古物商許可の申請を家族や友人に代行してもらえますか?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

古物商許可の申請は、本人でなくとも行うことができます。

そのため、古物商許可の申請を、家族や友人に代行してもらうことは可能です。

家族や友人であれば、無料で引き受けてくれるなどメリットがあるかもしれません。

ですが、あまりおすすめはできません。

なぜなら、許可取得のハードルが上がったり、家族や友人とトラブルになる可能性が高いためです。

今回は、家族や友人に許可申請の代行を依頼する場合の注意点などについて説明をします。

家族や友人の代行は可能だがおすすめできない!?

今度、リサイクルショップを開業しようと思うんだ

いいわね。でも、そのためには古物商の許可が必要よ

わかってるよ。でも、なかなか忙しくて申請手続きができなくて困ってるんだ。家族や友達に代わりにやってもらうことってできないかな?

可能は可能だけど、あまりおすすめはできないわね

なんで?

家族や友人が代行をすることで、いろんなトラブルが起きる可能性があるのよ

古物商許可は、申請人以外の人が行っても構いません。

そのため、家族や友人に代行を依頼することは可能です。

ですが、家族や友人に代行を依頼した場合、デメリットが多くおすすめできません

そのデメリットについていくつか紹介します。

申請のハードルが上がります

家族や友人に代行をお願いすると何がいけないんだよ~?

まずは、申請のハードルが上がることね

どういうこと?

古物商許可を申請した場合、担当の警察官から、申請内容についていろいろ尋ねられることがあるの
でも、申請者本人でなければスムーズに答えることができないでしょ

そりゃそうだろうね

ちゃんと答えられなかった場合、担当者が申請書を受け付けてくれなくなる可能性があるのよ。
その場合、申請はまたやり直しになってしまうから、余計に時間がかかってしまうわ

なるほど、それは困るなー

古物商許可の申請を行う際、担当の警察官から申請内容や事業計画について詳しく尋ねられることがあります。

この質問にスムーズに答えられない場合、担当の警察官から古物商としてふさわしくないと判断され、申請書を受け取ってもらえない可能性があるのです。

申請書が受け取ってもらえないと、申請はやり直しになってしまい、また改めて申請をしなければなりません。

このように、申請に対するハードルが上がるおそれがあるという点が、家族や友人に代行を依頼した場合のデメリットの1つといえます。

トラブルに繋がる

他にも、家族や友人とトラブルになりやすいことに注意が必要ね

どういうこと~?

例えば、家族や友人に代行を依頼したけど、なかなか許可が下りなかった場合、こぶ吉はイライラするでしょ

そうだね。予定どおり古物ビジネスを始められないとイライラしちゃうかも

でも、そもそも古物商許可の手続は、かなり複雑で一般の人がやるとかなり時間がかかるものなの。
でも、予定より時間がかかると、トラブルの元になってしまうわね

たしかにね~

それに、審査の結果、不許可になったとしても、申請費用(19000円)は返還されないわ
その場合も、やっぱりトラブルになりやすいわね

そうだね。許可は下りない、費用は返ってこないじゃ、ケンカになっちゃうかもしれないね

古物商許可の申請手続は、とても複雑で、一般人が自分でやると必ずといっていいほどミスが発生し、申請にかかる時間がとても長くなります。

また、審査の結果、不許可になった場合でも、申請手数料(19000円)は返還されません

そのため、申請手続きがスムーズに進まない場合、家族や友人とトラブルにつながる可能性があります。

法律違反になる可能性も

家族や友人に古物商許可の代行を依頼すると、場合によっては法律違反で逮捕されてしまう可能性もあるから注意が必要よ

ええ~~どういうこと?

古物商許可の申請書作成を代行して報酬をもらっていいのは、原則として行政書士という専門家だけなの。
だから、例えばこぶ吉が友達にお金を払って代行を依頼した場合、行政書士法違反になってしまう可能性があるわ

知らなかった・・・

古物商許可の申請書のような官公署に提出する書類を作成して報酬を受け取っていいのは原則として行政書士だけです。

他の一般人がこれらの書類を作成して報酬を受け取った場合、行政書士法違反(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性があります。

専門家を活用しましょう

平日は忙しくて自分で申請に行けないし、かといって、家族や友人に頼むのはリスクが高そう・・・。
一体どうすればいいんだ~~

そういう場合は、専門家に代行を依頼すべき

専門家~?

古物商を専門に扱っている行政書士の先生のことよ。
行政書士に依頼すれば、申請書の作成はもちろん、必要な書類もすべて代わりに集めてくれるからとっても簡単に許可が取得できるの

でも、お金払わなきゃいけないんでしょ~

そりゃあ、行政書士の先生も仕事でやってるからね・・・
一応、報酬の目安としては4万円前後が必要っていわれてるわ

結構高い気がするな~

そうね。これから古物ビジネスをスタートさせようとしている人にとって決して安い金額じゃないわね。
ただ、古物商許可の申請手続はとっても複雑だから、家族や友人に代行をお願いした場合、何度もやり直しになったり、不許可になる可能性が高いの

その場合の労力や時間を考えると安いものかもしれないね

古物商許可の申請は、とても複雑で一般人がやると必ずといっていいほどミスが発生します

その場合、申請がやり直しになってしまったり、不許可になってしまう可能性があります。

不許可になったとしても、申請費用(19000円)は返還されません

効率よくスムーズに許可を取得したいのであれば、古物商許可を専門に扱っている行政書士に相談しましょう。

最近では、メールや電話だけでなく、LINEで無料相談を受けている行政書士もいるようです

気になる方は、一度相談してみることをおすすめします。

どうしても家族や友人に代行を依頼したいという場合

古物商許可の申請は、家族や友人に代行してもらうことも可能です。

家族や友人など一般の方に古物商許可の代行を依頼した場合、トラブルが増える可能性が高くあまりおすすめはできません

それでも、どうしても家族や友人に代行を依頼するという場合は以下の点に注意しましょう。

  • 委任状を準備する
  • 代行の理由をはっきりと説明できるようにしておく

古物商許可の申請を本人以外が行う場合は委任状が必要です。

委任状に決まった形式はありませんが、一般的には「古物商許可申請手続の一切の権限を委任します」と書かれた書面に代理人と依頼人の氏名と住所を書いて依頼人が押印します

また、担当の警察官から代行の理由について聞かれる可能性があります。

行政書士以外が古物商許可を代行するというのはあまりないケースなので、きちんと理由を説明できないと警察官が不審に思い、申請を受け付けてもらえなくなる可能性があります

古物商許可の申請を家族や友人に代行してもらえますか? まとめ

古物商許可の申請を家族や友人に代行をしてもらうことは可能です

ただし、家族や友人に代行を依頼した場合、トラブルが増えたり、許可取得が難しくなるケースが多くあまりおすすめできません

古物商許可の申請手続きは、複雑で難しく、一般人がやるとミスが多発し、なかなか許可が取得できなかったり、不許可になってしまう可能性が高いからです。

平日は忙しいなど、どうしても本人が許可申請できないという場合は、専門家を利用しましょう

専門家とは、古物商許可を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

行政書士であれば、申請書の作成はもちろん必要な書類集めから担当警察官への交渉など全て代わりに行ってくれるので、簡単に許可を取得することができます。

ネットで無料の相談を受け付けている行政書士もいるので、一度チェックすることをおすすめします。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。