ゲームセンターの景品を転売するのは違法?

この記事は専門家が監修しています

あなたは、ゲームセンターは好きですか?

筆者自身、UFOキャッチャーが割と好きで、欲しい商品を見つけるとつい夢中でお金をつぎ込んでしまいます。

どうしても景品を取るのが難しい時、私はメルカリなどのフリマアプリを見て「景品が出品されてないかなぁ~」なんて思いながら見るのですが、ここでふと疑問に思いました。

あれ?これって色んな値段で出品してる人いるけど、こういうのって違法じゃないの?

景品を取ることができないという足元を見られてるようでなんだか悔しいですし、すごい高額な値段だと違法なんじゃないかと疑ってしまいます。

逆に、もしこれが違法でなければ「UFOキャッチャーが得意だぜー!」って方は、一稼ぎできそうな予感もしますよね。

なので、この記事ではUFOキャッチャーのようなゲームセンターでとれる景品を転売することに追求して、転売のどこからが違法でどこまでがセーフなのかを確認していきたいと思います

転売に興味があるなら知っておきたい古物商

転売の話題をする以上、まずは知っておきたい言葉があります。

みなさんは、『古物商』という言葉をご存知でしょうか?

古物商とは、古物の売買をする人たちのことで、警察から許可をもらって営業をしています。

いや、まてまて。古物ってなんだよ?

そうですよね。古物という言葉もなかなか聞き慣れない言葉だと思います。

古物とは、

  • 一度使用された物品
  • 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  • これらの物品に幾分の手入れをしたもの

簡単にいうと、以上のような条件に該当する商品のことをいいます。

そして、古物商とは古物を取り扱う商人なわけですが、古物を転売して利益を得ようとする際には古物商になるための古物商許可を警察よりもらわなければなりません。

これら古物を転売する目的で買い取る際、古物商許可を持ってないと、なんと無許可営業で懲役三年以下又は10万円以下の罰金が科せられることになります。

ゲームセンターの景品を売ることは違法?

なんだか物騒な話題になってきましたね。

古物の転売を警察の許可なく行うことが違法であるならば、果たしてゲームセンターの転売は違法になってしまうのでしょうか。

ここで、ポイントとなるのは、ゲームセンターの景品は、あくまで「景品」であるということ。

お金を払ってゲームで景品をとっているので、まるで私達は景品を買っているかのような錯覚に陥りますが、私達は景品を買っているわけではありません。

「そのゲームで遊ぶこと」にお金を払っているのであり、そのゲームをクリアした結果「景品をもらっている」だけです。

転売とは、一方から買った物を、更に他に売り渡すこと。

ゲームセンターでは、景品を買っておらずもらっているだけなので転売とはならないのです。

また、無償でもらったものを販売する行為は、古物商許可は必要ありません。

つまり、

ゲームセンターの景品はどんな値段をつけても誰かに売って良い

のです。

ただし、もしあなたが転売に興味をもっているのなら、ここで記事を読むのを止めることはオススメしません。

なぜなら、やはりゲームセンターの景品であっても古物商許可が必要なケースがあるからです。

景品を売買する場合でも古物商許可が必要なケース

AさんがUFOキャッチャーで大人気のぬいぐるみを取れたとします。
しかし、Aさんにとっては不要な景品であったので、メルカリを使ってそのぬいぐるみを出品し、Bさんが購入しました。

上述してきたように、UFOキャッチャーの景品を売ることは、何の許可もいらないのでAさんは古物商許可を持っている必要はありません。

しかし、ここで注目したいのがBさんの購入目的です。
Bさんの意思によっては、古物商許可が必要になってきます。
どういった場合に不要で、どういった場合に必要なのかを見てみましょう。

ケース①|Bさんがぬいぐるみを自分のために欲しくて買った場合

古物商許可は不要

私達が普段買い物するときと同じように何ら許可等はいらず、自由に購入して良いことになります。

ケース②|Bさんがぬいぐるみを転売すれば利益が出るとわかっていて、転売目的で購入した場合

古物商許可は必要

Aさんが持っているぬいぐるみは古物であり、Bさんは利益を出す目的でAさんから買い取っている(仕入れている)ので、古物商許可が必要になってきます。

ケース③|Bさんがぬいぐるみを自分のために買ったが、飽きがきてしまい、さらに他の誰かに売った場合

古物商許可は不要

誰かに売り渡してるので、転売という行為にはなるが、Aさんから購入した時点では利益目的の購入ではなかったため、古物商許可は不要となります。

以上のように、Bさんが営利目的でAさんから購入している場合、古物商許可は必要になってきます。

ゲームセンターの景品は、期間限定なもので入手も比較的難しいため、プレミアがついたりして高価になる場合が多いですが、売れるからといって古物商許可を取らずに転売をしていると、罰則を科せられる可能性があります

繰り返しになりますが、ゲームセンターでとった本人は景品としてもらっているだけなので、いくら高く売りに出しても警察から咎められることはありません。

あくまで営利目的で買い取る時だけ、古物商許可の必要性が発生します。

なので、自分自身でゲームをするのでなく、その景品の価値に目をつけ転売を行いたいのだとしたら、必ず古物商許可を取って転売を行うようにしてください。

古物商許可を取得すれば、基本的には転売をするのは自由になります。

古物商許可の取得の仕方

古物商許可は、警察署(公安委員会)の窓口に申請を行います。

古物商許可の費用は自身でやれば2万円程度です。
有効期限がないため一度取得すれば取り消されるか廃業するまで一生有効です。

転売でお金を稼いでみようと考えているのであれば、取っておいて損はありません。

ご自身での申請が難しい場合は、古物商許可専門の代行業者を活用することもできます。

相談自体は無料で行う代行業者もいますし、代行業者へ支払う費用も5万円程度で丸投げできるようです。

古物商許可専門のトラスト行政書士事務所に依頼すれば、古物商許可の取得がネットで完結できます。
相談は無料ですので、気軽に連絡できますね。

転売の基準とは

自身でゲームを楽しんで取った景品を販売するには、古物商許可は必要なく、その景品を『転売する目的で購入』をする場合に、古物商の許可が必要でした。

では、この『転売する目的』があったかどうかの判断はどのようにするのでしょうか?

仮に転売目的で景品を買い取ったとしても、「自分のために買った」と言い張れば転売とは判断されなさそうな気もします。

転売目的かどうかの判断は、古物商許可の申請窓口である警察署が以下の情報をもとに判断していると考えられます。

  • 大量の購入
  • 継続的な購入

『大量に購入する場合』や『継続的な購入』をしている場合には、いくら「自分のために買った」と言っても苦しい言い訳で、警察署からビジネス目的の転売だとみなされるのは仕方のないことだと思います。

景品の転売を考えている方は、しっかりとルールを確認した上で、必要であれば古物商の許可をとってから売買をするようにしましょう

最後に

ゲームセンターの景品と一口に言っても、自分で景品としてもらった物なのか、他人から買い取った物なのかによって、転売していいかどうかは変わってきます。

ゲームが得意な方は、それを利用してお金稼ぎをするのも手ですし、その景品自体に価値を見出し、他人から買い取ってお金を稼ぐのであれば、古物商許可を取って転売するようにしましょう

何事もルールを守り、安心安全な転売を心がけましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)