【古物商免許】かんたん・確実な取得方法を解説

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

中古品の売買をするには原則として、古物商の免許が必要です。

古物商の免許は、警察署で申請をするのですが、その手続はとても複雑で自分でやろうとするとかなりの負担になります。

ですが、その古物商の免許をかんたん・確実に取得する方法があります。

それは、古物商免許を専門に取り扱っている行政書士に代行を依頼することです。

行政書士に代行を依頼することで、なぜかんたん・確実に古物商の許可を取得できるのか、説明したいと思います。

行政書士に依頼するとなぜかんたん・確実なのか

古物商免許の取得はとても複雑で面倒なものです。

自分で申請しようとすると、申請書や必要書類などにミスが多発します

ですが、行政書士に依頼することで、ミスなく効率よく古物商の免許を取得することができます。

その理由について説明します。

ミスなく確実に取得できる

行政書士に古物商免許の取得を依頼した場合、ミスなく確実に免許を取得することができます。

なぜなら、行政書士は官公署に提出する書類作成のスペシャリストだからです。

古物商の免許取得には、申請書の他にも様々な書類が必要です。

必要書類の中には「略歴書」や「登記されていないことの証明書」といった一般人にあまり馴染みのない書類がたくさんあります。

それだけでなく、申請書のフォーマットや必要な添付書類が、申請する都道府県によって違うというケースもあります。

このように、古物商の免許申請は一般人にとってはとても複雑でわかりにくいものになっています

そのため、古物商の免許を自分で申請しようとした場合には、必ずといっていいほどミスが多発します

申請書や必要書類に不備があると、免許の申請は受け付けてもらえず、申請はやり直しとなってしまいます。

やり直しで済めばまだいいのですが、場合によっては、古物営業法違反として罰則が適用されてしまうケースもあります。

せっかく古物のビジネスで利益が出たとしても、処罰されてしまっては元も子もありません。

ですが、専門の行政書士に依頼することで、ミスなく確実・安全に古物商の免許を取得することができます

行政書士に依頼すると無駄な時間がかからない

古物商の免許取得を古物商に依頼した場合、最短で免許を取得することができます。

なぜなら、行政書士がミスなく確実に免許申請の手続きをしてくれるからです。

古物商免許の申請にミスがあると、申請は受け付けられずやり直しとなってしまいます

古物商の免許申請を自分でやった場合、一度で申請が受理されるということはほぼありません

自分で申請した場合、平均で5~6回は申請をやり直すことになります。

申請がやり直しになると、その度に申請書を作り直したり必要書類を集め直さなければなりません。

また、管轄の警察署に担当者がいないなどの理由で手続きが全然進まないということもあります。

さらに、古物商免許の申請に必要な書類は、住民票など平日にしか取得できないものばかりです

そのため、サラリーマンが自分で必要書類を集めようと思うと、会社を休まなければなりません。

このように、自分で申請をしようとすると膨大な時間を無駄にしてしまう可能性があります。

ですが、専門の行政書士に依頼すると、ミスなく申請手続きを進めてくれて、さらに必要な書類もすべて集めてくれます。

行政書士に依頼した場合、あなたは印鑑だけ押してあとは免許が取得できるのをまっているだけでいいのです。

もし、古物ビジネスを本気で考えているのであれば、申請手続きに無駄な時間を使わず、ビジネスの準備に集中すべきです。

無駄なストレスがかからない

申請に不備があった場合のやり直しというのは、時間を無駄にするだけでなく、精神的にもかなりのストレスになります。

中には、あまりのストレスで、古物ビジネスそのものを諦めてしまった人もいるぐらいです。

行政書士に依頼することで、こうしたストレスなく、効率的に古物商の免許を取得することが可能です。

行政書士に対する報酬について

行政書士に古物商の免許取得を依頼した場合、行政書士に支払う報酬が必要になります。

相場では、平均して4万円前後とされています。

決して安くない金額ですが、自分で申請した場合に無駄になるたくさんの時間や、精神的ストレスのことを考えるとそれ以上の価値があるといえます。

自分で申請した場合、行政書士に対する報酬は不要ですが、全くの無料で免許が取得できるわけでありません

古物商の免許取得に必要な手数料として19000円と、その他にも必要書類の発行手数料が必要となるため注意が必要です。

自分で免許申請するとどうなる?

古物商の免許を申請するために特別な資格は必要ありません。

ですから、免許の申請は自分一人で行うことも可能です。

ですが、もしあなたが古物商の免許をかんたん・確実に取得したいのであれば、行政書士に依頼すべきです。

なぜなら、自分で申請すると、

  • 何度も申請のやり直しになってしまい膨大な時間を無駄にしてしまう
  • 不慣れな申請による精神的ストレス
  • 最悪の場合は罰則が適用されてしまうというリスク

など、多くのデメリットが発生する可能性があるからです。

自分で申請した場合、行政書士に支払う報酬がタダになるというメリットがあります。

ですが、デメリットの大きさと比べると、行政書士に依頼する方が絶対お得だといえます。

自分で申請して法律違反になってしまうケース

古物商免許の取得はとても複雑で、自分で手続きをした場合、なかなか受理されません。

そのため、古物商の免許を取得しないまま中古品の売買を始めてしまったり、ウソの情報で申請して無理やり免許を取得してしまうケースもあります。

しかし、無許可営業や虚偽申請によって免許を取得した場合などは、古物営業法違反(3年以下の懲役、100万円以下の罰金)となり、逮捕される可能性があるため注意が必要です。

実際に、最近でも古物商の許可なくコンサートチケットの転売を繰り返した人が逮捕されてニュースなどで話題になりました。

中古品を売買して儲けようと考えるのであれば、古物商の免許は必ず取得しなければなりません

依頼は古物商免許を専門に取り扱う行政書士にすべき

あなたが、かんたん・確実に古物商免許を取得したいのであれば、古物商免許を専門としている行政書士に依頼すべきです。

行政書士は建設業や運送業などを始める場合の許可や免許申請さらに法人設立手続き代行など、ビジネスをスタートさせる際の官公署への手続きのスペシャリストです。

ですが、行政書士の業務の範囲は広く、他の分野の行政書士では、古物商免許の取得について、十分な対応ができない可能性があります。

ですから、もし古物商の免許取得を依頼するとしたら、古物免許を専門として扱っている行政書士がベストです。

もし、古物商免許専門の行政書士かどうかわからない場合は、手軽にネット上で相談できるサイトを用意している行政書士もいるので一度相談することをおすすめします。

【古物商免許】かんたん・確実な取得方法を解説 まとめ

もし、あなたが古物商の免許をかんたん・確実に取得したいのであれば、行政書士に依頼するべきです。

なぜなら、古物商免許の取得申請は複雑で、自分で申請しようとした場合、ミスが多発してたくさんの時間を無駄にするはめになるからです。

行政書士に依頼すると、ミスなく最短で古物商の免許を取得することができます

注意するのは、古物商免許の取得を専門に扱っている行政書士に依頼することです。

古物商免許を専門に扱っているかどうかは、行政書士のホームページなどで確認することができます。

気になる方は、一度チェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)