【古物商 Q&A】SNSで中古品を買い取ったり販売しても良いの?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

SNSで中古品を買い取ったり販売することは可能です。

SNS上で中古品の売買自体を禁止している法律はないからです。

ただし、中古品の売買をする場合は、古物商許可という資格が必要です。

古物商の許可なく中古品の売買をすると、無許可営業として逮捕される可能性があります。

今回は、SNSで中古品の売買をする場合の注意点などについて説明をします。

SNSで中古品の売買は可能です

SNSを使って、古着や中古家電を安く買い取ったり販売したりしようと思ってるんだけど、そもそもSNSを使って中古品の売買ってしてもいいのかな?

大丈夫よ。SNSで中古品の売買をしてはいけないっていう法律はないわ。
それに、FacebookやTwitterをはじめとして、大手のSNSのほとんどはビジネス利用を禁止していないわ。
だから、SNS上で中古品の売買をすることは可能

そうなんだ、よかった~

禁止されているどころか、中古品の売買とSNSはとっても相性がいい

そうなの?

中古品売買で上手に利益を出すコツは、流行の商品に関する情報をたくさん手に入れることなの。
流行の商品を安く仕入れて、販売すれば大きな利益を期待できるわ。
SNSを使えば、人気の商品に関する情報をいち早く手に入れることができるし、そのまま興味のある人に宣伝することもできるわ

なるほど、中古品売買には欠かせないツールってことだね

SNSを使って中古品を買い取ったり、販売することは可能です。

SNS上での中古品売買を禁止・制限する法律はないからです。

FacebookやTwitter、LINEといった大手のSNSもビジネス利用を禁止していません

そのため、原則としてSNS上で中古品を売買しても良いのです

ただし、一部のSNSでは利用規約でビジネス利用を禁止している可能性があります。

利用規約に反して中古品の売買をした場合は、アカウントが停止されるなどのペナルティを受ける可能性があります。

そのため、中古品の売買をする場合は、念のためSNSの利用規約をチェックすることをおすすめします。

SNSで中古品の売買をする場合の注意点

SNSで中古品の売買をしても問題ないんだね。
よ~し、転売ビジネスでたくさん儲けるぞ~

ちょっと待って、こぶ吉。
SNSでの中古品の売買自体は禁止されていないけど、中古品の転売には、古物商許可っていう資格が必要なの

古物商?

そう。古物商許可は、古着や中古家電などの中古品(古物)を転売目的で買い取る場合に必要な資格

なんで、中古品を売買するのにわざわざ資格が必要なんだい?

古物営業法の目的は、古物取引の中に盗品が紛れ込むことを防止したり、紛れ込んだ盗品を警察がすぐに発見できるようにすることなの。
そのため、中古品の売買を許可制にして、警察が管理・把握しやすくしているのね

もし、古物商の許可を取らずに中古品の売買をするとどうなるの?

古物商の許可なく中古品の転売をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性もあるわ。
以前、オークションサイトの利用者が許可なくチケットの転売を繰り返して逮捕されて話題になったこともあったわ

せっかく転売で儲かっても逮捕されたら意味ないね

SNSで中古品を売買することは可能です。

ですが、中古品の転売をする場合は、原則として古物商許可という資格が必要です。

古物商許可は、中古品(古物)を転売目的で買い取る場合に必要となる資格です。

古物商の許可なく、古物の取引をすると古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性があります。

警察は、日々盗品の捜査を行っており、その過程で無許可営業が発覚するケースがたくさんあります。

無許可営業は警察にバレる可能性が高いので、古物商許可は必ず取得しておきましょう。

SNS取引では「なりすまし」に注意

SNSは気軽に情報交換ができる便利なツールです。
その一方で、対面での取引ではなくオンライン上での取引となるため取引相手が本物であるのか確認が難しい一面があります。
古物営業法でも、インターネット上での一定取引は決められた方法で「本人確認」が義務付けられます。
SNSを活用した古物営業をする方は、本人確認を必ず実施しましょう

SNSを使って上手に儲けるコツ

SNSを使って古物転売で儲けるには、SNSごとの特性を十分に理解しなくちゃダメよ

どういうこと?

例えば、Twitterはリアルタイム性が高く利用者の平均年齢が低いっていう特徴があるわ。
だから、流行りの商品や話題になった商品を売買するのに向いているといえるわね

Facebookはどうなの?

Facebookは、利用者の平均年齢が高めで、ターゲットを特定しやすいという特徴があるわね。
だから、ターゲットを絞った商品の紹介が効果的といえるわね

なるほど、色々あるんだね~

SNSには、利用者の年齢層やコンテンツの種類、アカウントが利用されている頻度などに違いがあります。

それぞれの特性を理解して、上手に使い分けることが、SNSを使って上手に儲けるコツといえます。

古物商許可は専門家に依頼すれば簡単に取得できます

古物商許可を取得しようと思うんだけど、一体何から始めればいいのかな?

そうね。自分で色々調べながら申請をするっていう方法もあるけど、もしこぶ吉が簡単に早く許可を取りたいのであれば、専門家に依頼するべきね

そりゃあ、もちろん簡単に許可を取りたいけど、専門家って何?

古物商を専門に扱っている行政書士のことよ。
行政書士に依頼をすれば、必要書類を集めるところから、申請手続きまで全部代わりにやってくれるから、こぶ吉は何にもしなくても許可を取得できるわ

自分で申請すると簡単に取れないの?

そうね。
古物商許可の申請手続きはとっても複雑で、必要書類もたくさん必要だから一般の人が自分でやると必ずと言っていいほどミスが発生するの。
ミスがあった場合、申請は受け付けてもらえず、申請はやり直しになってしまうのよ。
だから、許可が下りるまでに何度も警察に足を運ばなきゃいけないし、とても長い時間がかかるの

ひえええ~、聞いただけでも大変そうだね

古物商許可の申請手続きは複雑な上に、たくさんの必要書類が必要です。

そのため、自分で申請をすると不備が発生し、なかなか申請が受け付けてもらえません

自分で申請すると、たくさんの時間や手間が無駄になってしまう可能性が高いのです。

もしも簡単に効率よく許可を取りたいのであれば、専門家である行政書士に代行を依頼しましょう

行政書士に代行を依頼した場合、報酬として4万円から6万円前後が必要です。

ですが、自分で申請をして、長い期間をかけることを考えれば、プロに依頼して簡単に最短で許可を取得する方がメリットが大きいといえます。

また、行政書士は古物商のプロなので、古物ビジネスの相談にも乗ってくれます。

これから始める古物ビジネスの強力なパートナーになってくれるでしょう。

【古物商 Q&A】SNSで中古品を買い取ったり販売しても良いの? まとめ

SNSで中古品を買い取ったり販売しても問題ありません。

ですが、中古品(古物)を転売目的で買い取る場合には、古物商許可という資格が必要です。

古物商許可なく中古品の取引をした場合、古物営業法違反として逮捕・処罰される可能性があるので、必ず取得しましょう。

古物商許可の取得手続きは、とても複雑で自分でやると許可が下りるまでに長い時間が必要です。

簡単に早く許可を取得したいのであれば、専門家である行政書士に許可取得の代行を依頼することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。