古物商許可の資格無しでせどり・転売したら逮捕されるって本当?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

リサイクル品やUSED品といった中古品(古物)のせどり・転売には原則として古物商の許可が必要です。

もし、古物商の許可を取得せずに、古物のせどり・転売をしてしまった場合、古物営業法違反として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

最近では、スマホの普及でメルカリやヤフオクなどを使って、誰でも簡単に古物の取引をすることができます。

ですがその分、無許可での古物取引も急増しています。

今回は、無許可の古物取引について、注意点や、どういうときに警察にバレるのかなどについて説明したいと思います。

無許可でせどり・転売をすると逮捕される?

古着や中古品などの古物をせどり・転売する場合には、原則として古物商の許可が必要です。

もし許可がないまま、せどりや転売をした場合ってどうなるの?

無許可の古物取引に対して古物営業法は3年以下の懲役または100万円以下の罰金というとても厳しい罰則を規定しているのじゃ

刑法の暴行罪が2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金となっていることと比べるとその重さがよくわかるじゃろ

せっかく儲かっても逮捕されちゃ意味ないわね・・・・

実際、古物商の許可なくチケットの転売を繰り返したとして、オークションサービスの利用者が逮捕されネットで話題になりました。

安全に取引をするためには、必ず古物商の許可を取得しましょう

古物商許可が必要とされる理由

中古品やリサイクル品などの古物を取引するためには、古物商の許可が必要です。

そもそも古物商の許可ってなんで必要なの~?

その理由は、盗品が古物として流通することを防止するためじゃ。そして、流通してしまった場合すぐに警察が盗品を発見できるようにするためでもあるのじゃ

窃盗犯が、盗品を古物として他人に売却してお金に変えるというケースが多くあります。

こうした事態に対応するため、古物商の許可制度を作り、古物の流れを警察が把握できるようにしたのです。

なるほど、無資格で古物の取引が行われると、盗品が紛れ込んでも、警察が流れを把握することができないのね

そうじゃ。その目的をしっかり果たすため、古物営業法では無資格での古物取引を重い罰則によって規制しているのじゃ

古物商許可が必要かどうかの基準

すべてのせどり・転売に古物商の許可が必要というわけではありません。

古物商の許可が必要となるのは次の要件に該当する場合です。

  • 「古物」の取引であること
  • ビジネス目的であること

「古物」っていうのは古着や中古品のことをいうんだよね~?

そのとおり。だから、新品ばかりを扱ったせどりや転売では「古物」の取引とはいえないため、古物商の許可は不要なのじゃ

「古物」は文字のニュアンスからなんとなく意味がわかるんだけど、「ビジネス目的」ってどういうことをいうんだろう・・・

「ビジネス目的」については、買受け(仕入れ)があったかどうかで判断するんじゃよ

なるほど。じゃあ自分で昔から使っていた不用品や、友達からダタでもらった洋服なんかは買受けがないから転売してもビジネス目的にはならず、古物商の許可はいらないわけね

そうじゃ、その他にもゲームセンターで手に入れた景品も買受けはなく、古物商の許可なく転売できるんじゃよ

判断が結構難しいんだね~

もし自分の取引について、古物書の許可が必要かどうか気になるという方は、専門の行政書士に相談しましょう。

自分で勝手に判断すると、あとから取り返しがつかないことにもなりかねません。

ネット取引であっても古物商許可が必要

古物のせどり・転売には古物商の許可が必要です。

それは、ネット取引であってもかわりません

あれれ?でもネット取引には古物商の許可はいらないってどこかの匿名掲示板で見かけたような・・・

完全にデマ

ええええ

古物商というと質屋やリサイクルショップなど実店舗のイメージが強いことが、こんなガセ情報が広まっている原因と考えられているわ

古物営業法は、古物商が必要な取引について、ネット取引が実店舗の取引かどうか区別していません。

ネットの情報を鵜呑みにせず、気になる方は警察署や行政書士などの専門家に相談しましょう。

無許可取引はどういうときにバレる?

古物商の許可なく古物の取引をした場合、無許可営業として処罰・逮捕の対象になります。

罰則は「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」ととても重く、さらには、以後5年間は古物商の許可が取得できなくなる可能性があります。

でも、無許可での古物取引って本当に逮捕されるのかな?

どういうこと?

いや、取引するときいちいち「古物商人かどうか」なんて確認しないじゃん。黙ってればバレないんじゃないかな?って思って・・・・

バレなきゃいいってわけじゃないでしょ!!

実際、バレなければいいと思って無許可で古物取引を続けている人もいます。

ですが、無許可の古物取引は思わぬところからバレてしまいます。

例えば、代表的なケースは取引した古物の中に盗品が混じっていた場合です。

警察は、窃盗犯罪が起こった場合、盗品がどこからどこへ流れていったのか捜査をします。

もし、あなたが気づかないうちに盗品を売買していた場合、警察は、あなたの取引を捜査します。

このとき、古物商の許可がないということになると、今度はあなたが犯罪者となって逮捕されてしまう可能性があるのです。

他にも、取引相手からの通報で発覚するケースもあります。

円満な取引の場合はあまりないですが、トラブルがあった場合、相手が腹いせに通報するというケースがあります。

メルカリやヤフオクなどネットサービスの場合、あなたの利用履歴がすべて残っているため、違法な無許可転売かどうかすぐにバレてしまいます。

この他にも無許可の古物取引がバレるケースはたくさんあります。

安心して古物取引を続けたいのであれば、あらかじめ古物商の許可は必ず取得しましょう

他のみんなは古物商許可を取得してる?

USED品など古物のせどり・転売をするには、古物商の許可を取得しなければなりません

無許可で古物の取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として処罰・逮捕されてしまう可能性があります。

でも、実際に他のみんなは古物商の許可ってちゃんと取得してるのかな?

実際に、古物取引で成功している方の多くは古物商の許可を取得しています。

例えば、メルカリやヤフオクで取引回数の多いアカウントをチェックしてみてください。

中には、○○県公安委員会といった文字と12桁の数字が記載されているアカウントがあると思います。

これは、古物商の許可証の番号です。

古物商の表示があると、信用できるから安心して取引ができるわね。またこの人から買おうって思っちゃうかも

大手のアカウントほど、古物商の許可を取得していることがわかると思います。

このように、古物取引で大きな利益をあげるためにも、古物商の許可は有効なのです

新品せどりと中古せどり

古物のせどり・転売には原則として古物商の許可が必要です。

許可なく取引をした場合は、古物営業法違反として処罰・逮捕の対象になります。

ですが、すべてのせどりに古物商の許可が必要というわけではありません。

新品の転売だけで利益をだす、いわゆる「新品せどり」の場合、扱う商品が古物にあたらないため、古物商の許可は不要なのです。

ただ、せどりで安定的に大きな利益を目指すのであれば、中古品せどりがおすすめです

新品せどりでは、当然ですが仕入れ値が高額になるため、大きな利益を期待することができません。

中古せどりは、新品せどりに比べて仕入れ値が低く、商品価値が高騰した場合などは大きな利益率を期待できます

最近は、メルカリやヤフオクなど販売ルートも拡大しているため、お宝にめぐりあう可能性も高くなっています。

また、リサイクル意識の高まりから、中古品せどりの市場は拡大を続けています。

もし、古物のせどりで利益を出すのであれば、古物商の資格を利用した中古品せどりにすべきです。

古物商許可の資格無しでせどり・転売したら逮捕されるって本当? まとめ

リサイクル品や中古品といった古物の転売・せどりをするには古物商の許可が必要です。

無許可で古物取引をした場合、古物営業法違反となり、逮捕・処罰されるおそれがあります

場合によっては、以後5年間は古物商の許可が取得できなくなるなど別のペナルティが課せられる可能性もあります。

無許可での古物取引は、警察の捜査や取引相手からの通報で警察にバレてしまいます。

安全に取引を続けたいのであれば、古物商の許可は必ず取得しましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。