【ヤフオク・メルカリ】古物商許可が必要かどうかのチェックリスト

この記事は専門家が監修しています

メルカリ・ヤフオクで、古物商許可が必要かどうかのチェックリストは共通です。

そして、もしあなたが以下の項目に当てはまる取り引きをしている場合には、古物商許可を取得しなければいけない可能性が高いでしょう。

古物商許可が必要なチェックリスト

以下のチェックリストに当てはまる取引をしている場合には、今すぐ古物商許可を取得しなければいけない可能性が高いでしょう。

  • メルカリ・ヤフオクで仕入れた古物を転売して利益を出している。
    (自分で使うために古物を買っていない)
  • 継続的な取引をして、一定の収入が出ている
  • メルカリ・ヤフオクで売買している物品の中に中古品(未使用でも一度取引された物を含む)が含まれている。
  • 購入先(仕入れ先)は国内であって海外ではない。
  • メルカリで壊れたものを買ってきて、修理して高く販売している。
  • 友達から依頼されて、自分のアカウントで売買している。
  • メルカリで仕入れたものをレンタルしている。

皆さんはいくつあてはまりましたが?

上記のチェックリストに1つでも当てはまる方は、古物商許可を今すぐ取得しなければいけない可能性が高いです。

それではなぜ許可取得が必要となるのかを解説していきます。

古物商許可の目的

古物商許可は盗品の流通防止被害の早期回復のための許可制度です。

そのため、例えば新品をメルカリやヤフオクで取引する場合には盗品リスクがないため許可は不要です。

また、自分で使っていた物品を販売する場合にも、盗品である可能性はないので古物商許可は不要となります。

つまり、古物商許可が必要かどうかの判断は、

盗品を買ってしまう可能性がある取引なのかどうか?

売る場合には、盗品を他の人に流してしまう可能性があるかどうか?

を考える必要があるのです。

それでは、チェックリストごとに詳しく解説していきます。

☑ メルカリ・ヤフオクで仕入れたものを転売して利益を出している。(自分で使うための売買ではない)

メルカリ・ヤフオクで、中古品を購入する場合であっても、自分で使う目的で購入する場合には古物商許可は不要です。

理由は、万が一メルカリ等で購入した古物が盗品であってたとしても、品物が自分の手元に残るからです。

そのため、警察が捜査をした際にも、あなたの元に行けば盗品回収をすることができるでしょう。

しかし、メルカリ等で購入した古物を自分で使わずに他の方へ転売してしまった場合には、警察は新たな購入者のもとへ盗品捜査をする必要があるのです。

その際に、あなたが販売した相手を記録等してあれば捜査が進みますが、記録していない場合には捜査が止まってしまいます。

一方で、実際に古物商許可を取得した後は、一定の取引において、古物台帳への取引記録と、本人確認が義務づけられます。

もし、この記事を読んでいる方が転売目的に古物を購入している場合には、1日も早く古物商許可を取得しましょう。

☑ 継続的な取引をして、一定の収入が出ている

メルカリやヤフオクを活用して継続的な古物取引をして収入がでている場合には、1日でも早く古物商許可を取得しましょう。

当サイトに相談されるお客様の中でも、古物は自分で使う目的で購入しているが不要になったから転売していると主張される方がおります。

しかし、同じ商品を度々購入している場合や、一度に大量に同じ古物を購入している場合には、『自分で使うため・・・』との主張は難しいでしょう。

警察としても一度に大量の古物を購入していたり、プレミアの付く古物を反復継続して購入している場合には『自分のために購入』とは認めてくれない可能性が高いです。

ただし、実際に自分で使う目的で取り引きしている場合には、許可は不要なので安心してください

古物商許可は1度取得すれば原則として一生涯有効な許可です。

また、継続して取引をしていくためには取得して損のない許可です。

古物商許可を取得せずに営業行為を行っていた場合には、無許可営業として3年以下の懲役、100万円以下の罰金を科される可能性があります。

今後も継続して古物ビジネスを実施していく予定の方は、1日も早く古物商許可を取得しましょう。

☑ メルカリ・ヤフオクで売買しているのは中古品(未使用でも一度取引された物を含む)である

メルカリ・ヤフオクに出品している商品が、あなたが作った品物である場合には古物商許可は不要です。

理由は、古物商許可は盗品の流通防止が目的なので、新品については規制外となるからです。

ただし注意点としては、未使用品であっても一度でも取引されたことのある商品は中古品(古物)となります。

なぜなら、未使用品であっても、取引されたことがあれば盗品である可能性があるからです。

そして、盗品である可能性がある古物を転売する目的で購入する場合には古物商許可が必要となります。

自分で使う目的で購入している場合には許可は不要ですが、転売が目的で中古品を購入するには古物商許可が必要です。

許可を取得していない場合には1日も早く取得の申請手続きをしましょう。

ご自身での手続きが難しい場合には行政書士が手続きを代行してくれるのでおすすめです。

☑ 購入先(仕入れ先)は国内であって海外ではない

中古品を継続的に売買しており、一定の収益がある場合であっても、古物の仕入れ(買い取り)が海外からの仕入れであれば古物商許可は不要です。

理由は、古物商許可制度は国内の法律に基づく規制であるため、海外は規制対象外となるからです。

ただし注意点として、あくまで海外で仕入れた(購入)古物を国内等で販売する場合です。
国内で古物を仕入れ(購入)て海外へ転売する場合には古物商許可は必要なので混同しないようにしましょう。

☑ メルカリで壊れたものを買ってきて、修理して高く販売している

メルカリやヤフオクでジャンク品を購入し、修理した後に販売する場合にも古物商許可が必要です。
例えば、壊れたパソコンや携帯電話を修理して販売する場合には購入するときから古物商許可が必要です。

理由は、いくら壊れていたとしても盗品である可能性があるからです。

ただし、無料で貰ってくる場合には古物商許可の対象外です。

しかし、注意点としては無料で引き取る場合には産業廃棄物収集運搬許可や一般廃棄物収集運搬業許可が必要となる可能性があります。

どちらも古物商許可よりも取得が難しい許可なので取得を検討する方は一度行政書士へ相談してみることをおすすめします。

☑ 友達から依頼されて、自分のアカウントで売買している

他人から依頼されて他人の古物を売買する場合にも古物商許可が必要です。

理由は、いくら友人であっても古物が盗品である可能性があるからです。

もし、あなた自信が古物売買にたけているならば、古物商許可を取得してビジネスとして実施することも検討してみましょう。

☑ メルカリで仕入れたものをレンタルして利益をだしている

メルカリ・ヤフオクを活用すれば、通常よりも安価にレンタル品の仕入れができる可能性は高いです。

しかし、レンタルする目的でメルカリやヤフオクで古物を買う場合にも、古物商許可が必要です。

もしも、自分で使う目的で古物を購入している場合には古物商許可は不要ですがレンタル目的の場合には古物商許可が必要となるのです。

メルカリなどを活用したレンタルビジネスを検討している方においてもぜひ古物商許可を取得しましょう。

【ヤフオク・メルカリ】古物商許可が必要かどうかのチェックリストまとめ

古物商許可が必要かどうかのチェックリストについてご案内してきました。

おそらく、メルカリ・ヤフオクを活用して取引している方の多くが古物商許可取得の対象であることがわかったと思います。

もし、古物商許可を取得せずに無許可営業をしていた場合には、3年以下の懲役100万円以下の罰金をかされる可能性があります。

この記事を読んでいただき、自分に許可が必要であることに気がついたのならば、1日も早く許可を取得されることをおすすめ致します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)