依頼をしたくなるのが本心だと思います。
しかし、行政書士もサービス業ですから、あまりに激安な場合には少し疑った方がよいのかもしれません。

さらに、古物商許可に強くない事務所へ依頼をした場合には、『許可取得までに多くの時間を要した』、『HPに記載されている料金と大幅に異なる金額を請求された』なんてケースにもなりかねません。

依頼する行政書士はご自身で決めるしかありませんが、目安としては以下の対応ができる事務所がよいでしょう。

行政書士の選び方

  • 依頼した場合の費用がわかりやすい
  • 実務経験や実績が豊富
  • すぐ業務を開始してくれるかどうか
  • 行政書士自身が対応するかどうか
  • 万が一許可がとれなかった場合に返金対応をしてくれるか

依頼した場合の費用がわかりやすい

古物商許可には多くの書類が必要です。
当然取得する書類が多いほど、行政書士の報酬は高くなるのが一般的です。

ホームページを見ると一見激安価格で依頼できるように見えるが、依頼してみると安くなかった・・・・  そんなトラブルもあるようです。

皆様が依頼をする事務所においては、『合計の費用がわかりやすい事務所』を選ぶとよいでしょう。

また、事前に見積り』をくれる事務所は、料金面でトラブルとなるケースが少ないようです。

実績が豊富な事務所を選ぶ

行政書士の中には、古物商許可の申請をした経験がない方も多くいるようです。

理由としては、行政書士の業務範囲は非常に広く、作成代行できる書類の数は1万種類を超えるともいわれてるからです。

せっかく費用をかけて依頼をするので、古物商許可の取得を専門に扱う行政書士を探すとよいでしょう。

すぐ業務を開始してくれるかどうか

皆さんが行政書士へ依頼する理由の一つは『早く古物商許可を取得したい』からではないでしょうか。

しかし、行政書士が多忙であった場合には、すぐに許可手続きを開始してくれない場合も考えられます。

実際に、『依頼をしてから数か月後に状況を確認したところ、申請すらしていなかった・・・』なんてケースもあるようです。

皆さんが依頼する場合には、手続き開始の目安を答えてくれる行政書士を選ぶと良いでしょう。

行政書士自身が対応するかどうか

行政書士の国家資格をもっていない者は、古物商許可の申請代行を行うことはできません。
皆さんが依頼する方がしっかりと『行政書士資格を持っているかどうか』を確認されることをおススメ致します。

許可がとれなかった場合に返金対応をしてくれるかどうか

許可が取れなければ『報酬は全額返金対応する』行政書士もいるようです。

そして返金対応している行政書士の傾向としては、『許可を得る自信があるからこそのサービス提供』、『許可が得られなければ報酬すら貰えない』ことから真剣に業務に取り組んでいただける可能性は高いでしょう。

依頼する場合の一つの判断ポイントにしてみてはいかがでしょうか。

当サイトおすすめの行政書士事務所

最後に、古物商の教科書おすすめの行政書士事務所をご紹介いたします。

トラスト行政書士事務所です。

この事務所は、古物商許可取得を専門にしており、取得率は100%です。

さらに、許可を無事取った後、営業を開始するときに必ず必要となる古物プレート古物台帳も特典で付いてくるので、
すぐに営業を始めることができます

他にも専門の事務所がありますが、ぜひこちらも検討してみてくださいね。

古物商の取得を行政書士に依頼するメリットまとめ

古物商許可の取得はご自身でやることも十分可能です。

しかし、慣れない手続きで多くの時間を要することは避けられないでしょう。

時間を有効に使いたい方にとっては、手続き代行をしてくれる行政書士は非常に使い勝手が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)