【古物商の品目】皮革・ゴム製品とはなにか完全解説・申請時の注意点

この記事は専門家が監修しています

皮革・ゴム製品商を目指すあなたへ

ご存知のように、古物商の許可を取得する際には、13品目の中から取り扱う種類の品目を選ぶ必要があります。

今回は、『皮革・ゴム製品』をメイン品目に選び、皮革・ゴム製品商になることを検討されている方に向けて、皮革・ゴム製品という品目について詳しくご紹介していきます。

皮革・ゴム製品商は、主に力バン、バッグ、靴等の皮革・皮製品類を取り扱う古物商のことです。具体的には、力バン・バッグ・財布・靴などを扱います。

そして、あなたが皮革・ゴム製品商の許可をとったら、下のプレートを営業所に飾ることができます。

皮革・ゴム製品商プレート

許可申請書 皮革・ゴム製品と併せて申請したい2品目

古物商許可は、メインは一つに決める必要がありますが、それ以外に複数の項目を同時に申請することも可能です。皮革・ゴム製品は単体だけでなく、衣料や時計・宝飾品と一緒に取り扱われることが多いジャンルです。あなたが展開したいビジネスのコンセプトに必要な品目を、併せて取得しておきましょう。

① 皮革・ゴム製品+衣類=古着屋

衣類商の許可も持っていれば、洋服・靴・カバンのトータルコーディネートを提案する古着屋を開くことができます。衣類も取扱いたい場合は、許可申請書で2.衣類にも〇をつけましょう。

② 皮革・ゴム製品+時計・宝飾品=ブランドショップ

時計・宝飾品の許可も持っていれば、靴や鞄と併せてブランドショップを開くことができます。時計・宝飾品も取扱いたい場合は、許可申請書で3.時計・宝飾品も〇をつけましょう。

あとから追加も可能です

古物の品目追加(変更申請)は無料で簡単に手続きできるので、さらに多くの種類の品を扱えるようになった時点で、品目追加申請することをおすすめします。

古物の13品目を確認しましょう

古物商には皮革・ゴム製品以外にも12種類の品目があります。皮革・ゴム製品以外で一緒に取り扱えるものがないか確認してみましょう。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車(それらのパーツ)
  • 自動二輪車及び原動機付自転車(それらのパーツ)
  • 自転車類(それらのパーツ)
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品
  • 書籍
  • 金券類

皮革・ゴム製品商を取得する方は、ブランド品鑑定士を目指しましょう!

ブランド品鑑定士の仕事内容は?

ブランド品の買取店や中古ブランド品を取り扱っているリサイクルショップには、必ず「ブランド品鑑定士」がいて、豊富なブランドの知識に基づいて査定を行います。

皮革・ゴム製品商はブランド品のバッグを扱うことが多いので、日々、この「ブランド品鑑定士」としてのスキルを求められます。

ブランド品の鑑定士になるために必要なスキルとは?

目指しましょう!と言っておきながら・・・実は「ブランド品鑑定士」という職業や資格はないんです。

宝石鑑定士、アンティークや古美術の鑑定をする美術鑑定士という資格はあります。

しかし、「ブランド品鑑定士」という公式の資格はありません。自分でその名を名乗るにふさわしい量のブランド品に関する「知識」「目利き」「査定」の実力を身につけなくてはならないのです。

「ブランド品鑑定士」として働き始める人は、まずは先輩鑑定士のもとで学び、知識やスキルを身につけていくのが一般的です。

ブランド品は儲からない?

正直、皮革・ゴム製品である高級バッグを含むブランド品や、貴金属は利益率が低い品目です。しかし、ご自身が古物商のお店にいった場合に、高級バックや宝石があるとつい見てしまいませんか。ブランド品には、人の目を引く力があるのです。

また、しっかりメンテナンスしたブランド品をディスプレイしてあるお店は、他の品物についても扱いに信頼を持ってもらえます。そのため、利益率は低くても、大手古物商はブランド品の皮革製品を扱うのです。

あたらしく皮革・ゴム製品商をはじめるのであれば、ブランド品を鑑定できることは肝なので、しっかりと知識を入れて、必要であれば先輩鑑定士の下で学びましょう。

皮革・ゴム製品商 大手古物商の事例

では、具体的に、大手皮革・ゴム製品商のビジネス例をいくつかご紹介いたします。その中に、ご自身が計画している新規ビジネスの参考になるポイントがないか、ぜひ確認してみてください。

大黒屋

ブランド品を中心とした古物商(金券ショップ・質屋)
※ここでは『ブランド品を中心とした古物商』としての特性をとりあげます

特徴

買い取りも販売も選択肢を増やすことで、豊富な品ぞろえから気軽に購入できる

① 買取

店頭買取」、ネットでの「宅配買取」、ご自宅へお伺いする「出張買取」を行っています。豊富な買い取り方法で数多く買取ることで、高額査定を実現しています。

② 販売

専門知識を持つ店舗スタッフにより鑑定が正確な商品を提供し、①の豊富な買い取りで「多くの商品から選ぶ楽しさ」を提案しています。また、ネットショップでも買うことができます。

コメ兵

コメ兵は、もともと明治30年に創業した歴史ある中古品取扱い店

特徴

独自の商品管理基準を強みにして、高く買い取り安く販売している

① 高く買えばモノがあつまり、安く売れば人が集まる

80:20の法則

販売
 「2週間で20%売れる売価が適正」「2か月経過しても売れ残っている商品は20%値下げする」

買取
 「査定を希望した人の80%から買い取れる金額が適正」

② 商品特性に応じた

宝飾・ブランド」「衣料」「お買い得衣料」の3つのショップブランドを持っています。また、立地特性に応じた「大型店」「中型店」「小型店」「買取センター」の4つの店舗スタイルとネット販売を展開しています。

ブランディア

店舗を持たないブランド品の宅配買取サービスとオークションでの販売

特徴

買い取ったブランド品を、店舗やWEBサイトではなくオークションで販売している

① ハイブランドだけでなく、セカンドブランドやカジュアルブランドまで、幅広い取り扱いをしている

② 自社運営のブランディア オークションや、ヤフーオークション・楽天オークション・モバオク・eBayで販売している

特にヤフーオークションでは、2009年から6年連続で年間ベストストア アワード総合グランプリを受賞しています。

SOU

現在、古物商で急成長している会社です、他の大手古物商と何が違うのでしょうか?

買い取り(鑑定)・オークション(古物市場)・販売(路面店)・アプリ(自分で査定可能)を4本柱に運営

特徴

旧来からの鑑定・古物市場・リサイクルショップを徹底的に洗練させ、新たな顧客を生み出している

① 買い取り

鑑定士をコンシェルジュと呼び、商品知識や鑑定力・査定力はもちろん、接客マナーまで徹底した育成を実施、厳しい社内テストに合格した者のみが担当できるシステムにしています。

② オークション

本物かどうかの確認・メンテナンスやクリーニングなど、商品の品質チェックを徹底行い、バイヤーがそのまま販売できる状態でオークションに出品しています。また、バイヤーが手にとって商品を確かめることができる下見期間を設けています。

③ 販売

セレクトショップのような洗練された路面店で、皮革・ゴム製品であるブランドバッグから、時計や宝飾品、アパレルに至るまで、さまざまなブランドやジャンルを取り扱っています。②と同様に商品の品質チェックを徹底して行っており、流行のブランドからヴィンテージの一点物まで、幅広いニーズに対応しています。

また、訪日観光客の多い大阪りんくうタウンに店舗を構え、ブランド品の爆買いという社会現象にも素早く対応しています。

④ アプリ

スマートフォンで簡単に自分の持ち物とその価値が管理できるアプリを運営。ユーザーが、自分の持っているブランド品の現在価値を知ることで、売却して新しいモノを買ったり、または大切に保管して資産としたりすることを手助けしています。結果として、ユーザーがブランド品をSOUに買取希望で持ち込んでくることに繋がっています。

おわりに

バブル期以降、リユースのブームがきています。新品では手が出ない品でもリユース品なら購入できるというニーズに加えて、リユース品を一点ものとして、逆に貴重に感じるような文化も発達してきました。

また、ブランドのバックは古くなるほど一点物のビンテージ品として希少価値が上がるため、皮革・ゴム製品商は今後も、古物商の中でも特に、右肩上がりに繁盛していく品目と言えるでしょう。

その一方で、メルカリなどのアプリで不要になった持ち物の売買をすることが当たり前になってきました。出品が自宅でわずか5分でできる、チャットで売買が気軽に成立できることなどから、わざわざ買い取り査定を希望する人が減り、仕入れが難しい時代へと突入してきています。

古物を扱う資格を持っている店で買い取りや購入をするメリット、例えば、鑑定結果に間違いがない・メンテナンスやクリーニングがしっかりできているなどを上手くアピールして、フリマアプリなどと差別化を図っていくことが、皮革・ゴム製品商だけでなく古物業界全体の今後の大きな課題ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)