古物商許可が無くても(無許可)できる転売はあるの?

この記事は専門家が監修しています

古物商許可が無くてもできる転売はあります

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で買い取る場合に必要となる資格です

ですから、「新品の転売」「自分の不用品を転売」「無料でもらった物を転売」する場合には古物商の許可が無くても転売が可能です。

古物商の許可が必要な場合に、無許可で取引をすると重たい罰則を科される可能性があります。

古物商許可が必要な取引と不要な取引をしっかり区別することが重要です。

今回は、許可が不要な転売について説明をします。

無許可でもできる転売はあります

無許可でもできる転売って何かないかな~?

こぶ吉は、パソコンに詳しいんだから、パソコンやパーツ関係の転売なんかいいんじゃない?

え?パソコンやパーツの転売って確か古物商許可が必要なんじゃなかったっけ?

全ての転売に古物商許可が必要ってわけじゃないわ

そうなの?

古物商の許可っていうのは「古物」「転売目的で買い取る」場合に必要となる資格なの。
だから、こぶ吉の扱うパソコンやパーツが「古物に当たらない場合」か「転売目的の買取に当たらない場合」には古物商許可がなくても転売できるわよ

古物商の許可は、古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

そのため「仕入れた商品が古物に当たらない場合」「転売目的の買取行為がない場合」には、古物商の許可は不要です。

古物商の許可が必要な取引を無許可で行うと、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重たい罰則が科される可能性があります。

古物取引について、しっかり理解をして転売をすることが必要です。

古物に当たらない場合

まず、「古物に当たらない場合」っていうのはどういう場合?

そうねぇ。例えば「新品のパーツをお店で購入して転売する場合」があるわね

パーツが新品だから、古物には当たらないってことだね

そうなんだけど、新品でも古物にあたる場合があるから注意が必要ね

え?どういうこと?

法律によると、新品でも「個人が使用する目的で購入した物は古物にあたる」とされているの。
だから、新品のパソコンやパーツでも、個人から購入する場合には古物商の許可が必要な場合があるのよ

「新品で個人が使用する目的で購入した物」っていう意味がよくわからないんだけど・・・

そうねぇ。例えば、こぶ吉が洋服を新品でお店から買ったとするわ。
このとき、こぶ吉はお店から新品を購入しているから古物商の許可は不要よ

うん。それはわかるよ。新品の洋服だから古物にあたらないんだね。

でも、サイズが合わなかったり、色が気に入らなかったりで結局一度も着ることなく、転売したとするでしょ。
この場合、こぶ吉の洋服は「新品で個人が使用するために購入した物」にあたるわ

じゃあ、その洋服をせど美が買い取る場合、せど美は古物商の許可が必要ってこと?

そういうことよ

なるほど。
じゃあ、ネットを利用する場合、ショップから仕入れをすれば安全ってことだね

それが、そうでもないの

ええ?なんで?

ネット上だと、個人でも簡単にショップやストアを名乗ることができるでしょ。
相手が個人だと古物商許可が必要になる場合があるの

ネットの転売って難しいんだね~

「古物」を転売目的で買取る場合には、古物商の許可が必要です。

「古物」とは、古着や中古家電などの中古品だけでなく、個人が使用する目的で購入した新品の物も含みます。

ですから、新品の商品であっても、買い取る相手が個人の場合は、古物商の許可が必要となるケースがあるのです。

特にネットで商品を仕入れる場合、相手のアカウントが「ショップ」や「ストア」になっていも、実体は個人事業主である場合が多いため注意が必要です。

転売目的の買取(仕入れ)がない場合

次に、古物商許可が不要となるのは「転売目的の買取行為がない場合」よ。
例えば、以下のケースがあるわ

転売目的の買取行為がないケース

  • 友人から不用品のパソコンやパーツをタダでもらう場合
  • 自分が使用してきたパソコンが不要になったのでネットで売る場合

不用品を処分する場合、古物商の許可は不要なんだね

そうね。
ただ、不用品をタダでもらう場合、古物商許可はいらないけど、別の許可が必要になることがあるから注意してね

そうなの?

不用品を回収する場合には、「一般廃棄物収集運搬業の許可」「産業廃棄物収集運搬業の許可」っていう資格が必要なの。
イメージとしては、一般家庭から出る廃棄物(ゴミ)や事業所や店舗から出る廃棄物(ゴミ)を運ぶには、一般もしくは産業廃棄物収集運搬業の許可が必要となるの。これは、古物商よりも取得が難しい許可

不用品の転売ビジネスは、簡単に始められないんだね

不用品をタダで貰ったり販売する場合は、「転売目的の買取行為」がないため、古物商の許可は不要です。

ですが、不用品やゴミなどを回収するには、「一般廃棄物収集運搬業の許可」や「産業廃棄物収集運搬業の許可」という資格が必要です。

もし気になる方は、許認可申請の専門家である行政書士などに相談するとよいでしょう。

古物商許可があればビジネスの幅が広がる

新品や不用品を転売する場合には古物商の許可は不要なんだね

そうね。
ただ、その場合でもやっぱり古物商の許可は持っておいた方がいいわよ

どうして~?

ビジネスの幅が広がるからよ。
例えば、新品のパソコンを転売する場合、古物商の許可があれば、相手の不要になったパソコンを下取りすることができるわ。

確かに。下取りサービスで仕入れた商品を修理してまた販売すれば、たくさん稼げそうだね

そうでしょ。その他にも中古品の関連商品をセットで販売すれば、単価が上がって利益が出しやすくなるわ

そう聞くと、古物商の許可ってとても魅力的だね

新品や不用品のみを扱う場合、古物商の許可は不要です。

ですが、転売ビジネスでたくさん儲けたいと思うのであれば、古物商の許可は取得しておくべきです。

転売ビジネスをする場合、古物を扱えるというだけで、ビジネスの幅がとても広がります

また、中古品転売は一般的に利益率が高く、利益の出しやすいビジネスモデルです。

古物商許可を上手に利用することが、転売ビジネスを成功させるための秘訣といえるでしょう。

許可の取得は行政書士に依頼すれば簡単

古物商許可の申請手続は、必要書類も多くとても複雑で面倒なものです。

もし、簡単に許可を取得したいのであれば、古物商許可の専門家である行政書士に依頼しましょう。

行政書士に依頼すれば、面倒な手続きはぜんぶ丸投げで、簡単に許可を取ることができます

また、行政書士は古物商に関してたくさんの経験やノウハウももっています。

そのため、古物ビジネスについても相談ができるので、とても心強いパートナーといえます。

古物商許可が無くても(無許可)できる転売はあるの? まとめ

古物商許可は「古物を転売目的で買い取る場合」に必要となる資格です。

そのため、新品を転売する場合や、不用品を転売する場合には古物商の許可は不要です。

ですが、転売ビジネスで成功したいのであれば、新品や不用品しか扱わない場合でも、古物商の許可はとっておくべきです。

なぜなら、古物を扱えることによって、転売ビジネスの幅が大きく広がるからです。

古物商の許可申請は、とても面倒で自分でやると、たくさんの時間がかかります。

簡単に効率よく許可を取りたいという方は、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士に依頼すれば、古物商許可が簡単に取れるだけでなく、古物ビジネスに関して専門家のアドバイスがもらえるのでとってもお得です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。