チケットの販売はどういう基準で違法になるのか

この記事は専門家が監修しています

大好きなアーティストのライブに行きたいのにチケットが一瞬で完売してしまい、ネットのオークションサイトに高額で出品されていた、という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

最近は、人気アーティストのライブで、入場時に購入者本人かどうか身元を確認したり、違法な取引で購入されたチケットの座席は使用禁止にしたりなど、チケットの転売に対して厳しい対策が取られています。

チケットの転売が取り締まりを受けることをうれしく感じる一方で、自分で参加する目的でチケットを購入したものの都合がつかなくなってネットオークションサイトに出品した場合にも違法とみなされるのか、心配になったりしませんか?

今回は、チケットの転売はどのような基準で違法とみなされるのか、詳しくご紹介していきます。

一番のポイントは、どのような目的で購入したのか

チケットの違法販売で逮捕されるかどうかの一番のポイントは、どのような目的でチケットを購入したか、です。

『利益を出す目的で継続的に大量購入したり高額で転売をしている』と判断された場合、違法販売で逮捕される可能性が高まります。

一方で、自分で参加する目的でチケットを購入したものの、都合がつかなくなってネットオークションサイトに出品したら高く売れたケースについては、違法な販売とはなりません。

なぜチケットの転売を取り締まるのか

最近は主催者や警察がチケットの転売に対してかなり厳しい対策をしています。具体的にはどのような対策をとっているのか、くわしく見ていきましょう。

チケットの転売を取り締まる理由

犯罪組織の収益源となりやすい

組織ぐるみで違法チケット販売を行っている場合も多く、犯罪組織の大きな収益源となってしまうため

転売屋が入ると価格が上がり、適正価格で消費者が買えなくなる

チケットの値段が不当につり上がってしまい、主催者が設定した値段の数倍から数十倍の値段を払わないと消費者が購入できなくなってしまうため

転売屋がチケットを買い占めたが、転売できない場合は空席となってしまう

チケットを転売したものの買い手がつかず、チケットは完売しているのに空席が目立つようなケースもでてきてしまうため

主催者側の意向

ファンがチケット代として高額を支払うために、グッズの売れ行きが落ち込んでしまうなど、チケットの転売は主催者側の収入にも大きな影響を及ぼしているため

チケット転売への具体的な対策

会場での本人確認

チケットに購入者の氏名や住所を印刷しておき、ライブ当日に入り口で身分証明書を提示してもらう

転売での購入が判明するとチケットが使えなくなる。(無効となる)

座席に「この座席は違法販売されました」と張り紙をして座れなくするなど、チケットの価値を主催者側が無効にする

警察による転売屋の摘発

高額でチケットを売りつけるためにライブ会場周辺をうろつくことや、インターネット上で転売目的でチケットを大量購入して売りさばく行為を摘発する

なぜ警察が介入し、逮捕するのか

チケットの違法取引を警察が逮捕するのは、具体的にはどのような理由や根拠に基づいているのでしょうか。

逮捕する理由

①古物商許可の有無

古物商許可制度の目的と同じく、『犯罪組織が転売を利用して利益を出す』ことを防ぐため

②迷惑防止条例違反

ライブに参加する目的ではなく転売して利益を出すことが目的であるため、本当にライブを観たい人に対して迷惑をかけているため

逮捕する根拠

①古物法違反(無許可営業)

商品は、一度人の手に渡ると、たとえ未使用でも古物として扱われます。そして、古物を売り買いするためには、古物商の許可を得ていることが必要です。

この法律を根拠に逮捕されるということは、「無許可で金券ショップをやってしまった」と考えるとわかりやすいでしょう。

逮捕の実例
人気男性アイドルグループのコンサートチケットを転売したとして、香川県に住む25歳の女性が古物営業法違反(無許可営業)で逮捕されました。

報道によると、女性は転売サイトを使い、人気男性アイドルグループのコンサートチケット5枚を定価の1.6倍に当たる値段で売った疑いがあるとのことです。女性は1年半に渡り何度も転売サイトに出品して、合計で約1000万円を売り上げていた可能性があるそうです。

女性の直接の容疑はチケット5枚の販売ですが、古物法違反を逮捕理由としたのは、継続性から「利益を出す目的での営業」と判断されたものと考えられます。

②ダフ屋行為(条例違反)

以下の行為がダフ屋行為とみなされます。ただし、これらを取り締まる法律自体は存在しないため、迷惑防止条例の違反行為とされています。

ダフ屋行為

  • 転売目的でチケットを買い、買った値段より高く販売する
  • チケット窓口に、大量購入のために人を雇って並ばせる
  • ライブ当日の会場近辺などで高額な値段でチケットの購入を持ちかけたり、その目的のためにうろついたりする

逮捕の実例
人気ダンスグループのコンサートのチケットを転売目的で大量購入したとして、警視庁生活安全特別捜査隊が東京都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで、23歳男性を逮捕しました。

報道によると、男性はファンクラブに48口加入。ファンクラブの先行予約でチケットを大量に入手し、転売サイトに最高約10万円で出品していたとのことです。男性は約3年半に渡り何度も転売サイトに出品して、合計で約2000万円を売り上げていた可能性があるそうです。

また、50代男性を首謀者として、ホームレス十数人に1人当たり日当約7千円を支払い、宝塚歌劇団のチケット発売日の1~2日前から店に並ばせて購入させていました。適正価格の最大約17倍で転売していたとのことです。

ダフ屋と金券ショップの違い

先ほど、古物法違反の逮捕の実例として、チケットを転売した女性の逮捕をご紹介しました。では、古物商としての許可を取得していたらチケットの転売は問題ないのでしょうか。
古物商許可を取得している金券ショップと、許可を得ていないダフ屋の違いを見てみましょう。

ダフ屋 許可を得ずに公共の場で販売をしている

ダフ屋は、不当な買い占め、価格のつり上げ、付きまとい、押し売りなどが問題となるので迷惑防止条例で規制がされています。

金券ショップ 古物商許可を取得している

金券ショップは古物商許可を取得しかつ法律を守って映画や新幹線などチケット類を販売したり、販売を委託されたりします。

ダフ屋と金券ショップの違いは法律を守り、プロとして古物(チケット類)の販売をしているかどうかです。

コンサート等のチケットは、取り扱わない金券ショップが多いです。理由は、チケットが合法的に購入されたものか判断がつきにくく、買取りのリスクが高いためです。

おわりに

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、チケットの高額転売はさらに取締りが強化されていくことが予想されます。今現在も、会場の入口で身分証の確認をしたり、スマートフォンへ電子チケットを送信するなど、日々新たな対策が導入されています。ところが、ダフ屋側も身分証やスマートフォンを貸し出すなど、いたちごっこが続いているのが実情です。

一方で、これまで転売サイトが担っていた「自分で参加する目的でチケットを購入したものの都合がつかなくなってチケットを売りたい」というニーズや、「知り合いに適正価格で譲りたいのに、購入者本人の身分証がないと入れないのは厳しすぎる」といった意見もあります。

ダフ屋の存在がなくならない限り、ファンが適正価格でチケットを購入できなかったり、事情があって適正価格でチケットを譲りたい人に不便が生じたりします。

まずはダフ屋からチケットを買わないこと、そして、安易なお小遣い稼ぎのつもりでチケット転売をしないようにひとりひとりが自覚することが大切ではないでしょうか。

古物商許可専門のトラスト行政書士事務所に依頼すれば、古物商許可の取得がネットで完結!
さらに、古物台帳や古物プレートなど古物営業に必要な特典ももらえます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
http://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)