オリパ販売(オリジナルパック)をするには古物商許可が必要?

この記事は専門家が監修しています

トレカ転売の中でも、最近人気なのがオリパ販売です。

ただ、オリパ販売をするには、古物商許可が必要かどうか気になっている方もいるのではないでしょうか?

オリパ販売には、古物商許可が必要なケース不要なケースがあります

重要なポイントは、転売目的でトレカを買い受けた(仕入れた)かどうかという点です。

転売目的でカードを買い受けて、オリパ販売をする場合には、古物商許可が必要なのです。

もし許可なく販売を続けると重い罰則が科せられてしまいます。

今回は、オリパ販売のどういう場合に古物商許可が必要なのか、詳しく説明をします。

オリパ販売には古物商許可が必要なケースが多い

トレーディングカードゲームをプレイしたことのある人であれば、一度はオリパ販売という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

オリパ販売とは、売り手がランダムにカードを選んでオリジナルパックとして販売することをいいます。

トレカ転売の中でも、オリパ販売は利益率が高く、高額転売に繋がりやすいという理由で人気のようです。

オリパ販売をするには、古物商許可という資格が必要になる場合があるので注意が必要です

もし、許可なくオリパ販売をすると、警察に逮捕されてしまうことだってあるのです。

どういう場合に古物商許可が必要になるのでしょうか?

古物商許可はどういう場合に必要?

古物商許可という資格は、古物(中古品)を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要です。

トレカも中古品の場合は古物にあたります。

ですから、オリパ販売(転売)をするために、中古品のトレカを買い取る(仕入れる)場合、古物商許可が必要となるのです。

無許可で販売するとどうなる?

もし、無許可で中古品のトレカをオリパ販売した場合はどうなるのでしょうか?

この場合、古物営業法違反として逮捕され、重い罰則が科せられる可能性があります。

具体的には、3年以下の懲役または100万円以下の罰金という刑罰が科せられます。

そもそも、なんでこんな重い罰則で取り締りをしているんだろう?

古物営業法の目的は、中古品取引の中に盗品が紛れ込まないようにすることと、盗品の早期発見をすることです。

中古品取引を警察が管理しやすいように、許可が必要とされているのです。

無許可で中古品取引が行われると、警察が取引の管理をできなくなり、盗品捜査が難しくなってしまいます。

そのため、無許可での古物取引には重い罰則が科せられるというわけです。

転売目的がない場合は?

古物商許可は、中古品(古物)を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

では、転売目的がない場合はどうなるのでしょうか?

この場合、古物商許可は必要ありません

具体的には、

自分で使用するために集めたトレカがいらなくなったのでオリパ販売する

というケースです。

この場合、転売目的がないので古物商許可は不要なのです。

でもちょっと待って!
転売目的かどうかってどうやって判断するのかしら?

転売目的かどうかは、無許可営業を取り締まる警察が判断をします。

警察は、転売の回数やトレカの枚数、金額や種類など色々な事情から、転売目的かどうかを判断します。

もし、警察に転売目的と判断されると、「自分で使う目的だった」という言い訳は通用しないと思った方がよいでしょう。

結局、古物商許可を取得しておいた方が無難ってことだね

新品のトレカを仕入れて販売する場合は?

古物商許可は、中古品(古物)を転売目的で買い取る場合に必要となる資格です。

そのため、買い取る(仕入れる)トレカが、新品の場合、原則として古物商許可は必要ありません

例えば、トレカショップやおもちゃ屋から新品のトレカを買って、オリパ販売をする場合には、古物商許可は不要なのです。

ただし、注意しなければならないことがあります。

それは、新品であっても、一度個人が手にしたものは古物として扱われてしまうということです。

どういうこと?

例えば、ヤフオクやメルカリでは、個人が「新品・未開封」というタイトルで、トレカを販売しているケースがあります。

このトレカは開封されていないので新品に思えます。
しかし、一度個人が取引したものなので、古物(古物営業法での中古品)にあたるのです。

そのため、このトレカを転売目的で購入する場合は、古物商許可が必要なのです。

じゃあ、ネットショップで購入する場合は許可は不要ってこと?

ネット取引の場合には、さらに注意が必要です。

なぜなら、ネット上では、個人でも簡単にショップやストアを名乗ることができるからです。

例えば、ヤフオクでアカウントが「〇〇ショップ」となっていても、実際はただの個人事業主の場合があります。

その場合は、先ほど説明したとおり、古物商許可が必要になってくるのです。

ネット取引でトレカを転売する場合は、新品・中古品問わず許可を取っておいた方が安心ってことね

オリパ販売に古物商許可を取得するメリット

中古品のトレカを仕入れて転売をする場合は、古物商許可が必要です。

もし、無許可で転売を続けると逮捕・処罰されてしまう可能性があります

ですが、古物商許可を取得するメリットは、逮捕されなくなるというだけではありません。

オリパ販売と古物商許可はとても相性がいいのです。

中古品トレカで利益率アップ

古物商許可がなければ、新品のトレカを購入してオリパ販売するしかありません。

ですが、許可があれば、中古品のトレカをまとめ買いしてオリパ販売をすることが可能になります。

ヤフオクやメルカリでは、大量の中古トレカがまとめ売りされていることがあります。

まとめ売りされている中古トレカを大量に仕入れて転売すれば、仕入れ価格を抑えることができ、利益率アップが期待できるのです。

買い手からの信頼が得られる

オリパ販売で利益を出すには、買い手からの信頼が不可欠です。

オリパ販売をする場合、レアカードが混ざっていることをアピールすると高い値段が付きやすくなります。

ですが、買い手の立場になってみましょう。

本当にレアカードが混ざっているんだろうか

雑魚カードばかり買わされるんじゃないか

などと疑いを持つのが当然だと思います。

そのため、取引実績のない人の場合、オリパ販売をしてもあまり高い値段が付かないケースがよくあります。

そんなとき、もし古物商許可を持っているとどうでしょう。

ちゃんと資格を持っている人なんだから、詐欺みたいなことはしないだろう」と買い手の信頼がぐっとアップします。

オリパ販売でたくさん儲けようと思うのであれば、古物商許可は持っておいて損はないのです。

オリパ販売(オリジナルパック)をするには古物商許可が必要? まとめ

オリパ販売には、古物商許可が必要なケースと不要なケースがあります。

重要なポイントは、転売目的でトレカを仕入れたかどうかです。

転売目的かどうかは、警察が判断をします。

もし、警察から転売目的だと判断されてしまった場合、下手な言い訳で逃れることはできません。

無許可営業には、3年以下の懲役または100万円以下の罰金という重い罰則が科せられます。

オリパ販売で利益を出そうと考えている方や、既に利益を出している方は、絶対に古物商許可を取得しておくべきです。

古物商許可は、手続きがとても分かり難く、自分で取ろうと思うと、とても大変です。

簡単に許可を取りたいという方は、専門家である行政書士に依頼をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。