【古物商許可】実家が営業所でも使用承諾書が必要?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

実家を営業所として古物商許可の申請をする場合、使用承諾書が必要かどうかは、都道府県ごとに異なります。

古物商許可のルールは都道府県ごとによって異なるためです。

古物商許可を申請する場合、営業所を届け出なければなりません。

そして、営業所の所有者と申請者が異なる場合、所有者の使用承諾書を提出しなければならないのが原則です。

ですが、実家を営業所とする場合、使用承諾書の提出を不要とする都道府県があるのです。

今回は、実家を営業所として届け出る場合の注意点について説明をします。

必要かどうかは都道府県ごとに異なります

今度、古物商の許可を取ろうと思っていろいろ調べてるんだけど、営業所の使用承諾書っていうのが必要かどうか分からないんだ

まず、古物商許可を申請する場合は、実際に古物の取引をする場所として、営業所を届け出なければならないの。
そして営業所の所有者と、申請者の名前が違う場合、所有者の使用承諾書が必要になるわ。
こぶ吉は、誰か別の人の建物を営業所にするつもり?

うん、僕の場合、実家を営業所として届け出ようと思っているんだ。
僕の実家の所有者は、僕のお父さんだから、やっぱり使用承諾書が必要なのかな?

う~ん・・・なんとも言えないわね

どういうこと?

実は、都道府県によって対応が違うの。
実家を営業所にする場合、使用承諾書が必要だっていう警察署もあれば不要っていう警察署もあるのよ

何でそんなことになるの?

古物商の許可っていうのは、各都道府県の公安委員会が管理しているんだけど、ルールが都道府県ごとによって違うの
だから、はっきり必要かどうか断言することはできないわ

う~ん・・・困ったなぁ

古物商許可を申請する場合、営業所を届け出なければなりません

営業所とは、実際に古物取引を行う場所のことをいいます。

営業所の名義人と申請者が異なる場合、原則として、名義人の使用承諾書が必要となります。

なぜなら、古物ビジネスの拠点となる営業所において、使用する権利がないと将来的にトラブルとなる可能性が高いからです。
加えて、警察署が盗品捜査を行う場合にも営業所を訪問して捜査します。

ただし、実家を営業所として届け出る場合、使用承諾書の提出が不要な都道府県があります

古物商許可の申請手続きについては、各都道府県ごとによってルールが異なるため、使用承諾書の提出が必要かどうかは申請する都道府県によって異なるのです。

専門家に依頼しましょう

都道府県ごとに異なるのかぁ、困ったなぁ

そういう場合は、専門家に依頼するとすぐに解決するわよ

専門家~?

古物商許可を専門に扱っている行政書士のことよ。
行政書士は古物商のプロだから、必要な書類についても熟知しているわ。
許可申請も代わりにやってくれるからとっても便利よ

じゃあ、ちょっと近所の行政書士事務所に電話して聞いてみようかな?

ちょっと待って!こぶ吉。
行政書士であれば誰でもいいってわけじゃないの

そうなの?

行政書士の仕事の範囲はとっても広いの。
だから、古物商以外を専門に扱っている行政書士だと、許可取得が難しい場合もあるわ。

なるほど

それに、出来れば全国対応している行政書士に依頼をするべきね。
さっきも言ったとおり、古物商許可っていうのは各都道府県ごとにルールが違うから、地域に密着した行政書士だと他の地域のノウハウがない可能性もあるの

古物商許可について分からないことや不安なことがあれば、専門家に依頼をしましょう

古物商許可の専門家とは、行政書士のことをいいます。

良い行政書士を選ぶポイントは大きく2つです。

1つ目は「古物商許可を専門に扱っていること」です。

行政書士の業務は、建設業の許認可から外国人のビザ申請まで幅広く、他の分野の行政書士では古物商についてあまり知識がない可能性があるからです。

2つ目は「全国対応をしている事務所であること」です。

古物商許可のルールは、都道府県ごとによって異なります

全国対応をしている行政書士であれば、全国のルールに精通しているので、安心して依頼をすることができます。

実家を営業所にする場合の注意点

古物商許可を申請する場合、営業所を届け出なければなりません

実家を営業所として申請することも可能ですが、いくつか注意すべき点があります。

申請がなかなか受理されない可能性

実家を営業所にする場合、許可申請がなかなか通らない可能性があるわ

なんで~?

古物商許可の営業所って、テナントや別の建物を借りるのが一般的で、実家を届け出ることって珍しいのよ。
だから、担当の警察官からも色々と疑われるかもしれないわ。
場合によっては、理由書っていう書類を提出しなくちゃいけないかもしれないわね

ちょっと面倒だね・・・

その場合は、行政書士の先生に代行をお願いするべきね。
行政書士であれば、警察への対応も上手にやってくれるから、簡単に申請が通るわよ

やっぱりプロは違うんだね

実家を営業所として届け出た場合、警察からその理由について色々と質問されることがあります。

この質問に上手に答えられないと、警察から疑われて、申請書がなかなか受理されない可能性があるので注意が必要です

事前に、実家を営業所として利用する理由をしっかり用意しておきましょう。

管理者を用意しなければならない

こぶ吉の実家って遠いの?

う~ん、ちょっと遠いかな?

その場合は、管理者を用意しなきゃいけなくなるわね

管理者って何?

古物取引の責任者のことよ。
管理者はトラブルが発生したとき、すぐ対応しなきゃいけないから、営業所にいつでも駆け付けられる人がならなきゃいけないの

じゃあ、実家のお父さんかお母さんになってもらおうかな

それでもいいけど・・・
さっきも言った通り、管理者っていうのは古物取引の責任者なの。
だから、トラブルが発生したとき、警察から捜査協力を求められたり、結構大変なの
お父さんやお母さんになってもらうんだったら、その説明をしっかりしておかないと、後から迷惑をかけることになるわよ

うん、わかった~

古物商許可を申請する場合、管理者を決めて届け出なければなりません

管理者とは、古物取引の責任者のことをいいます。

申請者は管理者を兼ねることができます。

ですが、離れた実家を営業所とする場合は、別に管理者を用意しなければなりません。

なぜなら、管理者はトラブルが発生した場合、すぐに対応できるよう、営業所の近くに住んでいる人がなるべきだからです。

また、管理者は警察の問い合わせに対応したりと責任重大な立場なので、誰かに依頼する場合はその旨をしっかりと説明をしておきましょう。

【古物商許可】実家が営業所でも使用承諾書が必要? まとめ

実家を営業所とする場合、使用承諾書が必要かどうかは管轄する警察署によって異なります

なぜなら、古物商許可のルールは、各都道府県ごとによって異なるからです。

そのため、ある県では使用承諾書が必要であっても、隣の県では不要ということがあり得るのです。

実家を営業所として申請する場合、担当の警察官から理由について色々聞かれ、なかなか申請が通らない可能性があります。

また、実家が離れている場合には、管理者を別に用意しなければなりません

実家を営業所として申請する場合は、他の場合と比べて申請手続きが複雑になることが考えられます。
もし、手続きについて不安な方は、専門家である行政書士に申請の代行依頼を検討するべきです。

行政書士に依頼すれば、簡単に最短で許可が取れるのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。