代行して古物を買う場合は古物商許可が必要ですか?

この記事は専門家が監修しています

代行して古物を買う場合には古物商許可が必要です。

例えば、『知らない人に頼まれて、古物を買ってきて手数料をもらう』ビジネスにおいては古物商許可を取得する必要があります。

また、頼まれて古物を買う以外にも、頼まれて古物を売るビジネスや、交換をする場合にも古物商許可が必要となるのです。

それでは、『古物商許可が必要となる理由』や、『古物を代行して買う場合の具体例』、などを一緒に確認していきましょう。

代行して中古品(古物)を買う場合に古物商許可が必要となる理由!?

代行して古物を買う場合には、古物商許可が必要です。

そして、必要となる理由は、古物商許可制度の目的を考えるとわかってきます。

古物業者を許可制度とした目的

古物業者を許可制とした理由は、『盗品類の流通を防止し犯罪組織の繁栄を防ぐこと』が目的です。

つまり、『古物の取引は、常に盗品が紛れ込む可能性のある取引なのです

そして、代行業者が依頼者の代わりに古物を買う場合であっても、盗品を買ってしまうリスクは常につきまといます。

その為、『他人から依頼を受けて、古物を買う場合にも古物商許可を取得している必要があるのです

また、古物商許可を得ている業者においては、万が一盗難品が流通した場合に備えて
取引した相手の身元を確認し、さらに台帳には取引記録をつけているのです。

つまり、犯罪に利用される恐れがある古物取引をする場合には古物商許可が必要となってくるのです。

一方で、代行を依頼する側においては、古物商許可は不要となりますので混同しないように注意しましょう。

古物を代行業者へ依頼して買う場合とは?

代行して古物を買う取引は、一体どのような取引なのでしょうか?

そして、代行を依頼する側のメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

代行業者を活用して中古自動車を買うケース

今乗っている車が壊れてしまって、別の車を買い替えようと考えているんだけど新車は高くてなかなか手に入らないな。本当に困ったよ

それは大変ね、どんな車が欲しいか決まっているの?

うん!欲しい車は決まってるよ。アウトドアが趣味だから、キャンプの道具が入って、四駆がいいなあ。 あとは、5人家族だから5人以上は乗れて荷物が詰めるワンボックスカーがいいな。

そうね、休日は家族でキャンプに出掛けることができる車があったら理想ね。予算はどのくらいで探しているの?

予算は50万円ぐらいで探しているよ。
 
当然新車では買うことができなかったから中古車ショップを回ってみたんだけれども、なかなか予算に見合う車が見つからなくて・・。

家族でキャンプに出掛ける夢はあきらめるしかないのかなぁ。

中古車ショップでは見つからなかったのね。オークション等は探してみた?

オークション?。ヤフオクとかの? 予算が少ないからといってさすがに・・・、ヤフオクは不安だなぁ。

そうね、車の知識が少ない場合や、取引に慣れていない場合はヤフオクで高額商品を買うのも不安よね。

でも中古車専門のオークション代行業者があるのは知っている?

中古車専門のオークション代行業者? 私の代わりに車を探して買ってきてくれるの?

そうよ、あなたが欲しい自動車の情報を伝えると、代行業者があなたの代わりに中古自動車を探してくれるサービスのことよ。

そんなサービスがあるの? 知らなかった。

そうね、普通なら新車ディーラーや中古車販売店から車を買うケースが多いからね。知らない人も多くいると思うわ。 でも、あまり市場に出ていない車種であったり予算が決まっていた場合などには代行業者へ依頼するメリットも高いと思うわよ

そうだね、もしかしたら憧れの車でキャンプができるかも!

うん。夢がかなうかもしれないわね。 買い取りを代行してくれる業者は、古物商許可を取得していて、中古車販売店が仕入れを行うようなカーオークション会場で車を探してくれるわ。 

また古物商許可を取得していないと、そもそも、カーオークション会場に入ることができないの。 

そういう意味では、私たちが普段買えない中古車や見たことがない価格での中古車があるかもしれないのよ。

でも、当然あなたの代わりに車を探して買ってくれるのだからお礼として、手数料は必要にはなってくるわ。 

それでも通常は代行業者がオークションで落札した価格に上乗せすることはないから原価での購入+手数料で車が手に入るのがメリットね。

中古車専門のオークションかあ、運がよければ本当に車が手に入るかも! 私も中古車のオークション取引を見てみたいな

そうね、オークションは迫力があるから、車が好きな方なら見ていて楽しいと思うわよ。 でも、まずは古物商許可を取得しなきゃね。

古物商許可かあ。なんだか取るの難しそう。

そんなことはないわよ。あなたでも取れる可能性は十分あるわ。 また許可取得を代行してくれる業者なんかもいるから活用するのも方法よ。

うん。いろいろ調べてみる価値がありそうだね。ありがとう

古物商許可を取得していないと参加できない取引市場

古物商の許可を取得している者だけが参加できる、プロの中古取引市場があります。

その市場は、古物市場』と呼ばれており、全国に約1500箇所の市場が開設されております。

そして、リサイクルショップや中古車販売店で売られている商品の多くは古物市場で仕入れが行われています。

しかし、『古物市場は古物商許可を取得した業者間同士の取引市場であるため、一般の方は参加することはできません

そこで、『一般の方が古物市場で古物を買う場合には、古物商許可を取得している代行業者へ依頼をするしかないのです

また、代行業者へ依頼をすれば当然手数料を支払うこととなりますが、プロが買う卸価格で買うことが可能となる点は大きなメリットとなるでしょう。

ただし、中古品であるが故に買った商品に当たりはずれは少なからずあります。

また、ご自身の代わりに商品を探し、代行で買ってもらうので、信頼のおける業者選びが非常に大切となってきます。

そして、今の時代はインターネットを活用すればある程度は代行業者の評判が確認できる時代です。

代行業社を利用する場合はしっかりと事前に調査することをおすすめ致します。

代行して古物を売る場合にも古物商許可は必要?

他人から依頼を受けて古物の売買をする場合には古物商許可が必要です。

つまり、古物の売却を代行する場合にも古物商許可は必要となるのです。

必要となる理由は、古物を代行して買い受ける場合と同様に盗難品の流通を防止することが目的です。

古物の売却を代行する取引とは?

皆さんご自身の古物(中古品)を販売する場合には、『ヤフオク』、『メルカリ』などに出品したり、ブックオフなどの大手古物商へ買い取りを依頼するケースが大半だと思います。

おそらく、古本やゲームソフトなど単価の低いものであれば個人的に販売するのが手間もなく早く換金することができるでしょう。

しかし、自動車やブランドバッグ(時計)など高価な商品の場合には知識の有り無しで取引金額にも差が出やすいため、代行業者へ依頼するメリットも出てきます。

また代行業者の中には、ブランド鑑定士や宝石鑑定士などの有資格者が代行してくれる業者もあります。

ご自身にはない専門知識を生かして代行してくれる業者を選択するのも方法ではないでしょうか。

代行して古物を買う場合は古物商許可が必要ですか?まとめ

代行して古物を買う場合には古物商許可が必要です。

また、皆さんが代行して買う古物において、どんなに専門的な知識があったとしても古物商許可が必要なことに変わりはありません。

そして、代行して古物を買う場合以外にも、代行して売る場合など古物商許可が必要となるケースは多くあります。

古物の取引に関して許可が必要かどうかはご自身でしっかりと確認するとともに、必要な場合は必ず古物商許可を取得しましょう。

また古物を代行して買う業者がいるように、古物商許可の取得をサポートしてくれる代行業者もおります。

ご自身において許可が必要かどうか迷われたり、許可取得の方法が分からない場合は一度相談してみると良いでしょう。