せどりで古物商の資格が必要な場合とは

この記事は専門家が監修しています

『新品のみ』を小売店から仕入れてせどりを行う場合は古物商許可は不要ですが、
中古品のせどり』を行う場合には『古物商許可が必要』です。

せどりは、『安く仕入れて高く売る』ことを目的とした売買ですが『儲ける目的で古物を買う』、『ビジネスとして古物を売買する』場合には古物商許可が必要です。

また、今すぐ古物商許可が必要かどうかの判断ポイントは、他人(警察官)から見て『せどり』をしているように見えるかどうかで判断されます。

皆様が『儲ける目的はない』、『せどりはしていない』といくら騒いでも、警察側から見て古物商許可が必要な取引をしている疑いがあれば、『無許可営業』として重い罰則が科される可能性があるのです。

古物の転売を取り締まるのは『警察』であり、いつ取り締まりが厳しくなるかどうかは誰にもわかりません。

ご自身で許可が必要かどうかの判断ができない場合には、専門家や警察署などへ相談してみると良いでしょう。

古物商許可を取らずにせどりを行った場合の罰則

せどりを副業としている方も多くいると思います。

インターネットやスマートフォンが普及したことで『オークションサイト』や『アプリ』を上手に活用すれば『古物の売買』が簡単にできるようになったからです。

簡単に古物の売買ができるようになったことはうれしいことではありますが、一方で転売する目的』で古物を買う場合には、『古物商許可』が必要です。

そして、許可を得ていなかった場合には『無許可営業』として『3年以下の懲役または100万円以下の罰金』という重い罰則を受ける可能性があります。

多くの方が重い罰則がある事を知らずに『せどり』をしているケースがありますので、罰則を受ける前に古物商許可が必要かどうかは確認するようにしましょう。

せどりとは?

せどりとは『安く仕入れて高く売る』転売ビジネスのことでした。

そして、せどりという言葉が有名になったきっかけは、『古本』を安く仕入れて高く売る商売が流行ったからです。

中でも、ブックオフで安く仕入れた古本をアマゾンで高く売る転売は大変人気な手法でした。

また、今では、『ゲームせどり』『CDせどり』など『様々なせどりビジネス』が流行しており、せどりをしている人達は『せどらー』などと呼ばれております。

せどりに関する本も多く発売されてますので、これからせどりを始めようと考えている方は参考にしてみるとよいかもしれません。

せどりってどうやるの?

せどりの基本は、安く仕入れて高値で転売して利益を得るビジネスです。
ビジネス全般に共通して言えることではありますが、集客をしながら古物を安く仕入れ、お客さんに高く販売する流れとなります。
そしてこのサイクルを繰り返すのみです。

せどりで儲ける方法

  • 古物の『仕入れ値』と『売値』の差益
  • 仕入れた古物を修理などして『付加価値』をつけて売る

皆様が古物を安く買える仕入れ先が確保できている場合は別ですが、
古物を安く買ってきて修理して販売するなど、『付加価値』を付けることができれば、他の業者との差別化となりますので、『せどり』ビジネスの成功の決め手かもしれません。

せどりビジネスのメリットとデメリット

これから新しく『せどり』をはじめようと考えている方も多くいると思います。

皆さんの中にも、『儲かりそう』『気軽にはじめられそう』『副業からはじめたい』などと考えている方も多くいると思いますので、せどりのメリットとデメリットをお伝えします。

中古せどりのメリット

利益率が高い

古物のせどりは非常に利益率が高く、50%以上の利益率も可能と言われております。
販売ルートが確保できればビジネスとしても大きなチャンスがあるでしょう。

参入しやすい

せどりのスタートに多額な資金は不要ですし、特別な能力も不要です。
副業をしてみたい方も気軽に始めることができるのではないでしょうか?
しかし、『中古せどりは古物商許可が必要です』ので、副業で始める場合でも必ず古物商許可を取得してから始めることをおススメ致します。

営業の自由度が高い(時間に拘束されない)

オンラインを使ってせどりを行う場合には、営業時間もご自身で自由に決めることが可能です。
好きな時に行えば良いので、ライフスタイルにも合わせやすく、副業向きビジネスでもあります。

商品を自分で使うことも可能

せどりは、販売できるまで古物を自身で使用することも可能です。
皆さんの趣味に合わせて商売をやることも検討されてはいかがでしょうか。

中古せどりのデメリット

成功するかどうかが仕入れ先と販売先に左右される

せどりは基本的には転売ビジネスなので、安い仕入れ先と販売先の確保が非常に重要です。
逆にいえば、仕入れ先や販売先の都合に振り回される事があるのはデメリットと言えるでしょう。

古物商許可が必要

せどりは転売目的の古物売買にあたりますので、『古物商許可』が必要です。
しかし、古物商許可を取得すると、せどりを行う上で大きなメリットがあります。
せどりを行う予定の方は1日でも早く古物商許可を取得されることをおススメ致します。<

せどり 2つのスタイル

せどりをするには大きく分けて2つのスタイルがあります。

ご自身に合うスタイルを考えてみると良いかもしれません。

ただし注意すべき点としては、『店舗中心型』、『オンライン中心型』どちらの場合でも、せどりをおこなうには『古物商許可が必要』だという点です。

店舗中心型
ブックオフや、リサイクルショップ、フリーマーケット等で商品を手に取り、リサーチしながら仕入れる方法です。

お店へ足繁く通えるかどうかがポイントでしょう。

オンライン中心型
オークションサイトやアプリなどを活用して仕入れから販売までを行います。

携帯電話が1台あればすぐに始めることができるので、誰でも気軽にスタートできます。

また営業時間も自由なのでライフスタイルに合わせて運営できる点も魅力です。

せどり 古物商許可を取得する2つのメリット

中古せどりをする上で古物商許可は必要です。

また、古物商許可を取得すれば、2つのメリットを得ることができます。

1 古物市場への参加資格が得られる

せどりビジネスをしていくには知らなければ損をする市場があります。
古物市場』と呼ばれる市場で、リサイクルショップ同士の古物売買市場です。
古物市場へ入るには『古物商許可を取得していることが条件』、であるため一般人にはあまり知られてはいません。
古物の仕入れや在庫を処分するには非常に優れた市場なので、古物商を取得した後は一度参加してみることをおススメ致します。

古物市場主とは何ですか?古物商と何が違うのですか?
【古物商の最強の仕入れ場所】古物市場に参加する方法

2 仕入れが経費となる

せどりは、古物の転売で稼ぐビジネスです。
当然ですが、せどりでの稼ぎは『所得』とみなされます。

そして、所得の金額が大きくなれば『確定申告』をする義務が発生しますし、税金も発生する可能性が高まります。

せどりビジネスでは古物商許可を取得して行っているかどうかで稼いだ利益に対しての所得の考え方が異なってきます。

もし古物商許可を取得せずにせどりを行っていた場合には、『販売価格がすべて所得』となってしまいます。

しかし、古物商許可を取得してせどりを行っていた場合には、『転売価格から仕入れた価格を経費として差し引く』ことができるのです。

仕入れが経費になるかどうかは税金面では大きな違いです。

ビジネスとしてせどりを検討されている方は『所得対策』の面からも古物商許可を取得されると良いでしょう。

せどりで古物商の資格が必要な場合とは まとめ

中古せどり』を行うためには『古物商許可が必要』です。

これまで許可なくせどりをしていた方でも、いつ警察の取り締まりが厳しくなるかはわかりません。

また古物商許可を取得すれば、せどりをする上でもメリットは十分あると思います。

ご自身の取引において古物商許可が必要かどうか不安な方は、まずは警察署や専門家へ相談してみてはいかがでしょうか。