中古車販売を始める上での必要条件や資格

この記事は専門家が監修しています

中古車販売を行いたいが、どんな条件や資格が求められるのかわからない。

という方のために、今回は、中古車販売を始める上での必要条件や資格についてわかりやすくまとめていきます。

中古車販売を始めることを決意した人はもちろん、少し興味がある、という方もぜひ参考にしてください。

中古車販売を始める上での大前提

まず、中古車屋をスタートするにあたって、必ず”古物商許可”を取得しなければなりません。中古車を輸出販売する場合でも、同様にこの古物商許可が必要となってきます。

古物商許可とは、古物をビジネスとして売買し、継続的な利益を得る場合に必要となる許可のことを指します。

古物の品目としては美術品類や衣類、自動車類など、全13品目あり、
許可申請の際には、13品目の中で自身が取り扱う古物がどの品目にあたるのか、ということを届け出て許可を得なければなりません。

そして重要なのは、
どの品目の古物を取り扱うかによって、許可のとりやすさ準備しなければいけないこと持つべき知識も異なってくる、ということです。
中古車を扱う古物商は『自動車商』と呼ばれるのですが、正直にいうと、許可を取るまでのチェックが厳しい傾向のある品目であり、また準備しなければならいことや気をつけなければいけないことも多い種類です。

ではなぜチェックが厳しいのでしょうか。
また、自動車商になるにあたって準備しなければいけないこと、考えなくてはいけないこと、持つべき知識は一体何なのでしょうか。

そんな疑問についてこの記事では細かく分けて、説明していきます。

なぜ自動車商はチェックが厳しいのか

これは、古物商許可が設けられるようになった理由に関係していると考えられます。

古物商許可はそもそも、”盗品の流通を防ぐ”、”盗品が出回ったとき、出どころを明確にする”といった目的のもと設けられた制度です。

ですから、自動車のように扱う金額が高額で、かつ盗難の被害も多い分野となると
それを扱う自動車商の許可審査も厳しくなってくる、ということなのです。

もう少し具体的にいうと、
古物商の許可申請を行う際、窓口となる営業所を管轄している警察署からのヒアリングや書類のチェックが他より慎重に行われる、ということです。

ヒアリングされる内容としては、

  • 盗難車を見分ける能力があるかどうか。
  • 過去に中古車売買に関わった経験があるかどうか。
  • 中古車の保管場所はしっかりとあるか。(賃貸借契約書の有無)

の大きく3つです。

質問のされ方は対応する警察署や職員の考え方によって変わってくるかと思いますが、
つまるところ、許可申請の窓口となる警察署が知りたいのは、

この人に中古車販売をさせて、盗難車を流通させたりしないだろうか。

盗難されやすい場所に中古車を保管したりしないだろうか。

中古車販売において信頼できる経験があるかどうか。

ということなのです。

自動車商をやる上での注意点

自動車商プレート

敷居が高い?中古車の仕入れ

自動車商をやる上で、まず考えなければならないことは、
どのように中古車を仕入れるか、ということです。

というのも、中古車を取り扱うオークションや古物市場に参加する場合には、古物商許可を取得してから一定年数以上の取引経験や、一定数の駐車場契約台数が必要であったり、さらには法人のみ参加ができるオークションや市場があるケースが多いからです

法人のみが参加できるオークションや市場が多いという点から、自動車商を始めるときは法人を設立するケースが多いのが特徴です。
そうした場合、法人として古物商許可を取る必要があるので注意しましょう。

また、個人で取得した古物商許可を法人に引き継ぐことはできません。
たとえ、古物商許可を取得している個人が、法人の社長となる場合であっても、新しく許可を取得する必要があるのです。

中古車販売を個人ではじめるか、法人で始めるかは将来も含めて検討されることをおすすめいたします。

中古車を安全に保管できる証明

次に、中古車を無事仕入れたあとのお話ですが、これを安全に保管する場所の確保が必要になってきます。

ちゃんと保管できる場所がないと、窃盗団に狙われて犯罪に利用されてしまう可能性がありますから。

駐車場の確保や賃貸借契約書の証明が自動車商を許可してもらうための必須条件にもなりますから、しっかりと考えてくださいね。

ちなみに、自動車を直接取り扱わない自動車商というものもあります。

タイヤやホイール、マフラーなど部品のみを取り扱う部品専門の自動車商です。

この場合、実際に車を扱うときよりも狭いスペースでも申請許可が通る可能性があります。

もし、自動車を直接取り扱うのは厳しい、と考えている方は、部品専門に自動車商をやることもできるということも頭に入れて、検討すると良いかと思います。

中古車販売を営む上で合わせて取得したい資格

古物商(自動車商)許可と合わせて取得しておくと非常に便利な資格は3つあります。

自動車解体業許可

1つ目は、自動車解体業許可です。
自動車を解体してスクラップにする事ができるもので、営業所所在地のある都道府県知事または保健所設置市の市長の許可が必要となります。

5年毎に更新する必要があり、許可申請なので1つ目の”登録”よりも少し手間がかかります。
しかし、この許可を持っていることで、他業者に解体を委託する必要がなくなるので、コスト削減をすることができます。

自動車引取業登録

2つ目は、自動車引取業登録です。 
あらかじめ都道府県に事業者として登録しておくことで、廃車となる自動車を引き取ることができるようになります。

この登録のメリットは、
1つ目の解体業の許可と同時に取得していることによって、引き取った廃車から部品だけを取り出し販売できる点にあります。

自動車自体は販売することはできなくても、部品でも十分取引できることが多いです。

また、お客さんからしても廃車を引き取ってもらえるのは嬉しいことですから、合わせて登録することをおすすめします。

フロン回収業許可

3つ目は、フロン回収業の許可です。
自動車からフロン類を引き取ってリサイクルを行うことのできるもので、営業所所在地のある都道府県知事の許可が必要となります。

こちらも2つ目の自動車解体業許可と同様、コスト削減に繋げることができるので、取得すると良いと思います。

新車を販売する場合と中古車を販売をする場合での必要資格の違い

最後に参考までに、新車を販売する場合と中古車を販売する場合の必要資格の違いについてまとめます。

新車販売では、特に資格は必要ありません。
しかし、新車はメーカーから直接ではなく、ディーラーから仕入れる必要があるので、仕入先の確保が不可欠となります。

対して中古車販売には古物商許可が必要になります。

いかがでしたか?

中古車販売を決意した方、または興味を持っていた方の疑問を少しでも解消できていれば嬉しいです。

少し面倒な手続きの多い自動車商ですが、扱う値段が高額な分、大きな利益も見込めます。

面倒なことが嫌だ、と思う方は代行業者の方に頼めば、全部やってくれます。ぜひ一度相談してみてください。

PR 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)


スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)