古物商の資格はどんな場合に必要か

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

古着やリサイクル品、中古品・USED品などのことを古物をいいます。

最近では、メルカリやヤフオクが普及したことで、誰でも簡単に古物の取引をすることができます。

ですが、こうした古物の取引をする場合は、原則として古物商の資格が必要です。

古物商の資格を取得せずに、古物取引を行った場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として処罰されてしまう可能性があるので注意が必要です。

それでは、具体的にどういう場合に、古物商の資格が必要とされるのか説明したいと思います。

資格が必要かどうかのポイント

古着や中古品・USED品、リサイクル品といった古物を取引する場合には、原則として古物商という資格が必要です

古物商の資格が必要かどうかの重要なポイントは古物の取引がビジネスとして行われているかどうかです

なぜ、ビジネスかどうかが重要なのでしょうか?

古物営業法という法律の目的は、流通する古物の中に盗品が混ざらないようにする、もし混ざった場合にはすぐに警察が発見できるようにすることにあります。

新品や無料の取引の中に、盗品が混ざり込む可能性というのはあまり考えられないですよね。

そのため、継続的に利益を出すというビジネス目的の場合に、古物商の許可が必要とされているのです。

古物営業法では、無許可の古物取引にかなり重い罰則(3年以下の懲役、100万円以下の罰金)を課しています

せっかく古物取引で利益が出ても、懲役や罰金になってしまったら意味がありません。

安全に古物取引をするためには、古物商の資格を必ず取得しましょう

自分の取引について古物商の資格が必要かどうかの判断が難しい場合は、警察署や専門家に相談するべきです。

古物商の資格が必要なケース

古物取引をビジネスとして行う場合には、古物商の資格が必要です。

具体的に古物商の資格が必要とされる取引は、

  • 中古品をヤフオクで仕入れメルカリで販売し差額で利益を得る
  • 儲けるために中古ゲームソフトを買ってeBayで外国人に売る
  • 転売する目的で友達のゲーム機を買受ける
  • 中古のパソコンなどを買受けてレンタルして利益を出す
  • 中古の自転車を買受けて自分で修理して金額を上乗せして転売
  • 友達の古着を自分で転売して、手数料を貰う
  • 転売する目的で友達のゲーム機と自分のゲーム機を交換する
  • カードゲームのカードを転売目的でメルカリで買受ける
  • ヤフオクで転売する目的でブックオフで古本を買受ける(せどり)
  • 逆にブックオフで転売するため、地方の古本屋で古本を買受ける

などです。

上記のケースでは、どれもビジネスとして古物(中古品)の取引をしているため、古物商の資格が必要です。

注意が必要なのは、メルカリやヤフオクなどネット取引であっても古物商の資格は必要ということです。

古物商というと、質屋やリサイクルショップなど実店舗の取引をイメージしてしまい、ネット取引では古物商の資格はいらないと勘違いしている方が多いようです。

ネットであれ実店舗であれ、取引の対象が古物であり、ビジネス目的の取引には、必ず古物商の資格が必要です

古物商の資格が不要なケース

古物商の資格がいるかどうかは、ビジネスとして古物の取引を行っているかどうかで判断します。

ですから、以下のケースでは古物商の資格は不要となります。

  • 自分の使っていた自転車がいらなくなったので、他人へ売った
  • 友人から無料でもらったゲーム機がいらなくなったので売った
  • ゲームセンターでレア景品を取って売った
  • 家族の自動車を知り合いに無料で譲った
  • 自分のパソコンを友達に無料で貸した
  • パソコンのジャンク品を購入して修理して自分で使用している

これらの取引には、買受け(仕入れ)行為がなく、ビジネス目的とはいえないため、古物商の資格は不要です。

その他にも取引している物品が「古物」にあたらない場合は古物商の資格は不要です。

例えば、

  • ネットで新品の家電のみを購入して転売して利益を出している
  • 新品で購入したパソコンをレンタルして利益を出している

などです。

また、古物営業法は日本で行われている古物取引を対象としています。

そのため、

  • 海外で直接買い付けした中古家具を日本で販売して利益を出している

という場合には古物商の資格は不要です。

ただし、古物商の資格が不要となるのは、あくまで海外で直接買い付けをした場合のみです。

間に輸入業者などが入っている場合には、古物商の資格が必要となるため注意が必要です。

また、日本国内で買い入れた古物を海外で販売する場合も、古物取引が日本で行われているため、古物商許可が必要です。
 
古物商の資格が必要かどうか、判断が難しいケースもたくさんあるので、自分で勝手に判断しないで、気になる場合は専門家に相談しましょう。

無資格で古物の売買をすると重い罰則がある

古物営業法は、古物の取引に対して規制をしていて、違反者に対してはさまざまな罰則を課しています。

中でも、無資格での古物取引に対しては、最も重い罰則3年以下の懲役、又は、100万円以下の罰金)が課せられます。

刑法の暴行罪が「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」であることと比べると、無資格の古物取引に対する罰則はかなり重いといえます。

また、無資格で古物取引を行った場合、以後、5年間は古物商の許可の取得ができなくなる可能性もあります。

スマホが普及した影響で、メルカリやヤフオクなどのサービスを使って誰でも簡単に古物取引で利益を出すことが可能になっています。

ですが、いくら利益が出たとしても懲役や罰金など、処罰されてしまったら意味がありません。

古物商の許可が必要なケースであるにもかかわらず、自分で勝手に判断して無資格で取引をしている方がたくさんいます。

取り返しがつかないことになる前に、専門家に相談しましょう。

古物商の資格を取得しよう

古物の取引をビジネスとして行うためには、古物商の資格が必要であり、無資格での取引は処罰の対象となっています。

これから、古物ビジネスを検討しているという方は、安心して取引するために、あらかじめ古物商の資格を取得しましょう。

古物商の資格は、欠格要件に該当しなければ取得することができ、欠格要件にあたるかどうかは行政書士などの専門家に相談すればすぐに調査してくれます

しかも更新などもなく一度取得してしまえば一生有効な資格です。

実際、ヤフオクやメルカリなどのサービスが普及した影響で、古物商の許可を取得する方は、どんどん増えています

ですが、古物商の資格を取得するためには、管轄の警察署に申請書を提出しなければなりません。

申請書は書き方が複雑で、必要書類も多く、申請手続きは時間がかかるうえに、かなり面倒です。

早く確実に古物商の許可を取得したいのであれば、自分で申請するのではなく、古物商を専門に扱っている代行業者に依頼しましょう

ちなみに、代行業者に依頼した場合、報酬としてだいたい4万円前後が必要とされています。

決して安い金額とはいえませんが、自分で申請した場合にかかる時間や労力を考えると、それ以上の価値があるといえます。

ネットで気軽に相談できるサイトもたくさんあるようなので、古物商の資格について気になっている方は一度相談してみるとよいでしょう。

古物商の資格はどんな場合に必要か まとめ

古物商の資格は古物取引をビジネスとして行っている場合に必要です。

ですが、実際の取引には、古物商の資格が必要とされるかどうか判断が難しいケースもたくさんあります。

もしも、古物商の資格なく取引をした場合、古物営業法違反3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として処罰される可能性があるため注意が必要です。

古物商の資格は一度取得してしまえば生涯有効なうえに、更新の必要などもありません。

安心して古物取引をするためには、古物商の資格をとるべきです

ただ、申請手続きは一般人がやると面倒でかなり時間がかかってしまうおそれがありますので、専門の代行業者に依頼することが、古物商の資格を取得するための近道です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)