メルカリでチケットの転売はダフ屋行為になるの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

メルカリでチケットを転売したらダフ屋行為になるの?

そうねぇ…やり方によってはダフ屋行為になるわね。
ただ、それで逮捕されるかといえば…そうとも言い切れないの。

え?どういうこと?

転売のやり方によってはダフ屋行為になるが、逮捕はされない!?

メルカリでチケットを転売すること自体は、ダフ屋行為ではありません。

ただ、転売のやり方によっては、ダフ屋行為となります

そもそも、ダフ屋行為とは何でしょうか。

ダフ屋行為とは…
公共の場所で、チケットの転売やそのための仕入れを、人に迷惑がかかるかたちで行うこと
です。

具体的には、次のような行為がダフ屋行為にあたります。

  • 法外な値段でチケットを転売する。
  • チケットを転売する目的で買いしめる。

また、次のような転売や仕入れ以前の迷惑な行為も、ダフ屋行為にあたります。

  • チケットを買いしめるために、人を雇って並ばせる。
  • イベント会場などで、つきまとったり、呼びかけたりして、チケットを転売しようとする。

ちなみに、ダフ屋行為自体を取り締まる法律はありません。

ダフ屋行為は、各都道府県で定めている迷惑防止条例で取り締まっています。

メルカリでの取引で起こりうるダフ屋行為は、『法外な値段でチケットを転売する』だけだと思われます。

では、チケットに法外な値段をつけてメルカリで転売した場合、それが迷惑防止条例違反にあたるかというと、そうとも言い切れないのです。

迷惑防止条例違反にあたるかを考えるときに、重要なポイントがあるの。

おさらいすると、ダフ屋行為とは…
“公共の場所で”、チケットの転売やそのための仕入れを、人に迷惑がかかるかたちで行うこと
です。

公共の場所で』というところが重要なポイントです。

つまり、迷惑なチケットの転売をした場所が、公共の場所でなければ、迷惑防止条例違反にはあたらない可能性が高いのです。

迷惑なチケットの転売をメルカリで行う場合はどうでしょうか。

メルカリという場所は『インターネット上』ととらえることができます。

インターネット上って公共の場所だと思う?

公共の場所じゃないの?いや、違うか?んー、難しいとこだね…

実は、これまでの判例では、インターネット上は公共の場所ではないと判断されているケースが多いです。

つまり、チケットに法外な値段をつけてメルカリで転売しても、迷惑防止条例違反として取り締まりできないケースもあるのです。

えー!明らかにダフ屋行為なのに、違反にはならないの!

ただ、あくまで判例なので、くつがえることもあります。

チケットに法外な値段をつけてメルカリで転売しても、絶対に捕まらないという保証はありません。

メルカリでチケットを転売するときは、度が過ぎた値段設定はやめましょう。

というわけで、まとめると…

メルカリを『公共の場所』だと判断した場合、チケットに法外な値段をつけてメルカリで転売する行為は、ダフ屋行為とみなされる可能性があります

一方でメルカリを『公共の場所』ではないと判断した場合迷惑防止条例で取り締まられない可能性もあります

ポイントはインターネットが公共の場所とみなされるかどうかです。

ただし、2019年6月14日から、チケット不正転売禁止法がスタートしました。
この法律は、迷惑防止条例では取り締まりが難しかった、インターネットでのチケット転売も規制の対象です。

さらに、メルカリ自体はフリマアプリです。

メルカリ側で古物の取引規制もされています。

メルカリでのチケット転売については、ダフ屋行為以外にも多くの規制や規約で制限されている点に注意しましょう。

ダフ屋行為をした場合の罰則

ダフ屋行為をして、迷惑防止条例違反となれば罰則があります。

条例ですので、罰則は都道府県ごとに異なっていて、東京都を例に挙げると…

6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金

そして、常習犯だと…

1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

ちなみに、迷惑防止条例にダフ屋行為の禁止を盛り込んでいない県もあります。

青森、鳥取、山口、宮崎、鹿児島、沖縄の迷惑防止条例には、ダフ屋行為の禁止が盛り込まれていません。

迷惑防止条例違反にならなくても、チケット不正転売禁止法違反になる可能性がある

チケット不正転売禁止法という法律が、2019年6月14日に施行されました。

正式名称は『特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律』

この法律がどんな法律かをざっくり言うと…
特定のチケットの転売で儲けることを禁止する法律
です。

チケットに法外な値段をつけてメルカリで転売しても、迷惑防止条例違反とは判断されない可能性もあると先述しました。

しかし、そのような行為は、チケット不正転売禁止法に違反する可能性があります。

チケット不正転売禁止法は、もっと詳しい解説が必要ね。

教えて~。

メルカリのルールを守っていれば大丈夫

メルカリのルールを守っていれば、チケット不正転売禁止法違反にはならないの。

メルカリでは、いろいろとルールが決められていて、出品できるチケットが限られています。

チケット不正転売禁止法で取り締まり対象のチケットは、そもそも、メルカリのルールで出品できません

なので、メルカリのルールを守っていれば、メルカリでチケットを転売するときに、チケット不正転売禁止法違反になることは本来ないのです

ですが、メルカリではルールを守らない出品があとをたちません。

メルカリ側もチェックの目を光らせていますが、たくさんある出品物を、24時間365日チェックするにも限界があるのです。

ルールを守らない出品は、もちろんメルカリの規約違反ですし、チケット不正転売禁止法違反などの法律違反になる可能性もありますので、絶対にやめましょう

チケット不正転売禁止法で取り締まるチケット

実は、チケット不正転売禁止法は、どんなチケットでも、その転売で儲けることを禁止しているわけではありません。

規制の対象となるチケットが決められています。

対象のチケットは、日本国内で開催される『エンタメの観覧チケット』と『スポーツの観戦チケット』です。

エンタメは、映画、演劇、演芸、音楽、舞踊などなど、芸能全般が対象よ。

遊園地や美術館などの入場券、新幹線や飛行機などの乗車券といったチケットは、規制の対象ではありません

そして、規制の対象はさらにしぼられます。

日本国内で開催されるエンタメの観覧チケットと、スポーツの観戦チケットの中で、以下の要件をすべて満たしているチケットが、チケット不正転売禁止法で取り締まるチケットです。

  • イベントの日時、場所と、座席または入場できる人が指定されているチケットであること

イベントの主催者や、チケット販売業者がチケットを販売するときに、

  • 利益をもらってチケットをゆずることを禁止する』と説明していること
  • 入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き』をとっていること

チケットの券面や画面に、

  • 『利益をもらってチケットをゆずることを禁止する』と説明しましたという旨が表示されていること
  • 『入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き』をとりましたという旨が表示されていること

QRコードなどを使った電子チケットでも、要件をすべて満たしていれば規制の対象です。

どんなチケットの転売でも取り締まるってわけじゃないんだね。

チケット不正転売禁止法で禁止していること

チケット不正転売禁止法は、取り締まり対象のチケットを転売して儲けることを禁止しています。

対象のチケットなら、定価より1円でも高く転売すると、『転売で儲ける』ことになるので違反となります

じゃぁ、法外な値段で転売するなんて、思いっきりチケット不正転売禁止法違反だね!

逆に、対象のチケットであっても、定価や定価より安く転売したり、タダでゆずることは違反にはなりません

メルカリでチケットの転売はダフ屋行為になるの? まとめ

メルカリでチケットを転売すること自体はダフ屋行為にはなりません。

ですが、法外な値段をつけるなど、人に迷惑がかかるような転売であれば、ダフ屋行為となります

ただ、メルカリでダフ屋行為を行っても、メルカリが公共の場所だと判断されなければ、迷惑防止条例違反とならない可能性もあります。

とはいえ、ダフ屋行為はいけない行為なので、絶対にやめましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。