新品を転売する場合も古物商許可が必要?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

最近は、メルカリやヤフオクを利用して個人間で不要になったものを売り買いをすることが当たり前になってきました。

ところが一方で、未開封のアニメやアイドルのグッズをネットに出品したら、古物商許可がない違法な転売で検挙されることもあります。

この違いは一体なんなのでしょうか。

今回は、ネットに限らず、新品を転売する場合も古物商の許可が必要かどうかについて、一緒に確認していきましょう。

新品を売るのにも古物商許可は必要?

最初に、ズバリ結論を言ってしまいます。
新品のみ販売をする場合には古物商許可は不要です。

例えば、新車の販売、新品の家電を販売する電気店、新品の携帯電話を販売する携帯ショップなどは、古物商の許可を取得する必要はありません。

新品と未使用品の違い

上で新品のみ販売をする場合には古物商許可は不要とお伝えしましたが、ひとつ注意点があります。

それは、未使用品であっても、一度でも取引されたことのある物は古物となるということです。

問屋から直接仕入れたアニメやアイドルグッズは新品ですが、グッズ売り場などで購入して未開封だったものは新古品という古物にあたり、売り買いには古物商の許可が必要です。

古物の取引すべてに古物商許可が必要?

転売して利益をだす目的で古物を扱うには、古物商許可が必要です。
逆に、自分が使っていて不要になったものを販売するには、古物商許可は必要ありません。

上で例にあげたアニメやアイドルグッズの場合は、

高値で売れることを見越して購入してネットに出品した
古物商許可が必要
自分がファンとして購入し不要になったのでネットに出品した
古物商許可は不要

となります。

古物商許可のない無許可営業の罰則
3年以下の懲役または100万円以下の罰金
一回だけで検挙されることはまれで、複数回にわたって定期的に利益を得ていた場合がほとんどです。

PR 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

利益をだす目的の転売だけ古物商許可が必要なのはどうして?

中古品(古物)の売買・交換は、盗品を換金する手段にされやすいことが理由です。

警察が盗品の流通経路を追えるように、古物商は許可制度になっています。

そして、古物商の取引は、台帳に詳細に記載して3年間は保存をしておく義務があります。

自分が使っていて不要になったものを販売する場合、盗品の可能性は少ないです。また、利益を出すために購入していないので転売にも当てはまらないので、古物商の許可が不要なのです。

少しややこしいので、以下に、古物商取引が必要な取引と必要ではない取引をまとめました。

古物商許可が必要な取引 

  • 古物を買い取って売る。
  • 古物を買い取って修理等して売る。
  • 古物を買い取って使える部品等を売る。
  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  • 古物を別の物と交換する。
  • 古物を買い取ってレンタルする。
  • 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
  • 上記の行為ををネット上で行う。

古物商許可が不要な取引

  • 自分の物を売る。(※ただし、転売を目的としない場合)
  • 自分の物をオークションサイトに出品する。(※ただし、転売を目的としない場合)
  • 無償でもらった物を売る。
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
  • 自分が海外で買ってきたものを売る。

新品販売と中古品販売の違いは何?

今回のタイトル『新品を売るのにも古物商許可は必要?』については、すでに記事冒頭で、新品のみ販売をする場合には古物商許可は不要と結論をお伝えしてしまいました。

ですが、せっかく『古物商の教科書』というサイトにお越しいただいたので、新品の販売にはない中古品販売の魅力をご紹介させてください。

新品販売と中古品販売の比較

新品販売と中古品販売それぞれの特徴、メリット・デメリットなどを調べてみました。中古品販売が盛んな2つの業種について具体的に比較検討しています。

今、あなたが取り扱っている商品や、検討しているビジネスモデルの参考になるものはないか、ぜひ確認してみてください。

その1 ブランド品

新品のみを扱うセレクトショップと中古ブランド品を専門に扱うリサイクルショップは、正規店ではないという共通点により、メリット・デメリットが似ています。

メリット
正規店より安く、複数のブランドを比較しながら提案できる

デメリット
「せっかく購入するなら正規店で新品を」という意識のブランド品ユーザーが多い

理由
正規店であれば何年経ってもお店にメンテナンスを依頼できる
ブランドの箱やショッピングバックに入れてくれる
高い買い物なので、確実に本物であるという保証がほしい

では、新品と中古品で異なっているメリット・デメリットについても確認してみましょう。

新品ブランドのみ扱うセレクトショップ

海外で買い付けてきた新品のブランド品を販売していることが多いです。海外で買ってきたものは、古物商の許可なく転売することが可能です。

参照:ブランド・ショップラブラブ 

メリット

  • 日本の正規店では販売していないデザインや既に取り扱わなくなったデザインを販売することができる
  • お客様のニーズに合わせた仕入れ(買い付け)をすることができる

デメリット

  • 仕入れをするのに、海外に買い付けにいく手間や交通費などコストがかかる
  • 新品にこだわりたい人は割高でも正規店で購入し、こだわらない人はリサイクルショップで中古品を購入してしまう傾向がある
中古ブランド品を専門に扱うリサイクルショップ

持ち込まれたブランド品を買い取って販売していることが多いです。中古品や新古品の買い付けをするため、古物商の許可が必要です。

参照:コメ兵

メリット

  • 新品の販売よりも利益率が高い
  • デットストックやヴィンテージは人気があり、新品より高値で販売できる場合もある

デメリット

  • 買い取りは売り手次第なので、商品の品揃えが安定しない
  • 中古ブランド品の買い取りや値付け、メンテナンスなどに知識や技術が必要

その2 パソコン

パソコンはモデルチェンジが頻繁にあり、ユーザーはなるべく新しい機種を好む、ということについては、新品のパソコンと中古のパソコンのどちらを販売する場合にも大きな課題となっています。

また、最近はいわば新古品に近い、リファービッシュ品が注目されています。

新品パソコンのみ扱うお店

パソコンの知識があり自分でカスタマイズする人や、お金がないのでとにかく費用を抑えたい人以外は新品を好むため、中古パソコンに比べて市場が圧倒的に大きいです。

メリット

  • 保証期間内であれば、修理やメンテナンスをメーカーが行ってくれるので安心
  • 多くの人が中古のパソコンより新品のパソコンを好む

デメリット

  • 利益率が低い
  • 最新機種が好まれるため、在庫を抱えるリスクが大きい
リサイクル専門のパソコンショップ

型落ちで状態の良いものは回転率が良いことが多いです。

ただし、一定の需要がある場所に出店して商品を入れ替えていかないと、利益が出なくなってしまうので要注意です。

メリット

  • 利益率が高い
  • ジャンク品として激安で売っているパソコンを購入し修理して販売すれば、差額を利益にすることができる
  • その場で現物を渡すことができる

デメリット

  • 保証期間内の対応など、パソコンの修理に関する知識や技術が必要
  • 新品より壊れやすいため、保証にコストがかかる
  • 知識がある人が買いに来ることが多いので、新品の販売より知識が必要

今、中古パソコンユーザーに注目されているリファービッシュ品とは

リファービッシュ品(メーカー再生品)とは、初期不良などでメーカーに返品された商品をメンテナンスして再出荷した商品のことです。 以前はパソコンが主でしたが、最近はタブレットやスマホ、デジカメ、ロボット掃除機などのリファービッシュ品も店頭に並ぶようになっています。

中古品ではありますが、メーカーでメンテナンスしているため、一般の中古品とは区別して販売されることが多いです「今までの中古品より安心して買える」と注目されています

一度は人手に渡った商品なので、多少の傷や使用感がある可能性もありますが、それを気にしないのであれば、かなりお得な品といえるでしょう

またお店側にとっても、完全な中古品より利益率は低いですが、メーカー保証をつけて販売できるので、故障の際のリスクを負うことがないお得な品と言えます

特徴

  • 新品同様にも関わらず、新品より10%~20%価格が安い。
  • メーカーが厳しい水準のチェックをしてから再出荷しているので、一般的な中古品より品質が安定している。
  • 通常の中古品は1週間~1カ月程度の販売店舗の保証のみだが、リファービッシュ品は3カ月~1年のメーカー保証がついていることが多い。

中古品販売の強みって?

消費者のリサイクルへの意識の変化

高度経済成長期やバブル期は使い捨てがブームでしたが、リーマンショック以降、リユースのブームがきています。
また、年配の世代には『お古』のようなイメージがある中古品ですが、若者達の間ではリユース品に一点物の希少価値を感じる文化が根づいてきています。

古いもの・まだ使えるものの魅力を見直す時代の流れにのって、中古品の販売は右肩上がりに繁盛していく業種と言えるのではないでしょうか

メルカリなどのアプリやスマホの普及

メルカリなどのアプリで、個人間で不用品の売買をすることが当たり前になってきました。
そのため、中古品の購入に抵抗がない人が以前より圧倒的に増えました

とはいえ、電化製品などは個人間では売るのも買うのもハードルが高いため、中古品販売業者からの購入がメインになっています。

これからは、個人ではなく業者から中古品を購入するメリット(メンテナンスがしっかりできている・鑑定結果に間違いがない、など)を上手くアピールしていくことが大切です

しっかり差別化を図っていけば、メルカリなどのアプリの成長と一緒に中古品販売業も発展していくはずです。

古物市場での仕入れ活用

中古品販売には、古物商許可を持っている人だけが参加できる古物市場という最強の仕入先があります

古物商同士の取引のため、大量に商品を仕入れることができて相場より安い点が大きなメリットです

また、定期的に開催されるため安定した仕入れルートとして重宝できます。新品同様のものが激安価格で購入できたり、一箱いくらで売られているジャンク品の中にお宝がまざっていたりすることもあります

古物商許可専門のトラスト行政書士事務所に依頼すれば、古物商許可の取得がネットで完結できます。
相談は無料ですので、気軽に連絡できますね。

おわりに

新品の販売には古物商の許可は必要ないということと、中古品販売の魅力をご案内させていただきました。
新品の販売にも中古品の販売にも、メリットとデメリットがあります。
それを組み合わせることで、新品・新古品・中古品販売のいいとこ取りをしたハイブリッドな販売スタイルを展開することができます。

古物商許可を取得するのには2万円弱しかかからず、更新もありません。とっておいて損はない資格です。

少しでもご興味をお持ちいただけた方は、ぜひ他の記事も読んで古物売買の魅力を知っていただけたらと思います

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)