【チケット商とは】商品券・金券やきっぷを売って稼ぐ古物商

この記事は専門家が監修しています

13品目ある古物商の許可のうち、『金券類』をメイン品目に選び、『チケット商』になることを検討されている方に向けて、金券類という品目について詳しくご紹介していきます。

チケット商を目指す方の多くが、金券ショップのようなビジネスモデルを計画しているのではないでしょうか。チケット商は、在庫がしっかりと揃っていて集客が見込める立地の場合、相当な売り上げが見込めるジャンルです。つまり、あなたの腕(仕入力・マーケティング力)次第でガンガン稼げる品目なのです!

また、あなたが金券類で古物商の許可をとったら、下のチケット商プレートを営業所に飾ることができます。

チケット商プレート

古物の13品目を確認しましょう

以前のチケット商は、金券ショップだけを行っている場合が多かったのですが、最近は他の品目も扱うことが増えてきています

そして、取り扱う商品も、中古の携帯電話やスマートフォン、toto、金やプラチナなど多種多様化しています。

古物商の品目はメインは一つですが、それ以外にも複数選択することができます

ご自身のビジネスモデル・立地・知識・コネクションなどで、金券類以外に取り扱える品目はないか、申請前にぜひ確認してみてください

古物の13品目一覧

1.美術品類 2.衣類 3.時計・宝飾品 4.自動車(それらのパーツ)5.自動二輪車及び原動機付自転車(それらのパーツ) 6.自転車類(それらのパーツ) 7.写真機類 8.事務機器類 9.機械工具類 10.道具類 11.皮革・ゴム製品 12.書籍 13.金券類

チケット商の仕事内容

まずは、チケット商の定番ビジネスモデルについて、ざっくりご説明します。

金券ショップは、金券を買い取り希望者から仕入れて、購入希望者に販売し、その差額を収益としています。
そして、店舗型のチケット商(いわゆる金券ショップ)は、仕入れと立地がすべてと言われています。

では、チケット商のメリット・デメリットなど、チケット商を目指す方が知っておいて損がないことを、一緒に掘り下げていきましょう

チケット商で取り扱う金券類って?

チケット商は、「古物営業法」という古物に関する法律により定められた、金券類に当てはまる金券の転売を行う古物商人です。
また、古物営業法の目的は以下の通りとなっております。

古物営業法の目的
古物営業法は、取引される古物(今回の場合はチケット)の中に盗品が持ち込まれる可能性があることから、盗品などの売買の防止、盗品の早期発見により被害を最小限にすることを目的としています。

チケット商で取り扱う金券類の例

  • 商品券
  • ビール券
  • 乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券
  • 郵便切手
  • 収入印紙
  • テレホンカード
  • 株主優待券

など

商品券主力3商品

以下の3商品が、場合によっては一度の取引が数百万単位となる、チケット商の主力商品です。

  • 新幹線回数券(企業のから出張など)
  • 全国百貨店共通商品券(贈答用)
  • ビール券、おこめ券(お中元など)

チケット商のメリット・デメリット

チケット商のメリットとは?

① 店舗の面積が小さくてよい

商品がチケットなので、販売にも在庫にも場所をとりません
また、ネットショップも展開すれば全てを店舗で扱う必要がないので、さらに店舗の面積を削ることが可能です

店舗の面積が小さくて済むということは、テナント代が比較的安くすみます。

店舗面積が小さくてよいことを活かして、金券ショップは大都市のビジネス街や駅前に集中しています。
人が集まりやすくて一定の需要が見込める大型スーパーやショッピングモール内に出店するケースも多いです。

ただし、例外として・・・多くの金券ショップが年末に大量の年賀状を取り扱います。
もし、あなたが年賀状の取扱も検討しているとしたら、その時期に数十箱のダンボールをどこに保管するかも検討しておくことをオススメします

② 販売が短時間で高額取引が多い

商品券・ビール券・おこめ券などは、お中元やお歳暮の時期は特に、買い取り希望と購入希望どちらのお客様も、まとめて取引を希望する方が多いです。

そして、極端な話、商品券を数百万円分購入したいお客様が来店したとしても、取引が終了するまで数分程度しかかかりません。

③ 目的がはっきりしている

金券ショップに来店するお客様は、店頭の品揃えを見てから欲しいものを考えるのではなく、あらかじめ欲しいものが決まっていて来店することがほとんどです。

このように、来店の目的がはっきりしていることを活かして、営業時間外に自動販売機でチケットを販売する店もあります。

デメリット

① 基本的に薄利多売

はっきり言ってしまうと、チケット商は利益率でなく回転率が勝負です。
そのため、一定の需要がある場所に出店して商品を入れ替えていかないと、利益が出なくなってしまいます。

② 利用制限や期限がある

例えば新幹線の回数券など、チケットによっては使える期限が決まっているものがあります。

期限付きのチケットは、たとえ安く大量に仕入れることが可能だとしても、期限内にすべて販売できるかも含めた判断をしないといけません。

最悪の場合、売れ残ったチケットが0円になってしまうリスクがあります。

③ 不景気の影響を受けやすい

リーマンショック以降、サラリーマンの出張が減ったため、新幹線や特急のチケットなど交通関係の商品の売り上げが減りました

また、大企業の倒産や業績不審で、その企業の商品券や株主優待券が紙切れ同然になってしまったというような悲惨な話もあります

④ チケットレスサービスの増加

現在、多くのチケット商の主力商品は、新幹線回数券です。

ところが、新幹線回数券は種類が減ってきている上に、えきねっとやEX-IC等、チケットレスシステムが次々と誕生しています。

今後もさらに増えて、チケット商の売り上げに大きく影響していくことはさけられないでしょう

ダフ屋と金券ショップ

ダフ屋の取締りは厳しくなっている?

アイドルのコンサートチケットの転売で逮捕された

ライブの主催者が、ダフ屋対策を強化している

というような報道を、一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。

最近、イベント関係の主催者も警察も、ダフ屋対策に本腰を入れるようになってきました

特に、高額で転売しても買い手がついてしまうような人気アーティストのライブでは、本人のスマホに電子チケットを送る・入場時に身分証の提示を求めるなど、厳しい施策を実施しています。

ダフ屋が買ってもチケットが完売することには変わりがないので、一見、アーティスト側に損はなさそうですが・・・実は、チケット代に高額を支払ったためにグッズの売り上げが減少してしまうなど、ライブ全体の収益に影響をあたえているのです

ダフ屋と金券ショップの違いは?

ダフ屋も金券ショップも、買い取った(購入した)チケットを別の人に販売して、その差額で儲けていることには変わりはありません。では、どこが違うのでしょうか。

【ダフ屋】無許可で公共の場所(インターネット含む)で販売をしている

ダフ屋行為とは、人気が高いチケットを買い占めてネットオークションや路上で高値で販売したり、それをたくらんだりすることを指します。

転売目的での買い占め・値段の吊り上げ・付きまとい・押し売りは、迷惑防止条例で規制されています。

ダフ屋行為を取り締まれる迷惑防止条例は、東京都だけではなく47都道府県中40都道府県で制定されています。(青森県、山形県、鳥取県、山口県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県では条例がありません)

しかし、条例が制定されていない7都道府県においても、『物価統制令』という名の別の条例でダフ屋行為を取り締っております

【金券ショップ】古物商許可を取得して、申請した場所で販売している

金券ショップは古物商許可をとって、交通関係や映画のチケットなどを売り買いしたり、販売を委託されたりしています

※人気アーティストのコンサートチケットを扱うことも法律上は可能ですが、持ち込まれたチケットが合法的に購入されたものか判断がつきにくく買取りのリスクが高いため、取り扱っているところは少ないようです。

ダフ屋と金券ショップの違いは法律を守り、プロとして古物(チケット類)の販売をしているかどうかです。

ダフ屋の逮捕事例

悪質な転売とみなされた場合、現状は大きく分けて①古物商許可の無許可営業・②迷惑防止条例違反の2つのいずれかの法律で処罰されています

チケット転売を手軽に稼げる副業のように勧めてくる、まとめサイトやブログ記事も多く存在しますが、お小遣いかせぎのつもりでやったことで、前科がついてしまうことも充分ありえます

① 古物商許可の無許可営業

具体的な逮捕事例

人気アイドルのライブチケットの転売で古物商許可違反を適応された事例があります。それまでは、迷惑防止条例の適用が主だったため、この事例は話題となりました。

人気男性グループのライブチケットを転売サイトで違法に販売したとして、香川県の女性が古物営業法違反(無許可営業)で逮捕されました。女性は、チケットを定価の1.6倍の値段で販売した疑いがあります。

女性の直接の容疑はチケットを定価以上の金額で販売したことですが、この一回だけでなく、一年以上に渡り複数回同じことを行って1000万円以上の収入を得ていたことから、「利益を出す目的で継続して転売していた」と判断され、古物法違反が逮捕理由になったと考えられます。

古物商許可の無許可営業が適用された場合、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金が課されることになります。

チケットは、たとえ未使用でも、人手に渡ったものは古物扱いになります。
そのため、取り扱うには古物商許可を得ていることが必要なのです。

転売でこの法律を適用されるということは、「無許可で金券ショップをやった」とみなされた、ということです。

② 迷惑防止条例違反

具体的な逮捕事例

鉄道のチケットの転売で迷惑防止条例を適用された事例があります。
人気アーティストなど芸能関係のチケットの転売の摘発が話題にのぼることが多いですが、それ以外のチケットも、転売は厳しく処罰されます

15年3月で引退した寝台特急「トワイライトエクスプレス」「北斗星」などの切符を転売したとして、東京都の男性が迷惑防止条例(常習ダフ屋行為)違反の疑いで逮捕されました。

直接の逮捕容疑は、特急券5枚を定額の9万5000円で購入し、約27万円で転売したためとされています。しかし、これ以外にも、容疑者は同様の手口で200万円近い利益を上げたとみられ、累計金額や継続性から転売目的と判断されて逮捕にいたりました。

また、ダフ屋行為には、例えばホームレスを雇ってチケット窓口に並ばせるなどして、人気チケットを買い占めることも含まれます。

正直グレーゾーンな部分も・・・

チケットの転売が悪質かどうかは、一回のみでは正直判断するのは難しいです。

友人たちとライブに行く予定だったが、仕事が入ってしまって仕方なくネットに出品した

と言えば言い逃れることも可能なケースもあると思います。

ただし、転売の意志があるかどうかは、継続性や累計金額などから警察が判断します。
継続して転売していた場合、「一年に何十回もたまたま都合が悪くなる」というような下手な言い訳は通じないでしょう。

【チケット商とは】商品券・金券やきっぷを売って稼ぐ古物商 まとめ

商品券や金券を転売して稼ぐビジネスは、マーケティング力仕入れ力があれば十分稼げるビジネスです。

しかし、景気に左右されたり、スマートフォンを始めとしたチケットレス化(オンラインチケット)の影響が大きいのも事実です。

皆さんがチケット商として成功するために、ご自身においても新たなビジネスモデルを考えてみると良いでしょう