ホームページがないと古物商許可を取れない?

この記事は専門家が監修しています

古物商許可の申請書には、URLを記載するスペースがあります。

そのため、

古物商許可を取得するためには、ホームページが必要なのかな?

と考えた方もいると思います。

ですが、安心してください。

ホームページが無くても古物商許可の取得は可能です。

ホームページを利用しない場合、申請書はURLの登録なしで提出すればいいのです。

今回は、ホームページと古物商許可の関係について説明をします。

ホームページがなくても古物商許可は取得できます

古物商許可を取得する場合に、ホームページは必須ではありません。

古物商許可の申請書には、URLを記載する箇所があります。

ですが、ホームページを持っていないからといって、古物商許可が取得できないなんてことはありません。

「ホームページを持っていない」「今後、ホームページを使って古物の売買をする予定はない」といった方は、URLの登録なしで申請をすればよいのです。

古物商許可は、他の許可と比べて申請の要件は緩い資格です。

ホームページを持っていないと許可が取れない、又は、許可が下りにくくなるなんてことはありませんのでご安心ください。

URLの届出は継続的に古物をインターネットで販売する場合に必要

ホームページがなくても古物商許可の取得は可能です。

申請書にURLを記載する箇所がありますが、ホームページを利用しない方は、登録なしで提出すれば大丈夫です。

では、どういった場合に、URLの登録が必要になるのでしょうか?

それは、

継続的にホームページ上で古物の売買を行う場合

です。

例えば、販売サイトを作って、そこで古物の取引を頻繁に行う場合などです。

逆に、

  • 一度だけヤフオクで古物を販売する
  • 年に数回だけメルカリで古物を仕入れる

などの単発的な取引の場合「継続的」とはいえないので、URLの登録は不要です。

また、会社として古物商許可を取得する際に、会社案内や事業内容などをホームページで紹介している場合も、ホームページ上で古物取引をしていないので、URLの登録は不要です。

ホームページを持っているからといって必ずしもURLの登録が必要というわけではないので、注意しましょう。

メルカリやラクマはURL登録不要

URLの登録は、ホームページ上で古物売買をする場合にのみ必要です。

では、

メルカリやラクマを利用する場合はどうなるんだろう?

と考えた方もいるかと思います。

スマホの普及によって急速に利用者を増やしているフリマアプリ「メルカリ」「ラクマ」。

この記事を読んでいる方の中にも、利用している方は多いのではないでしょうか。

結論から言ってしまうと「メルカリ」や「ラクマ」を利用して古物取引をする場合、URLの登録は必要ありません

なぜなら、メルカリやラクマのようなフリマアプリの場合、独自のURLが割り当てられず、登録自体ができないからです。

そのため、古物商許可を取ってメルカリやラクマを中心に古物売買をしようと考えている方の場合、申請書のURL登録は不要です。

ただし、URL登録が必要なネットサービスやアプリもあるので注意が必要です。

例えば、ヤフオクでストアとして登録した場合、自分用のURLが割り当てられます。

このストアを利用して継続的に古物取引をする場合には、URLの登録が必要なのです。

必要なURL登録をしないとどうなる?

ホームページ上で古物取引をする場合は、原則としてURLの登録が必要です。
もしも、ホームページ上で古物取引をするつもりだったのに、URL登録なしで申請書を提出した場合、どうなってしまうのでしょう。

その場合、虚偽の情報で許可を不正に取得したとして、古物営業法違反(20万円以下の罰金)で処罰される可能性があります。

また、URL登録なしで許可を取得した後に、ホームページ上で古物取引を続けた場合、古物商の営業停止命令や許可の取消処分が下される可能性もあります。

もし、ホームページ上で古物取引をする場合は、必ずURL登録を行いましょう

届出にはURLの使用権限に関する書類が必要

URLの届出をする場合、添付書類として「URLの使用権限を疎明する資料」が必要です。

あまり聞きなれない言葉だと思います。

要するに、URLが自分のものであることを証明するための書類が必要ということです。

この資料には、大きく分けて2つがあります。

プロバイダなどからもらった書面

書面の名前は、「開通通知」や「ユーザー証明書」など様々ですが、「登録者」「ドメイン」「プロバイダ名」の3つが確認できる書面であれば何でも大丈夫です。

ちなみに、ドメインというのは、インターネット上の住所のようなもので、URLの「http://〇〇〇.com」の〇の部分のことです。

注意が必要なのは、プロバイダが発行した書面でなければならないということです。

プロバイダとのメールのやり取りをプリントアウトしても、原則として認められません。

「WHOIS検索」の結果をプリントアウトしたもの

「WHOIS検索」というのは、誰がドメインの利用者なのかを無料で検索できるサービスです。

この「WHOIS検索」を利用して、ドメインの所有者が自分になっていれば、疎明資料として利用することが可能です。

検索結果をプリントアウトして、申請書類と一緒に提出しましょう。

ただし、ドメイン取得の際の設定で、「WHOIS検索」の表示がドメイン取得会社になっている場合があります。

この場合は、疎明資料として利用することはできません

ドメイン取得会社に連絡して、設定を解除し、自分の氏名が表示されるように変更してもらいましょう。

行政書士へ許可申請を依頼すればスムーズ&簡単

ホームページが無い場合でも、古物商許可の取得は可能です。

許可申請書には、URLの記載をする欄がありますが、ネットを使って古物売買をする予定がないのであれば、登録なしで申請しましょう。

ですが、ネットで取引の予定がある場合は、URLの登録が原則として必要です。

URLの登録については、これまでに説明したとおり、必要な場合とそうでない場合の判断がかなり難しいので注意が必要です。

間違った情報で申請した場合、許可が取り消されたり、罰則が科せられてしまう可能性もあります。

もし、あなたが安心して古物ビジネスをスタートさせたいのであれば、古物商許可の申請はプロに任せましょう。

プロというのは、古物商を専門的に扱っている行政書士のことをいいます。

行政書士に依頼すれば、あなたのビジネスモデルを聞いたうえで、URL登録が必要かどうかを判断してくれます。

その上、もし登録が必要であれば、申請に必要なURL関連の書類もすべて集めてくれます。

面倒な申請手続きはすべて任せっきりで、あなたはただ許可が下りるのを待っていればいいのです。

簡単かつスムースに許可を取りたいという方は、一度相談してみましょう。

ホームページがないと古物商許可を取れない? まとめ

ホームページがなくても古物商許可は取得できます。

申請書には、URLを記載する箇所がありますが、ホームページを持っていないのであれば、登録なしで申請すれば大丈夫です。

URLの登録は、「ホームページ上で継続的に古物の売買をする場合」に必要です。

単発的なヤフオクやメルカリの利用や、会社や個人のプロフィールのみを乗せたホームページについては、登録は不要です。

URL登録が必要かどうか悩んでいる場合は、専門家である行政書士に許可の代行を依頼するとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。