古物商許可をなるべく早く取得する方法

この記事は専門家が監修しています

これから、転売ビジネスを始めようと考えている人の中には

さっさと許可を取って早くビジネスをスタートさせたい

と考える人も多いでしょう。

「なるべく早く許可を取得したい」と考えるのであれば、許可の取得を専門家に依頼しましょう。

専門家に依頼することが最も早く許可を取得する方法だからです。

今回は、古物商許可をなるべく早く取得したいという方に向けて、注意点などを説明します。

なるべく早く取得したい方に専門家の代行をお勧めする理由

古物商許可の取得には最低1か月以上が必要

まず、「なるべく早く古物商許可を取得したい」という方にお伝えしたいのは、

古物商許可を取得するには最低でも1か月以上かかる

ということです。

それは、自分で申請した場合も、専門家に代行を依頼した場合でも変わりません。

ネットなどを見ると「最短1週間で許可の取得できます」というアピールをしているサイトがあります。

しかし、これは完全にデマです。

古物商許可を取得するには、警察の審査が必要です。

申請者が欠格要件に該当していないかどうか、営業所が古物取引の場所としてふさわしいかどうか、などを警察がチェックするのです。

この審査期間が40日前後とされているため、どんなに早くても許可が下りるまでに1か月以上の期間が必要なのです。

もし「1か月以内に許可の取得ができる」などのアピールしているサイトがあれば、かなり怪しいといえます。

専門家を装った詐欺の可能性もあるので、注意しましょう。

自分で申請をすると半年たっても取得できないケースも・・・

古物商許可を申請するために、特別な資格は必要ありません。

そのため、自分で必要な書類を集めて申請することも可能です。

ですが、「なるべく早く許可を取得したい」という方にとって、自分で申請する方法はあまり良い方法ではありません。

古物商許可の申請手続きは、複雑で自分で申請すると必ずと言っていいほど、ミスが発生します。

申請書類や添付書類の記載などにミスがあると、申請は受け付けてもらえません。

その場合、申請はやり直しになってしまうのです。

その結果、自分で申請をするといつまでたっても許可が下りず、半年以上かかったというケースもたくさんあります。

中には、あまりに時間がかかりすぎてしまうため、許可の取得を諦めてしまったというケースまであります。

自分で申請をすることで、古物商許可に関する知識が身につくなどのメリットはあるでしょう。

ですが、「早く許可を取得したい」という方にとっては、あまりお勧めできない方法なのです。

専門家に依頼をすると2か月前後で取得が可能

古物商許可を取得するには「自分で申請をする方法」と、「専門家に代行を依頼する方法」の2つがあります。

もし「なるべく早く許可を取得したい」と考えるのであれば、「専門家に代行を依頼する方法」をお勧めします。

ここでいう、専門家とは古物商を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

古物商許可の申請手続きは、複雑なうえに必要な書類も多く、一般の方が自分で申請をするとなかなか許可が下りません。

ですが、行政書士に代行を依頼した場合、ミスや不備なく書類を作成してくれるので、最短で許可を取得することが可能なのです。

行政書士に依頼をした場合ですと、だいたい2か月前後で許可を取得することが可能です。

自分で申請をした場合と比べると、圧倒的に早く許可を取ることができるのです。

その他、専門家に依頼するメリット

古物商許可をなるべく早く取得したい方は、行政書士に代行を依頼するべきと説明をしました。

ですが、行政書士に依頼するメリットは早く許可が取れるだけではありません。

例えば、行政書士に依頼をすると平日に会社を休まなくても許可を取得することが可能です。

古物商許可の申請に必要な書類の多くは、住民票など平日にしか取得できないものばかりです。

また、古物商許可の申請は、平日に警察署で行わなければなりません。

そのため、サラリーマンの方が自分で申請をする場合は、何日も会社を休まなければならないのです。

行政書士に依頼をした場合、基本的に手続きは全て任せっきりで大丈夫です

平日に会社を休むことなく許可の取得ができるというのは、大きなメリットといえます。

また、行政書士に依頼をした場合、許可取得後のサポートも受けられる場合があります。

行政書士によっては、許可を取得した後の、古物ビジネススタートまでをしっかりサポートしてくれる場合もあります。

これから、古物ビジネスをスタートさせようと考えている人にとって、心強いパートナーが得られる機会となるでしょう。

行政書士に依頼をした場合は報酬が必要です

行政書士に依頼すれば、最短で簡単に古物商許可を取ることが可能です。

ですが、行政書士もボランティアでやっているわけではありません。

許可の代行を依頼をするには、当然報酬が必要です。

行政書士に支払う報酬は、相場だと4万円~6万円前後となっています。

これから、古物ビジネスを始めようとしている方にとっては、決して安い金額とはいえないでしょう。

ですが、自分で申請をした場合にかかる時間や、労力などを考えるとそれ以上の価値があるといえます。

自分で申請をするか、専門家に依頼をするか、それぞれのメリットやデメリットを踏まえて慎重に選択しましょう。

古物商許可をなるべく早く取得する方法 まとめ

なるべく早く許可を取得したいのであれば、専門家に代行を依頼するべきです。

古物商許可の申請手続きはとても複雑です。

自分で申請をした場合、ミスが発生し、なかなか許可が下りないという結果に繋がる可能性が高いのです。

専門家に依頼をした場合、必要な書類を集めてミスなく申請をしてくれます

そのため、最短で許可の取得が可能なのです。

また、専門家に依頼をすれば、早く許可が取得できるだけでなく、「平日に会社を休まなくてもいい」「許可取得後のサポートを受けられる」などのメリットがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。