【古物商許可申請】行商はする・しない、どっちにすればいいの?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

古物商の許可申請をご自身で行っている方、『行商する』をする・しない のどちらを選んだ方がいいか、迷っていませんか。

古物商許可申請書類は『行商する』に〇をつけて申請することを強くおすすめいたします。
◯をつけることにより「行商」が可能になり、これが古物商として必要になってくる仕入れルートや人脈作りなどの可能性を大きく広げてくれるのです。

では、具体的にどんなことができるのかを確認しに行きましょう。

行商ってどんなことができるの?

ざっくり言うと・・・行商の許可があると、営業所以外で古物の取り引きをすることができます。行商=攻めの営業スタイルです! 

主な行商の例

・デパートなどの催し会場で古物販売
⇨短期間のみの店舗で、古物を販売することができます。

例えば人が多く集まるデパートで骨董市を開くなんてことも可能となります。
しかし現状の法律では短期間であっても催し会場で古物を買い取ることはできませんので注意しましょう。

・古物市場で古物の仕入れ
⇨古物市場は業者同士で古物の取引きができる優良マーケットです。

しかし『行商する』で古物商許可を取得しなければ参加する権利はありません。
つまり、古物市場に参加するためには、古物商の許可を『行商する』で申請をしていることが必須なのです。

・中古自動車を訪問販売
⇨自社で扱っている中古車のセールスのために、お客様の自宅に出向くことができます。(ガリバーなど)

毎日、お客様が溢れるほど店舗に来てくれていれば別ですが、お得意様を確保するためには『行商』という攻めの営業も必要ではないでしょうか?

・中古バイクの買い取り
⇨お客様が売りたいバイクを査定して買い取るために、お客さん宅に出向くことができます。(バイク王など)

バイクの出張買い取りは常識になりつつあるので、行商は必須です。 

・中古のブランド品を訪問販売
⇨お客様宅で不用になった高級ブランド品を査定して預かることができます。

預かった品の販売を代行をして、売れたら商品価格の6~7割をお客様(委託者)に支払います。

・フリーマーケットで古物を販売
⇨利益を出す転売を目的として、フリーマーケットで古物を販売することができます。

ただし、フリーマーケットでは、古物商以外の出店者から転売目的で買い取ることはできません。(転売目的ではなく自分で利用するために買うことは行商にあたらないので、問題ありません)

『行商する』にマルをつけないと・・・

2018年に古物営業法が改正され、届出をすれば仮設店舗での古物の買受けが可能になりました。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

たとえ古物商の許可を取得しても、『行商する』で許可申請をしていなかった場合には、営業所以外では古物取引ができません。そうすると、不便なことが色々起こります。

リサイクルショップの起業を例に挙げて考えてみましょう。

個人からの買い取りの限界

店舗で一般のお客様から買取をすることはできますが、それだけだと日によって買取希望者の人数にも品物の種類にもバラつきがでてしまいます。すると、商品の在庫が少なくなってしまったり、欲しい商品が手に入らないといったことも起こります。常に大量の人が買い取りにやってくるブックオフのような超大手以外は、品揃えに苦労してしまいます。

古物市場での仕入れができない

卸売業者や引っ越し業者などの営業所(倉庫など)へ、出向いて仕入れることができません。何より手痛いのが、最強の仕入先と言われる古物市場での仕入れができないことです。

また、古物市場では仕入れ以外に在庫を売ることもできますが、こちらも行商の許可を持つ古物商のみしか利用できません。商品陳列に使えるスペースには限りがあります。そのため、売れない商品は早めに処分しなくてはいけません。在庫を調整できるルートは確保しておくべきでしょう。

古物市場はなぜ最強の仕入先と言われているの?
古物市場は取引相手が在庫を処分したい古物商なので、安い値段で大量に仕入れができるからです。また、定期的に開催されるため、安定した仕入れルートとしても重宝します。

関連記事 【古物商 最強の仕入れ場所】古物市場に参加する方法

その結果・・・経営の危機に

行商ができないことで、上のような不便が生じてしまいます。

ご自身がリサイクルショップに買い物に行った際に、商品が少なく棚のスペースが余っているお店や売れ筋ではない商品で溢れかえっているお店で、買う気が起こるでしょうか?

豊富なバリエーションの品揃えは、購買意欲を刺激します。そのためには、安く大量に魅力的な商品を仕入れることが一番重要です。そのためにも、古物市場を含めた、自身の営業所から出向いて買い付けをする、つまり行商の許可を持っていることが大切なのです。

行商なしで古物商許可を取得してしまった場合にはどうすればいいの?

変更申請と古物許可証の書換えを申請をすれば、『行商なし』から『行商あり』へ変更が可能です。

変更届出書・書換申請書(両方で1枚)の申請の仕方

届出先の窓口

許可証の交付を受けた警察署の防犯係が窓口です。許可取得後に営業所を移転して届出をしている場合は、届出後の営業所の所在地を管轄する警察署に提出する必要があるので気をつけましょう。

申請・届出期間

変更があった日から14日以内

申請・届出時間

平日の午前8時30分から午後5時15分まで

書換申請は、許可証の書換えや会計窓口での申請手数料納入などの手続がありますので、時間に余裕を持って警察署へ行きましょう。

手数料

一通1,500円必要になります。申請時に警察署会計係窓口で納入しましょう。

必要書類

他に変更したい項目がない場合は、変更届出書・書換申請書1枚のみを記入、添付書類も不要です。ただし、記入したものは2枚必要、そのうち1枚はコピーでも大丈夫です。
特に記入が難しい書類ではありませんが、忙しい方の場合には代行業者へ依頼することも可能です。

変更届出の方法を詳しく解説した記事もありますので、あわせてご覧ください。

行商する際の注意点

よし!無事に変更手続きが終了したよ!
これで行商することができるね!

変更手続きが無事終了したら、いよいよ行商することができます。行商を始めるにあたって、2つの重要な注意点があります。一緒に確認していきましょう。

古物の買い取りができる場所

古物を買い取る場合(仕入れ)には『自身の営業所、もしくは販売相手の自宅(営業所)』でしか買い取ることはできません。

ただし古物商同士の取引においてはお互いがプロですから、上記の場所でなくても自由に取引きをすることが可能です。
そのため、古物市場でも売り買いができますし、コンビニの駐車場などで取引をするケースもあります。

つまり古物商同士であればいつでもどこでも売り買いができるってことだね

古物商許可証もしくは行商従業員証の携帯義務

古物商の許可を取った本人の場合には『古物商許可証』を、また本人ではなく従業員の場合は、許可証の代わりに『行商従事者証』を、行商に持参する必要があります。行商の際に取引相手から求めらた場合は、「許可証」あるいは「行商従業者証」を提示しなければいけません。

また古物市場では、古物商許可証と行商従業員証いずれかを受付で提示することが求められます。

おわりに

古物商を営むためには、行商はとても大切な活動です。これから古物商許可を取得しようとしている方、行商なしから有りへ変更を検討されている方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

現在、スマートフォンの普及により、メルカリやヤフーオークションなど個人間で中古品を売り買いできるウェブサービスが急成長しています。ですが一方で、出品や発送の手間、偽物のリスク、個人間のトラブルなどを避けたいニーズも確実に増えています。

そのため、古物商が間に入って鑑定と販売をするなど、個人側にも事業者側にもリスクが少ない委託販売の手法を採用した通販サイトが相次いで立ち上がっています。古物商で新たなビジネスチャンスを掴むためにも、行商という手段を上手に活用していきましょう

古物商許可専門のトラスト行政書士事務所に依頼すれば、古物商許可の取得がネットで完結できます。
相談は無料ですので、気軽に連絡できますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。