【自分で・代行で】群馬で古物商許可を取得する方法

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

群馬県内で古物商として起業しようとお考えの方は、まず、群馬県公安委員会に古物商許可証を申請することが第一歩となります。

古物商許可は書類審査で取得でき、古物商を廃業しない限り一生涯使える許可となります。

古物商許可を取得する方法は2つあります。

今回は、古物商許可を取得するために、どのような申請が必要か、許可が下りるまでの期間・費用はどのくらい掛かるのかなど詳しくお届けしようと思いますので参考にしてください。

群馬県で古物商許可を取得する2つの方法

  • ご自身で群馬県公安委員会(警察署)へ行き申請する
  • 古物商許可専門の行政書士へ取得代行を依頼する

この2つの方法を使い許可を取得することができます。それぞれ取得期間や費用が異なります。
では、各取得方法のメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

自分で許可申請をするメリットとデメリット

ご自身で群馬県公安委員会に古物商許可の申請をする場合には2つのメリットがあります。

メリット

費用を抑えることができる
これは自身で申請する最大のメリットとなります。代行業者への報酬、平均40,000円程度を抑えることができます。

必要経費としては、申請費用として19,000円の証紙及び証明書類の取得費用数千円程度で古物商許可を取得することができます。ただ、申請が許可されなかったり申請取り下げをしても手数料は返却されないので気をつけてください。

古物営業に関する知識が身につく
自分で申請すると細々とした事務手続きが必要になります。申請書類・必要書類への記載も多く自然と古物商としての知識や法律が身につきます。

デメリット

  • 許可申請に労力が必要
  • 莫大な時間を費やす
  • 申請書類が受理されないことがある
  • 対策を講じれば許可が取得できるのに、講じることができず不許可に

ご自身で許可申請すると、許可申請にちょっとしたミスや不備あれば何度もやり直したり、分からないことを何度も警察に問い合わせたり、労力と共に莫大な時間を費やすことになります。

また、やっとできた申請書類に不備があれば受理されない場合もあります。
その上、営業所が複数ある場合の許可申請や法人での許可申請は書類も増え、手続きも複雑になります。

古物商許可専門の行政書士へ申請を代行してもらうメリット・デメリット

メリット

  • 最短、最速で許可取得
  • 労力がかからない
  • 複雑な申請でも対応が可能
  • 古物商許可取得後の営業開始までサポートしてくれる
  • 許可取得後の変更届なども依頼が可能

実はご自身で申請許可をした場合、書類作成に1〜2ヶ月程度、申請書類が受理され許可が下りるまでに40日程度の期間を要します。この40日は不備のない書類一式が受理されてからになります。

一生使える許可なのでこの期間なら短いと考える方もいると思うのですが、実際には受理されて60日を経過しても、まだ審査中だった実例もあります。もし、不備があれば期間はもっと延びることになります。

その点、代行業者に依頼すれば時間も短縮され無駄な労力も使う必要がなく、最短で許可を得ることができます。

また、行政書士なら古物商の営業開始までしっかりサポートしてくれます。コストを抑え、知識を身に付ける為、自分で頑張っていても複雑な書類、難しい法律、不備の発覚などで断念するケースもあります。その点、代行を依頼すると最短で許可がおり、更に営業開始までの不安などを解消してくれるのも嬉しいポイントです。

デメリット

依頼する場合報酬が必要になる(4〜6万円程度)
古物商許可の申請を代行してもらう報酬は4〜6万円程度になるのですが、最短で許可を取得でき、自分で取得する労力を他に有効活用できると考えれば、この報酬も妥当ではないでしょうか。

古物商を営むには必ず必要になるのが古物商許可です。安全・安心に商売するために必須の許可でもあります。
ご自身で許可申請をするメリットとデメリットをしっかり検討し許可申請を行ってください。

自分で許可申請する場合の流れ

  • 古物商の営業所を管轄する警察署を確認すると同時に許可申請書を入手
  • 許可申請に必要な添付書類を取得
  • 管轄警察署へ連絡をして申請事前ヒアリング
  • 担当警察官へ許可申請のアポイントを入れる
  • 古物許可申請書類を提出
  • 許可証を取得

古物許可申請は営業所を管轄とする警察署で手続きをします。その前に確認してほしいのが古物商を取得できるかの確認です。一定の要件に当てはまる人は取得できないのでしっかりチェックしてください。

2018年に古物営業法が改正され、欠格要件が増えました。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

また、申請事前ヒアリングはとても重要です。地域により申請書類や必要書類が異なる場合があるので警察署に必要なものをしっかりとヒアリングし不足や不備がないよう準備しましょう。

古物商に必要な書類

  • 古物商許可申請書一式
  • 略歴書
  • 住民票の写し
  • 誓約書
  • 登記されていないことの証明書
  • 身分証明証

個人と法人では書類が異なるので注意してください。

  • 個人で申請する場合は、申請者と管理者
    (申請者と管理者が別人の場合は二人分の証明書類が必要となります。)
  • 法人で申請する場合は、役員全員(監査役も含む)と管理者になります。

申請する状況により追加書類の提出を求められる場合もあります。

すべての書類が揃ったら警察署での申請手続きになります。手続きに行く前は担当警察官へアポイントをとることをおすすめします。アポイントを取らずに警察署へ行った際、担当者が不在であると書類を受け取ってもらえないことがあります。

許可申請書(正本)と副本(コピー)は忘れずに持参してください。

不備や記入ミスに備えスムーズに修正できるよう、筆記用具・書類に押印した印鑑を持っていくこともおすすめします。

申請書類・必要書類に問題がなければ手数料である19,000円の証紙を購入して申請書に貼り付け提出します。この手数料は不許可になった場合でも返金されません。

群馬県内警察署一覧

以下が古物商の営業所を管轄する群馬県内の警察署一覧になります。
ご自身の管轄警察署をしっかりチェックしてください。

警察署名 住所・電話番号
前橋警察署 前橋市総社町1-9-3
TEL: 027-252-0110
前橋東警察署 前橋市天川大島町1-8-1
TEL: 027-225-0110
高崎警察署 高崎市台町4-3
TEL: 027-328-0110
藤岡警察署 藤岡市藤岡1683-1
TEL: 0274-22-0110
富岡警察署 富岡市富岡1198
TEL: 0274-62-0110
安中警察署 安中市原市707-2
TEL: 027-381-0110
伊勢崎警察署 伊勢崎市鹿島町534番地1
TEL: 0270-26-0110
太田警察署 太田市鳥山下町400-5
TEL: 0276-33-0110
大泉警察署 邑楽郡大泉町朝日2-27-1
TEL: 0276-62-0110
館林警察署 館林市赤生田町1828番地の2
TEL: 0276-75-0110
桐生警察署 桐生市清瀬町1-16
TEL: 0277-43-0110
渋川警察署 渋川市行幸田351-1
TEL: 0279-23-0110
沼田警察署 沼田市上原町1738-1
TEL: 0278-22-0110
吾妻警察署 吾妻郡東吾妻町大字原町21-1
TEL: 0279-68-0110
長野原警察署 吾妻郡長野原町大字長野原1520-4
TEL: 0279-82-0110

群馬県で古物商を始める方へ

北関東に位置し、温泉とスキー場が有名な群馬県は、2017年の都道府県人口密度ランキングで195.8万人17位という結果でしたが、人口は増加傾向にあります。

リサイクルショップをスタートさせる上で人口は最重要で、特に人口の多い市は高崎市、前橋市、桐生市の3市なります。

フリーマーケットの開催も多数行われ、連日多くの観光客が訪れる県でもあります。古物市場も30カ所以上あり骨董品などの売買も頻繁に行われています。

群馬県内でリサイクルショップを経営している2店舗をご紹介します。

エキスパート リユース&アウトレットストア

人口の多い高崎市、前橋市だけでなく神奈川県にも営業所をもち生活家電から家具・工具・オフィス用品・厨房機器まで幅広い品揃えが特徴的です。

出張買取だけでなくLINEでの査定も行っています

オンラインショップも開設し、その品揃えから群馬県でも人気のリサイクルショップといえます。

創庫生活館

前橋市と伊勢崎市に店舗を構えるリサイクルショップです。

冷蔵庫、テレビ、エアコンなどの生活家電にメーカー保証書とは別に当店保証も付け、保証期間中、正常な使用による故障であれば無償修理、もしくは同等品との無料交換などのサービスを行っています。

各種クレジットでの決済もできます。品揃えも豊富で口コミでの評価の高いリサイクルショップです。

群馬で古物商許可を取得する方法まとめ

群馬県内で古物商許可の取得方法は2つあります。
費用を抑え時間に余裕のある方はご自身で申請してもいいのではないでしょうか

古物商許可の書類は意外に多そうだし、時間もかかり不安

という方は代行業者へお任せした方がスムーズに許可を得ることができると思います。

依頼した費用も明確で、すぐに取り掛かってもらえ実務経験も豊富、また、営業を開始する時に必要な古物プレートや古物台帳なども特典としてついてくる場合もあります。

ご自身で取得することも十分可能ですが、

スムーズに古物商許可を取得したい!

書類集め・作成や申請にかかる時間がもったいない!

1日も早く古物商許可を取得したい!

このような方は代行業者への依頼をおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)