プリペイドカードの転売は違法?

この記事は専門家が監修しています

プリペイドカード転売に興味のある方の中には、

プリペイドカードの転売って違法なんじゃないか?

と考える方もいるのではないでしょうか?

プリペイドカードの転売は違法ではありません。

プリペイドカードの転売自体を規制する法律はないからです。

ただし、プリペイドカードの転売をするには古物商許可が必要です。

今回は、プリペイドカードの転売について詳しく説明をします。

プリペイドカードの転売は違法ではありません

プリペイドカードを額面より安く買い取って転売するビジネスモデルが人気です。

ただ、プリペイドカードの転売は、詐欺などの犯罪に利用されることも多いようです。

そのため、プリペイドカード転売に興味のある方の中には、

プリペイドカードの転売って違法なんじゃないの?

と思う方もいると思います。

ですが、ご安心ください。

プリペイドカードの転売は違法ではありません。

プリペイドカードの転売自体を規制している法律は現在のところ無いからです。

ただし、プリペイドカードの転売には、古物商許可が必要です。

許可なく転売をすると逮捕されてしまうこともあります。

また、法律ではなく、カードを発行している会社が規約で転売を禁止している場合もあります。

そこでまずは、プリペイドカードの転売と古物商許可について説明をしようと思います。

プリペイドカードの転売をするには古物商許可が必要です

古物商許可ってどんな資格?

プリペイドカードの転売自体は違法ではありません。

ですが、プリペイドカード転売をするには、古物商許可という資格が必要です。

古物商許可とは、中古品などの古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格のことをいいます。

プリペイドカードって古物になるのかな?

プリペイドカードが古物に当たるという点に違和感を感じる方がいるかもしれません。

たしかに、未使用のプリペイドカードは中古品とはちょっと違いますね。

ただ、古物営業法によると、「新品・未使用品でも一度個人が取引した物は古物に当たる」と規定されているのです。

簡単にいうと、個人からプリペイドカードを転売目的で買い取る場合、それが使用されていようが未使用品だろうが古物に当たるということです。

逆に、コンビニなどで購入した新品のプリペイドカードは古物にはあたりません。

そのため、この場合は古物商許可は不要ですが、ビジネスとしては難しいと思います。

コンビニで定価で買ったプリペイドカードを転売しても利益にならないから、そんなことをする人はいないよね

無許可営業には重い罰則

プリペイドカードの転売をするには、古物商許可が必要です。

もし、許可がないまま転売をするとどうなってしまうのでしょうか?

無許可でプリペイドカードの転売をした場合、無許可営業として逮捕・処罰されます。

罰則は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

刑法の暴行罪の罰則が、2年以下の懲役または30万円以下の罰金であることと比べるとかなり重いですね。

それだけ、警察は無許可でのプリペイドカード転売の規制に力を入れているということです。

実際に逮捕された例も

無許可でプリペイドカードを転売すると、逮捕され重い罰則が科せられます。

ですが、中には

きっとバレないんじゃない?

と思う方もいるでしょう。

実際、ネットの掲示板などでは、

個人での転売はバレないから古物商許可なんていらない

取引回数が少なければ警察も捜査なんてしない

などと無責任な書き込みを目にします。

ですが、こうした書き込みを安易に信用するのはとても危険です。

日本の警察はとても優秀です。

無許可の転売を続けると、いつか必ずバレます。

軽い気持ちで行った転売のせいで、取り返しがつかなくなることだってあるのです。

実際に、ネットオークションの利用者が無許可でチケットなどを転売し、逮捕されてニュースで報道されました。

これは、人気グループのチケット転売だったためニュースになりましたが、実際にはもっとたくさんの人が逮捕されています。

もし、安全に転売を楽しみたいのであれば、必ず許可を取得しましょう。

規約で転売が禁止されているケースも

プリペイドカードの転売自体を禁止している法律はありません。

ですが、カード会社が規約で転売を禁止しているケースがあります。

例えば、アマゾンギフトカードの場合、犯罪や現金化に利用されるケースが多いため、規約で転売が禁止されています。

規約に違反して転売をした場合、カードが無効になる可能性があります。

そのため、プリペイドカードの転売をする場合は、各カード会社の規約などをよく確認することが必要です。

プリペイドカード転売ビジネスの特徴と利益を出すコツ

薄利多売のビジネスモデル

プリペイドカードの転売ビジネスは、額面より安く仕入れたカードに利益を乗せて転売をするビジネスモデルです。

カードの種類にもよりますが、利益率はだいたい数%~10%前後です。

プリペイドカードの転売は薄利多売のビジネスモデルといえるのです。

そのため、安定して利益を出すためには、しっかりと在庫を準備して、たくさん取引をしなければなりません。

店舗型の場合は立地が重要

プリペイドカードの転売ビジネスは薄利多売のビジネスです。

そのため、どれだけお客さんを呼べるかが成功のポイントになります。

店舗でカードの売買をする場合、立地が非常に重要です。

高い収益を目指すのであれば、駅前や繁華街などに店舗を出す必要があります。

ただし、言うまでもありませんが、好立地の店舗は賃料も高く初期費用も大きくなります。

そのため、店舗型の場合、転売ビジネスの初心者には少しハードルが高いといえるでしょう。

ネット型の場合は規約に注意

最近では、ヤフオクやメルカリなどのサービスが普及し、誰でも簡単に転売ビジネスをすることができます。

プリペイドカードの転売ビジネスも、これらのサービスを利用すれば簡単に始めることができます。

ネット型のメリットは、設備費用がほとんどかからないということです。

スマホやパソコンが1つあればビジネスをスタートすることができます。

ただし、メルカリなどのサービスを利用する場合は規約に注意しましょう

アマゾンギフトなど一部のプリペイドカードは、取引が規約で禁止されている場合があるからです。

規約に違反するとアカウント停止などのペナルティを受けることがあります。

事前に規約をよく読んで取引をするようにしましょう。

自分でサイトを作って転売をすれば規約などを気にする必要はありません。

ですが、プリペイドカードの転売ビジネスは、どれだけお客さんを呼べるかが非常に重要です。

そのため、自分のサイトが少しでも検索に引っかかり易くするため、SEO対策が必須です。

プリペイドカードの転売は違法? まとめ

プリペイドカードの転売は違法ではありません。

プリペイドカードの転売自体を禁止する法律はないからです。

ただし、転売には古物商許可が必要です。

無許可で転売をすると古物営業法違反として逮捕・処罰される可能性があります。

また、カードを発行している会社が規約で転売を禁止しているケースもあります。

規約に違反するとカードが無効になるなどのペナルティを受けるため、事前にしっかり確認することが必要です。

プリペイドカードの転売ビジネスは薄利多売です。

そのため、たくさんのお客さんを集客すること、在庫をしっかりと用意することなどが成功するためのポイントになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。