【ヤフオク】ネットオークションで古物商許可が必要ですか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

ヤフオクなどのネットオークションで商品の売買を繰り返して利益を得ていきたい場合には、基本的に古物商許可が必要と考えた方が良いでしょう

ヤフオク、楽天オークション、ビッターズなどのオークションサイトを活用すると継続的に利益を出すことも十分可能です。
その際に必要となるのが古物商許可(古物商免許)です。

ただ、オークションを使う人は全員古物商許可が必要というわけではありません。

ネットオークションをよく使うんだけど、僕も古物商許可は必要なのかな?

ネットオークションは使い方によって、古物商許可が必要となります
それではどのようなときに必要になるのかを見ていきましょう。

古物商許可が必要な基準

ヤフオクや、楽天オークションなど、ネットオークションを利用しているという人は多いでしょう。

ネットオークションは、使い方によって、古物商許可が必要になる場合があります。

古物商許可って、リサイクルショップとかが取る許可でしょ。僕は個人でネットオークションを使ってるだけだよ。

古物商許可が必要なのは、お店だけとは限らないのよ。

古物商許可とは、中古品を売り買いするビジネスをするために必要な許可です。

個人でネットオークションを利用するだけでも、古物商許可が必要なケースもあります。

古物商許可が不要なケース

自分で持っていたものを、いらなくなったのでネットオークションに出品したり、自分で使うためにネットオークションでものを落札するといった使い方なら、古物商許可は不要です。

タダでもらったものをネットオークションに出品するのも、古物商許可は不要よ。

古物商許可が必要なケース

ネットオークションで古物商許可が必要なケースは、ビジネス目的で使うときです

例えば、このような使い方です。

  • ヤフオクで買った中古品を、ヤフオクで売って利益を得ることを繰り返す
  • ブックオフで買った中古品を、ヤフオクで売って利益を得ることを繰り返す
  • ヤフオクで買った中古品を、貸し出して利益を得ることを繰り返す
  • ヤフオクで同じ中古品を、一度にたくさん買って、使わない分を売って利益を得ることを繰り返す
  • ヤフオクで買った中古品を分解して、パーツだけを売って利益を得ることを繰り返す
  • ヤフオクで買った中古品を、海外へ輸出して利益を得ることを繰り返す

古物商許可が必要なケースを判断するポイントは、客観的から見てビジネスに見えるかどうかです。

ビジネス目的でネットオークションを使うケースには、次の2点が共通しています。

  • 利益を得る目的で利用している
  • 1を繰り返し行っている

このポイントに当てはまるかたちで、ネットオークションを利用しているのなら、古物商許可が必要です。

利益があるかないかは関係ないからね。

利益を得る目的でネットオークションを繰り返し利用していても、実際は赤字だというケースもあるでしょう。
そのような場合でも、古物商許可が必要です。

利益があるかどうかではなく、利益を得る目的でネットオークションを利用するかどうかがポイントです

古物商許可が必要かどうかは警察が判断する

ネットオークションを、利益を得る目的で繰り返し利用するには、古物商許可が必要です。

利益を得る目的かどうかなんて、黙っていれば誰もわからないんじゃない?

それがね、取引の記録を調べれば、大体わかっちゃうの。

ネットオークションを、利益を得る目的で利用しているかどうかを判断するのは、本人の意思ではなく警察です。

警察は、犯罪を防ぐためにネットオークションのパトロールをしています。

パトロールをしているといっても、ネットオークションの利用者を片っぱしから取り締まるようなことはしません。

あやしい利用者を見つけたときに、取引の記録を詳しく調べます。

あやしい利用者ってどんな人?

例えば、『冷蔵庫を一日に5台買っている人』などです。

5台もの冷蔵庫を自分で使うとは考えにくいです。

買った冷蔵庫を転売して利益を得ようとしていると、判断するのが妥当でしょう。

この利用者が古物商許可を取っていれば問題ないですが、許可を取っていないとなると、警察から事情を聞かれる可能性が高いです。

ネットオークションで古物商許可が必要な取引かを判断するポイントは、『転売する目的で”繰り返し”利用していること』でした。

ですが、冷蔵庫を一日に5台買うような取引は、一度しか行っていなくても事情を聞かれる可能性もあります。

事情を聞かれたら逮捕されるの?

すぐに逮捕となるケースは少ないわ。

古物商許可を取らずに、利益を得る目的で中古品を転売していることが見つかると、いきなり逮捕されるケースもあります。

逮捕されれば、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方という、重い罰則もあります。

こんなに重い罰があるんだ!

利益を得る目的でネットオークションの取引を繰り返していて、まだ古物商許可を取っていないという方は、必ず許可を取りましょう。

古物商許可を取らないままでいると、取引の相手とトラブルになることもあります。

古物商許可を取っていない人に目をつけて、わざとクレームを入れる人も中にはいるようです。

そのようにクレームを入れられて裁判になったとしても、古物商許可を取っていないことはたしかですから、圧倒的に不利です。

ネットオークションで利益を得ることを繰り返しているなら、さっさと古物商許可を取っておくべきね。

古物商許可を取るのが難しいなら行政書士に頼む

利益を得る目的で、ネットオークションでの取引を繰り返しているなら、古物商許可が必要です。

古物商許可を取ることは、そんなに難しいことではありません。

しかも、有効期間や更新もないので、一度取ってしまえば、基本的には、一生有効な許可です。

申請にかかる費用は1万9000円と、他の許認可に比べると安いものです。

一生有効で、費用も安い!
早めに取っておくに越したことはないね。

古物商許可を申請するには、書類をそろえる必要があります。

書類は役所でもらうものがあるので、日中、働いている人にとっては、時間を取るのが難しいです。

また、一から作成する書類もあるので、書き方が分からず悩む人もいるでしょう。

古物商許可を取るのが難しいと感じる方は、行政書士に頼むのがオススメです。

行政書士なら、忙しいあなたに代わって、書類をすべてそろえてくれます

その他の手続きも、すべて代わりにやってくれるので、待っているだけで古物商許可を取ることができます

【ヤフオク】ネットオークションで古物商許可が必要ですか? まとめ

ネットオークションを使うとき、古物商許可が必要なケースと、不要なケースがあります。

必要なケース
利益を得る目的で、繰り返し取引するとき。
不要なケース
不用品や、もらったものを出品したり、自分で使うために商品を落札するとき。

古物商許可を取らずに、利益を得る目的で、繰り返しネットオークションで取引をすると、逮捕される可能性があります。

逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられます。

行政書士に頼むと、古物商許可を簡単に取ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。