バッグや財布の転売に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

古くなったバッグをメルカリで売ったんだけど、結構高く売れたわ

そうなんだ。安く仕入れて転売すれば、結構お金儲けできそうだね

私もそう思うわ。ただ、バッグや財布の転売には、古物商っていう許可が必要なんだけど、知ってた?

古物商って名前ぐらいは聞いたことがあるけど、どんな許可なの?

今回は、バッグや財布を転売する際に必要な許可「古物商」について詳しく説明をします。

バッグや財布を転売するには古物商許可が必要です!

アマゾンやメルカリを覗いてみると、すごい数のバッグや財布が出品されていますね。

なぜ、そんなにたくさんの商品が出品されているのでしょうか?

理由は簡単です。

バッグや財布の転売は儲かるからです。

ただし、バッグや財布をビジネスとして転売するには、古物商許可が必要です。

「ビジネスとして転売する」というのは、具体的にいうと、転売目的で中古品(古物)を仕入れることをいいます。

最初から転売する目的で、中古品のブランドバッグや財布を買い取る場合は、許可が必要ってことだね

逆に言うと、「ビジネスとしての転売」でなければ許可はいりません

例えば、

  • 愛用してきたブランドバッグがいらなくなったのでメルカリに出品する
  • 家族からタダでもらった財布をヤフオクで売る
  • 自作(ハンドメイド)のバッグをメルカリに出品する

場合などです。

もしも、許可なくビジネスとしてバッグや財布の転売をすると、無許可営業として警察に逮捕されます。

罰則はとても重く、法律では「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。

もし、ビジネスとしてバッグや財布の転売をする場合は、必ず許可を取得しましょう。

ネット取引にも許可は必要

たまに、ネットの掲示板などを見ていると

ネット取引の場合、古物商なんていらないよ

金額が〇〇円以下の取引だったら、古物商許可はなくても大丈夫

などという書き込みを目にすることがあります。

ですが、これは完全な嘘情報です。

許可が必要かどうかの重要なポイントは、「転売目的で古物を購入したかどうか」です。

ネット取引かどうか、金額が大きいか、取引回数が多いかどうかなどは一切関係がありません。

古物商の教科書のように専門家が監修しているサイト以外の書き込みは、安易に信用するべきではないでしょう。

許可を申請するときは品目に注意!

古物商許可を取得すると、中古品などの「古物」を転売することができるようになります。

ただし、どんな古物でも扱えるというわけではありません。

古物は、法律によって13の種類(品目)に分類されています。

許可を申請するときは、自分で扱おうとする品目をこの中から選ばなければなりません。

申請した品目以外の古物を扱う場合は追加で届け出が必要となるので、間違えないように申請する必要があります。

13の品目というのは以下の通りです。

  • 美術品
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動2輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

当然ですが、高級ブランドのバッグや財布は革製品のものが多いですよね。

ですから、バッグや財布を扱うのであれば、「11、皮革・ゴム製品類」は必ず申請しましょう

品目は複数申請することも可能です。

ですから、バッグや財布以外に、アクセサリーや洋服の転売も考えているのであれば、「2、衣類」や「3、時計・宝飾品」の品目も申請しておきましょう。

面倒くさいから、13の品目を全部申請しちゃえばいいんじゃない?

たしかに、13品目すべて申請することは可能です。

ですが、申請する品目は必要最小限にするべきです。

なぜかというと、許可を取得するためのハードルが高くなるからです。

許可を申請すると、担当の警察官から申請した品目について色々と質問されることがあります。

この質問に上手く対応できないと許可は下りません。

品目の数を増やすということは、警察から聞かれる質問の幅も広くなるということです。

そのため、品目を増やすと許可が取りにくくなるのです。

品目は後から追加することもできるの。
だから、許可を取るときは、できるだけ少ない品目で申請して、許可を取った後から品目を追加するのが上手なやり方よ

バッグや財布の転売が儲かる理由

利益率が高い

バッグや財布の転売は他の転売と比べて利益率が高い傾向にあります。

中古でブランドのバッグや財布を仕入れて転売をすれば、場合によっては利益率が20パーセントを超えるケースもあります。

利益率が20%を超えるのは、新品の商品や他の中古品の転売ではほとんどありません。

さらに、ブランドバッグや財布は商品の価格自体も高いため、少ない取引でかなりの儲けを出すことも可能なのです。

需要が高い

ブランド品のバッグや財布は需要が高く、回転率も高いという特徴があります。

需要が高いというのは、個人で転売ビジネスを始める方にとっては特に大きなメリットといえます。

個人の場合だとあまりたくさんの資金を利用することは難しいと思います。

利用できる資金が少ないと、商品の売れ残りは転売ビジネスにとって致命傷となりかねません。

需要が高く、商品を早く現金に換えられるというのは、とても大きなメリットなのです。

バッグや財布を上手に転売するコツ

ブランド品を扱おう

バッグや財布の転売で儲けるには、とにかくブランド品を扱うべきです。

ノーブランドのバッグや財布の場合、商品単価が低く利益があまり期待できないからです。

扱うブランドですが、転売初心者の場合だと、あまり流通していないブランド品を扱うのも1つの手でしょう。

なぜかというと、たくさん流通しているブランド品の場合、ライバルが多いからです。

ライバルが多いと、経験や商品知識によって差がでてしまいます。

どんなブランドでも、必ずコアなファンがいます。

マイナーなブランドを扱うのも、効率よく利益を出すための1つの手法なのです。

付属品を手に入れよう

ブランド品のバッグや財布を扱う場合、付属品と一緒に売ると、価格が跳ね上がるケースがあります。

例えば、ヴィトンのバッグと一緒に、ケースや正規店のショッピングバッグ等をセットで販売するというケースです。

ネットで探せば、ブランド品のケースやショッピングバッグなどが単体で売られていることがあります。

これを仕入れて、バッグと一緒に販売すると、かなりの高額で売れることがあるのです。

偽物を見極める鑑定力を身につけよう

ブランド品のバッグや財布を扱う場合に、最も注意が必要なのは、偽物を掴まされないようにすることです。

「偽物を仕入れてしまい損をした」というだけならまだ良いです。

それを気づかないで転売してしまったら、大きなトラブルの原因となってしまいます。

偽物を見分ける力は、経験をつみながら身につけるしかないですが、最近では講習なども開催されているので、利用するとよいでしょう。

バッグや財布の転売に古物商許可は必要?

バッグや財布の転売をするには、古物商許可が原則として必要です。

古物商許可は、中古品などの古物をビジネスとして転売する際に必要となる資格です。

もし、この許可なく転売を続けると警察に逮捕・処罰されてしまうので、必ず取得するようにしましょう。

許可の取得については、自分でやると面倒なので、行政書士の代行サービスなどを利用すれば簡単に取得できておすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。