買取業務と記載のリサイクルショップ求人、古物商許可を持ってなくても応募できる?

この記事は専門家が監修しています

リサイクルショップの求人に応募しようと思うんだけど…

いいじゃない。応募してみれば。

仕事内容に『買取業務』って書いてあるんだ。
僕は古物商許可を持ってないけど、応募できるのかな?

それは気にしなくて大丈夫。
古物商許可がなくても応募できるよ!

古物商許可を持っていなくても、リサイクルショップの求人に応募できる

リサイクルショップなどのように、中古品を買い取ったり、販売(転売)したりするには、古物商許可が必要です

リサイクルショップの求人情報はよくあって、アルバイトの募集であっても、仕事内容に『買取業務』などと書いてあることも多いです。

中古品を買い取るには古物商許可が必要なんでしょ。
じゃぁ、許可がないと求人に応募できないんじゃないの?

そんなことはないわ。

古物商許可がないと中古品の売買で商売ができないので、リサイクルショップは必ず古物商許可を持っています

実は、古物商許可が1つあれば、従業員全員が買い取り業務を行うことができるのです。

しかも、買い取りに限ったことではありません。

古物商の業務には…

  • 買い取り
  • 仕入れ
  • 行商
  • 古物台帳の記入

などなど、いろんな業務があります。

中には専門度の高そうな業務もありますが、それらの業務もすべて、リサイクルショップの持っている古物商許可1つで、どの従業員でも行うことができます

なので、リサイクルショップの求人に『買取業務』などと書かれていても、古物商許可を持っていない人が応募できないということはありません

そんなルールがあったんだね!

リサイクルショップが古物商許可を持っていれば、従業員が100人いようが1000人いようが、正社員でもアルバイトでも、みんな古物商の業務を行うことができます

全国規模の大手のリサイクルショップは、法人の古物商許可を取って営業している場合がほとんどだと思われます。

個人の古物商許可で営業している小規模のリサイクルショップでも、このルールは同じように通用します。

従業員はリサイクルショップの古物商許可にもとづいて業務を行う

リサイクルショップが古物商許可を持っていれば、許可を持っていない従業員でも、古物商の業務を行うことができます。

しかし、注意することがあります。

従業員が古物商の業務を行うときは、あくまで、リサイクルショップの持つ古物商許可にもとづいて業務を行うということになります。

なので、従業員が古物商の業務に関することでトラブルを起こした場合、その責任は古物商許可を持っている人(会社)が負うことになります。

だからって、従業員はやりたい放題でいいってことにはならないからね!

もちろん、トラブルの内容によっては従業員が全面的に責任をとることだって考えられます。

へたなことはできないな…

でも必要以上にビクビクすることはありません。

リサイクルショップに限らず、どんな職業でも常識を守って働いていれば大丈夫です。

古物商許可がなくても古物商のスキルは身につく

ブックオフなどの大手のリサイクルショップは、マニュアルがしっかりしています

なので、古物商許可を持っていない、古物商のことなんて何も知らない人でも、マニュアルにそって仕事を覚えることができるようになっています。

個人規模のリサイクルショップでも、古物商許可を持っている雇い主がしっかり指導、監督すれば、従業員が古物商の業務を行うのも難しいことではありません

従業員が行商するときは行商従業者証を持ち歩く

古物商の業務の一つに、行商があります。

商品を売り歩くの?

一般的な行商の意味はそうなんだけど、古物商の行商はちょっと違うの。

古物商で言うところの行商には、いろいろな業務がふくまれます。

  • 出張買取
  • 仮設店舗(イベント会場など期間限定の店舗)での取引
  • 古物市場(古物商しか参加できない市場)での取引

上に挙げた、営業所(店舗)の外で行う中古品の取引を、すべてひっくるめて行商と呼びます。

従業員でも、リサイクルショップが持つ古物商許可にもとづいて、行商の業務を行うことができます。

ただ、従業員が行商の業務をする場合、必要なことがあります。

従業員が行商の業務をするときは、必ず行商従業者証を持ち歩くという決まりがあります。

行商従業者証とは、古物商許可証の代わりとなるようなものです。

リサイクルショップが持っている古物商許可の許可番号などの情報や、持ち歩く従業員の名前が書かれていて、従業員の顔写真が貼られています。

行商先のお客様に向けて、きちんと許可を取って営業していることを示すために、行商従業者証を持ち歩くの。

もし、従業員が行商従業者証を持たずに行商の業務を行うと、行商従業者証携帯義務違反という違反になり、10万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

古物市場は場所によっては、古物商許可を持っていない従業員が参加することができないところもあります。

古物市場ごとにルールが決められていて、参加資格を古物商の経験の長さで制限したり、資格がある人からの紹介がないと参加できないようなところもあります。

古物商許可を持っていると面接で有利?不利?

もし古物商許可を持っていたら、きっと面接で有利になるよね?

そうね。
でも、必ずしもそうとは限らないわよ。

リサイクルショップの求人に応募するとき、古物商許可を持っていれば、基本的には採用面接で有利にはたらくと思われます。

実際の取引の経験があれば、商品の目利きや、盗品の見きわめの上でも即戦力として重宝されるでしょう。

不利にはたらく点をしいて挙げるとすれば、応募先の店舗で管理者になれない可能性があることです。

古物商許可を申請するとき、必ず営業所(店舗)の管理者を決めます。

管理者とは、従業員を指導、監督したり、取引が正しく行われているかをチェックしたりする立場の人で、簡単に言えばリサイクルショップの店長さんです。

管理者は、古物商許可を申請する人がつとめることもできますし、別の人にやってもらうこともできます。

古物商許可を持っている人は、リサイクルショップにとって即戦力なだけでなく、将来の店長候補かもしれません。

ですが、管理者には、『別の営業所の管理者をかけもちしてはいけない』というルールがあります。

もし、リサイクルショップの求人に応募する人が、古物商許可を持っていて、営業所の管理者にもなっている場合、その人がいくら優秀でも、応募先のリサイクルショップの管理者になることはできないのです。

もし、そのような状況があって、どうしても応募先のリサイクルショップの管理者になりたい場合は…

  • 自分の営業所の管理者を別の人に変更する手続きをとる
  • 自分の持っている古物商許可を返納する

といったことを行うことになります。

なるほど~。
そういうデメリットも考えられるのかぁ。

買取業務と記載のリサイクルショップ求人、古物商許可を持ってなくても応募できる? まとめ

リサイクルショップの求人に、仕事内容として『買取業務』など、専門的な業務が書かれていることがありますが、古物商許可を持っていなくても応募することはできます

古物商許可を持っていなくても、勤め先のマニュアルにそって働けば、古物商のスキルを身につけることができるので、安心して応募しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。