古物市場に入るためだけに古物商許可を取得できる?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

古物市場に入るためには古物商の許可が必要です。

ということは、古物ビジネスを行うつもりが無くても、古物市場に入るためだけに、とりあえず古物商許可を取れば良いと考える方もいるでしょう。

ですが、申請時に古物市場に入るためだけに許可を申請したいと伝えた場合には、受付を拒否される可能性があるため注意が必要です。

今回は、古物市場を利用するために古物商許可を取得する場合の注意点などについて説明をします。

許可申請が受け付けてもらえない可能性があります

せど美、古物市場って知ってる?

もちろん知ってるわよ。古物商が集まって古物の取引をする市場のことでしょ。
プロが集まって取引をするから、大量の古物が通常では考えられないくらいの激安価格で取引されてるわね

僕も利用してみたいんだけど

あれ?こぶ吉って古物商の許可ってもってる?
古物市場に参加するためには、古物商許可を持っていることが最低条件

まだ持ってないんだ。
だから、古物市場に参加するためだけに古物商許可を取ろうかと思っているところなんだ

古物商としてビジネスをするつもりはないってこと?

うん、今のところはあまり考えてないね。
自分用の家電や古着を買うために古物市場を利用したいんだよ

それはちょっと難しいかもしれないわね

なんで?古物商許可さえもっていればいいんでしょ?

古物商許可の申請が受け付けてもらえない可能性があるのよ。
そもそも、古物商っていうのは、古物取引をビジネスとして行うための資格なの。
古物市場の利用のみが目的の場合、許可を受け付けてもらえない可能性があるわ

でも、そんなの黙っておけばバレないんじゃない?

古物商許可の申請をするとき、担当の警察官から古物ビジネスの目的や計画についていろいろ質問されることがあるの。
そのとき、ちゃんと答えられないと申請の受付が拒否される可能性があるのよ

そうなのか~

古物市場とは、古物商が集まって古物を取引する場所のことをいいます。

古物市場では、さまざまな古物が大量に安価で取引されています。

古物市場に参加するためには、古物商許可を持っていることが最低条件となります。

この古物市場を利用するためだけに、古物商許可を申請した場合、担当の警察官によっては申請を受け付けてもらえない可能性があるので注意しましょう。

行政書士のサポートを利用

古物市場を利用するためだけに古物商許可を申請した場合、申請が通らないことがあるのか~

そうね。古物商許可はあくまで古物ビジネスを行うための資格だからね

じゃあ、どうすればいいんだよ~

そういう場合は、専門家に許可申請を代行してもらうっていう手もあるわよ

専門家って~?

古物商許可を専門に扱っている行政書士のことよ。
行政書士に代行を依頼すれば、専門家ならではのノウハウで警察の質問に対しても、きっと上手く対応してくれるわ

でも、行政書士に代行を依頼すると報酬を支払わないといけないんでしょ?

それは、行政書士も仕事でやっているからしょうがないわよ。
相場だとだいたい4万円前後の報酬が必要

4万円か~、結構高いな~

でも、古物市場は通常のリサイクルショップなどでは考えられない低価格で商品が取引されているから、上手に利用すればきっとそれ以上の価値があるはずよ

それはそうかもしれないね。ちょっと検討してみるよ

古物市場を利用するためには古物商許可が必要です。

古物市場を利用するためだけに古物商許可を取ろうとした場合、担当の警察によって申請の受付を拒否されてしまう可能性があります。

その場合は、古物商の専門家である行政書士に許可申請の代行を依頼することも1つの手です。

行政書士は古物商許可の申請にとても慣れているので、警察の質問に対しても上手に対応してくれて、きっとすぐに許可を取得してくれるでしょう

メールや電話で無料相談を受け付けている行政書士もたくさんいるので、気になる方は一度チェックしてみましょう。

古物市場によっては独自の条件がある場合があるので注意

行政書士の先生に代行を依頼して、古物商許可を取ることにしたよ

それがいいわね。
ただ、古物市場によっては、許可を持っているだけでは参加できない場合もあるから注意してね

どういうこと?

古物商許可を持っていることは古物市場に参加するための最低条件なの。
古物市場によっては、それ以外に古物商としてのキャリア他の古物商からの紹介などを参加条件としている場合もあるのよ

そうなんだ~

どちらにしても、古物市場に参加するためには、主催者の承諾が必要とされているケースが一般的だから、その時に他の条件なども聞くといいわ

わかった、そうるするよ

古物市場に参加するためには、古物商許可を取得している古物商であることが最低条件です。

古物市場によっては、古物商としての経験年数や、他の古物商からの紹介など、それ以外の条件が必要となる場合があります。

また、古物市場に参加するためには、数千円前後の参加費用を支払うことが一般的です。

ただし、中古車などの高級品が取引される古物市場では、保証金などを支払わなければならないケースもあります

古物市場に参加する際は、必ず事前に主催者に問い合わせましょう

古物市場を利用するメリット

大量に安く商品を仕入れることができる

古物市場はたくさんの古物商が集まって古物の取引をする市場です。

プロが集まるため、大量の古物を低価で仕入れることができます

その価格は、一般のリサイクルショップなどでは到底考えられないような激安価格です。

古物商許可を取得して、ぜひ一度足を運んでみましょう。

仕入れが安定

古物市場での仕入れは、商品の価格が安いだけでなく、安定的に仕入れることができることも大きなメリットです。

仮に、激安価格で仕入れることができたとしても、それが1度だけでは、安定した転売ビジネスができません。

古物市場は定期的に開催されており、あらかじめスケジュールを確認することもできるので、かなり仕入れが安定します。

大量の古物を低価で安定して仕入れることができるのは古物市場しかありません。

不用品の在庫一括処分が可能

古物市場では大量の商品を一度に仕入れることができます。

それは、逆に言えば余った不用品や在庫を大量に買い取ってくれる場所でもあるのです。

せっかくプロの集まる古物市場を、仕入限定で利用するのはもったいないです。

上手に利用して、効率的な古物ビジネスを目指しましょう。

古物市場に入るためだけに古物商許可を取得できる? まとめ

古物市場に入るためには、古物商許可を持っていることが最低条件です。

ですが、古物市場に入るためだけに、古物商許可を取得しようとした場合、申請がなかなか受け付けてもらえない可能性があります。

もし、古物市場の利用のみを考えているという方は、一度、古物商専門の行政書士に相談することをおすすめします。

専門家である行政書士であれば、プロならではのノウハウで、申請を通すことができるでしょう

ネットや電話で無料相談を受け付けている行政書士もいるので、古物市場について気になる方は一度相談してみましょう。

古物市場によっては、古物商許可以外にも、業歴や他の古物商からの照会など、別に条件を設定している場合もあるので注意が必要です。

古物市場に参加する場合は、事前に主催者に確認することを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。