新品PCに中古パーツを取り付けて販売するのに古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

新品PCに中古パーツを取り付けて販売する場合は、原則として古物商の許可が必要です

古物商の許可は、リサイクル品などの中古品(古物)を転売する場合に必要となる資格です。

新品PCの場合も、中古パーツを1つでも組み込んだ場合は、中古品(古物)として扱われます

そのため、この場合も古物商の許可が必要となるのです。

古物商の許可なく古物の転売をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されてしまう可能性もあります。

今回は、新品PCの転売に古物商許可が必要な理由や、転売で注意すべき点などを説明します。

新品PCの販売でも古物商許可が必要な場合があります

最近、新品PCの転売で儲かってるんだー

へぇ~どうやってるの?

まずは、低いスペックの新品PCを購入するんだ。
そして、メモリーやビデオボードを中古で購入して、自分でパソコンに取り付けて販売してるんだよ。
ハイスペックPCとして販売すれば、結構な利益が出るんだ

こぶ吉ってそんなこと出来たんだ。
ところで、当然、古物商の許可はとってるんだよね

え?古物商の許可って、中古品を転売するときに必要な資格だよね
僕が扱っているのは新品のPCだから古物商許可はいらないんじゃない?

パソコンは新品でも中古パーツが古物にあたるから、パーツを購入するときに古物商の許可が必要になるのよ

新品PCに中古パーツを自分で取り付けて転売するビジネスモデルが、ネット取引を中心に人気です。

安い中古パーツを取り付けることで、ハイスペックPCとして売ることができるので、高い利益率が期待できるためです。

しかし、この場合、原則として古物商の許可が必要となるので注意が必要です。

古物商許可は、古物(リサクル品や古着などの中古品)を転売するときに必要となる資格です。

そして、新品PCであっても、中古パーツを1つでも取り付けたのであれば、それは全体として古物として扱われます

そのため、新品PCに中古パーツを取り付けて販売する場合には、中古品パーツを購入する際に古物商の許可が必要です。

古物商の許可なく古物を取り扱った場合、無許可転売として逮捕されてしまう恐れがあります。

無許可転売の罰則は重く、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。

安心して、PC転売を楽しむためにも古物商の許可は必ず取得しましょう。

新品PCでも中古パーツを取り付けて転売する場合は、古物商許可が必要なんだね。
僕もいますぐ古物商許可を申請してくるよ

ヤフオクやメルカリで新品パーツを仕入れるときは要注意

新品PCに中古のパーツを取り付けて販売する場合、古物商許可が必要なんだよね

そうよ。1つでも中古パーツを取り付けた場合、全体として古物として扱われるからね

じゃあさ、もしパーツが新品だったら、古物にあたらないから、古物商の許可はいらないってことでいいよね

そうね。新品PCに新品のパーツを取り付けて販売する場合は、古物の転売とはいえないから、古物商許可は不要よ。
ただし、新品のパーツをヤフオクやメルカリで仕入れた場合には、古物商許可が必要になることがあるわ

ええ!?それってどういうこと??

古物商の許可は、「古物」を売買する場合に必要となる資格です。

そして、「古物」には中古品だけでなく、「新品だけど使用のために取引された物」を含みます

例えば、洋服を自分で着るために購入したけど、サイズが合わなかったから新品タグ付きのまま転売するというケースがこれにあたります。

洋服自体は新品ですが、「使用するために取引された物」にあたるため、古物営業法上の「古物」にあたるのです。

パソコンのパーツでも同じです。

ヤフオクやメルカリで新品未使用品として売られているパーツでも、一般の人が、自分で使用するために購入したのであれば「古物」にあたるのです

そのため、このパーツを新品PCに取り付けて販売する場合には、中古パーツを取り付けた場合と同じく古物商許可が必要となります。

うわ~~難しいなぁ~~

要するに、ヤフオクやメルカリで一般ユーザーからパーツを仕入れるのであれば、古物商許可を取得しておいた方が無難ってことね

せっかく、転売で利益が出ても逮捕されたら何の意味もないもんね

古物商許可が必要かどうかの判断はかなり難しく、自分で勝手に判断することはかなり危険です。

自分の転売ビジネスに古物商許可が必要かどうか気になるという方は、警察や古物商の専門家である行政書士に相談してみるとよいでしょう。

古物商許可の申請は代行を依頼すると簡単

じゃあ、ぼくも念の為に古物商許可を取得することにするよ

そうね、それがいいわ

でも、具体的にどうやって取得すればいいんだ?

古物商許可の申請方法には、大きく分けて2つの方法があります。

自分で申請する方法と、専門家に代行を依頼する方法です。

もし、あなたが古物商に関して専門的な知識がないのであれば、専門家に代行を依頼する方法をおすすめします

古物商許可の申請手続はとても複雑で、自分で申請すると何度もやり直しになってしまいます。

たくさんの時間や労力を無駄にすることになるでしょう。

専門家に代行を依頼した場合、面倒な申請手続はすべて丸投げにして大丈夫です。

あなたは、転売ビジネスの準備をしながら、許可が取得できるのを待っているだけでいいのです。

専門家に支払う報酬として相場でだいたい4万円前後が必要となりますが、自分で申請した場合に無駄になる時間や労力を考えるとそれ以上の価値があるといえるでしょう。

ここでいう専門家とは古物商を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

中には、古物商許可を取得した後も、色々とビジネスに関してサポートやアドバイスをしてくれる行政書士もいるようです。

ネットで無料の相談を受け付けている行政書士もいます。

一度チェックしてみることをおすすめします。

パソコン転売のメリットとデメリット

パソコン転売の大きなメリットの1つに単価が高く利益が大きいという点があります。

数万円の新品PCに数千円の中古パーツやソフトを自分で取り付け、ハイスペックPCとして出品すれば、10万円以上の値段で販売することも可能です。

パソコンにもユーザーごとの用途があります。

例えばゲームや動画編集、デザインなどです。

こうした用途にあわせたカスタマイズをして販売すれば、より効率的といえます。

逆にパソコン転売のデメリットとしては、スペックやメーカーに関する商品知識や専門技術が必要という点です。

中古パーツを仕入れるとき、専門知識がないと欠陥品などを掴まされる可能性があるからです。

また、自分でパーツを取り付ける際に多少の技術が必要です。

新品PCに中古パーツを取り付けて販売するのに古物商許可は必要? まとめ

新品PCに中古パーツを取り付けて販売する場合は、古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品などの古物を売買する場合に必要となる資格です。

新品のPCであっても、中古パーツを取り付けた時点でそれは古物となります

そのため、中古品パーツを購入する際に古物商許可が必要となるのです。

新品パーツを取り付けた場合には、原則として古物商許可は不要です。

ですが、新品パーツを個人から仕入れた場合には、古物商許可が必要となる可能性があります。

新品未使用のパーツであっても、個人が自分で使用するために購入したものであれば、「古物」にあたるためです。

このように古物商許可が必要かどうかの判断はとても難しく、自分で勝手に判断すると取り返しがつかないことになりかねません。

気になる方は、一度、古物商許可の専門家である行政書士に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。