【タダで貰った】無料で入手した中古品を売るには古物商許可が必要?

この記事は専門家が監修しています

2018年に古物営業法が改正されました。そのため記事の内容に一部変更がある場合があります。詳しくは【2018年改正】古物営業法で何が変わる?いつから?をご覧ください。

中古品を売買するためには、古物営業法の規定により原則として古物商の許可が必要です。

古物商の許可なく、中古品(古物)の売買を行ってしまった場合、古物営業法違反(3年以下の懲役100万円以下の罰金)となり警察に逮捕されるかもしれません。

では、あなたが無料で入手した中古品を誰かに転売する場合も、古物商の許可は必要になってくるのでしょうか。

ご安心ください。あなたが無料で手に入れた物や、自分で使用していた物を転売する場合には、古物商の許可は必要ありません。

古物商の許可が必要かどうか、どういう基準で判断されるのか、具体的なケースなども踏まえて説明していきたいと思います。

古物商の許可が必要なケースと不要なケース

あなたが無料で手に入れた物や、自分で使用していた物を転売する場合には、古物商の許可は必要ありません

では、古物商の許可は一体どういう場合に必要なのでしょうか。

古物商の許可は、お金を払って古物を仕入れた時や、交換した古物を転売する場合に必要です。
あなたが相手にお金を払って古物を仕入れる事を、「買受け」といいます。

相手にお金を支払うことなく無償で入手した古物を転売する行為は、この「買受け」にあたらないため、古物商の許可は不要となるのです。

全くの無償で仕入れた場合だけでなく、相手から処分手数料や引取手数料をもらって引き取った場合も、「買受け」にはあたらないため古物商の許可は必要ありません

それでは、具体的なケースをあげて説明したいと思います。

無料で貰ったものを販売する場合

あなたが、友人や家族のいらなくなった中古品を無料で引き取り、これをネットやリサイクルショップ等で転売するケースです。

この場合、古物商の許可は必要ありません

なぜなら、あなたは無料で古物を手に入れており、これは「買受け」には当たらないからです。

買受けに当たらないものを転売するには、古物商許可は必要ありません

ちなみに、無料でもらったものが壊れていたため、あなたが自分でこれを修理して転売する場合であっても、買受けがないことには変わりはありませんので、古物商の許可は不要です。

自分で使っていた物を販売する場合

自分で使用していた物品が不要になったため、これを誰かに転売したいというケースです。この場合も「買受け」はありませんので、古物商の許可は不要です。

中には、長年愛用しているうちにプレミアムが付いて、転売によってかなりの利益が出てしまった、というケースもあるかもしれません。

ですが、この場合も古物商の許可は不要です。

古物商の許可が必要となるのはあくまで「買受け」がある場合であって、価格の大小は関係ないからです。

ゲームセンターで手に入れた景品を販売する場合

UFOキャッチャーで手に入れたフィギュアなどの景品をヤフオクやメルカリで販売する等のケースです。

この場合も古物商の許可は必要ありません

ただ、UFOキャッチャーで商品を手に入れるためにはお金を払いますよね。
これが「買受け」になるかどうかがポイントです。

しかし、それはあくまでUFOキャッチャーで遊ぶための代金とみなされます。
商品を購入する代金ではないのです。

そのため、このケースでは「買受け」にはあたらず、古物商許可は必要ないのです。

最近では、ゲームセンター限定のグッズなどが置かれており、これを転売するとかなりの利益が出る場合もあるようです。

ですが、既に説明したとおり、古物商の許可が必要かどうかは金額の大小と関係がないので、レアなアイテムの転売で多額の利益を出した場合でも古物商の許可は不要です

お金を払って古物を手に入れて販売

友達がいらなくなった古物を、お金を払って売ってもらい、これを他の人に転売するようなケースです。

この場合は古物商の許可が必要です。

あなたが友達にお金を払って古物を手に入れる行為は「買受け」にあたるからです。

買受けたものを転売しているので、古物商の許可が必要となります。

許可なく販売した場合には、古物営業法違反となり、場合によっては警察に逮捕される可能性もあるので注意が必要です。

なぜ無料で入手した場合には古物商許可が不要なのか

古物商の許可が必要となるのは買受けの場合であって、無料で入手した場合や自分で使用していた中古品の売買には、古物商の許可は不要だと説明しました。

では、なぜ無料で入手した場合に古物商の許可は不要とされているのでしょうか。

そもそも古物営業法は、中古品の中に盗品が混ざらないようにするため、または、盗品が混ざってしまった場合すぐに警察が対処できるようにするために作られた法律です。

そのため、中古品の売買に古物商の許可が必要になるかどうかは、一連のやり取りに盗品が流通する危険性があるかどうかが基準とされています。

  • 無料でもらった物
  • 自分で使用していた物
  • ゲームセンターで手に入れた景品

これらのものに盗品が混ざり込む危険性は高いといえるでしょうか。

窃盗の犯人がなんら利益を出すこともなく、盗品を手放すというのはあまり考えられないですよね。

ですから、無料で入手したものなどに盗品が混ざり込む危険性は低いと考えられ、そのため古物商の資格は不要とされているのです。

無料回収で引き取った中古品の転売をビジネスにする場合の注意点

無料で入手した中古品を転売する場合に古物商の許可は不要であることを説明しました。

では、不用品などの無料回収で引き取ったものを転売すれば、古物商の許可を得ることなく、利益を出すことができ、誰でも簡単にビジネスとしてやっていけそうな気がしますね。

ですが、現実はそう甘くありません

無料回収に古物商の許可は必要ありませんが、その代わりに、産業廃棄物収集運搬業許可一般廃棄物収取運搬業許可が必要なケースがあるのです。

しかも、これらの許可は、古物商の許可の取得よりもはるかに要件が厳しく、取得するのは大変なのです。

これらの資格を取得しないまま不用品の無料回収などを行った場合、違法となり逮捕されてしまう可能性もあります。

不用品回収をビジネスとしてやっていきたい、と考えるのであれば、その前に一度専門家に相談することをおすすめします。

中古品を無料で引き取って転売するケースの例

では、実際に行われている転売のケースをいくつか紹介します。

ゲームセンターの景品を販売

多くのゲームセンターには、UFOキャッチャーなどアニメやゲーム関連のグッズを手に入れることのできるマシンが置いてあると思います。

また、ヤフオクやメルカリなどネットサービスの普及によって、手に入れたグッズを転売することはかなり簡単になってきました

最近ではゲームセンターにしか置いていない限定グッズなどもあり、場合によっては、かなりの利益を見込めるケースもあるようです。

ゲームセンターで手に入れた景品の転売は、既に述べたとおり、「買受け」にあたらないため、古物商の許可は不要となります。

遺品整理で引き取ったものの販売

遺品整理で発生した不用品を遺族から譲り受け、これを販売するケースです。

これも買受けにあたらず、古物商の許可は不要です。

ゴミの処分や掃除などのサービスと併用してビジネスとしているケースが多いようです。

古物を1円で引き取って転売

たとえ1円であっても古物の代価としてお金を支払う以上、「買受け」に該当し、古物商の許可が必要になってきます。

ただし、代価を支払った場合には、不用品の回収ではないため、産業廃棄物収集運搬業許可などが不要となるため、形だけ代価を受け取ってビジネスとしている方も多いようです。

【タダで貰った】無料で入手した中古品を売るには古物商許可が必要?まとめ

いかがでしたか。

無料でもらったものや、自分で使用していたものの転売には、古物商の許可は不要です。

ですが、それをビジネスとして考えた場合には、他の許可などが必要となるケースがあるため注意が必要です。

もし気になっているのであれば、一度、専門家に相談し、必要な許可の有無などを確認したうえで、安心して取引をしたいですね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)