メルカリでアカウントがBAN(利用制限・利用停止)される理由

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリには、利用に関して細かいルールが設定されており、このルールに違反するとアカウントがBAN(利用制限・利用停止)されてしまいます。

メルカリでアカウントがBANされる主な理由は、

  • 禁止出品物の出品
  • 短期間での大量出品や複数アカウントの所持
  • 無在庫転売
  • 法令を守らなかった場合

などです。

アカウントがBANされると取引は一切できなくなるわ。悪質性が高い場合は、アカウントの復活ができないケースもあるから注意が必要ね

え~、じゃあどうすればいいの?

アカウントがBANされる理由をあらかじめしっかり理解しておいて、リスクを回避することが重要よ

そこで、今回はメルカリのアカウントがBAN(利用制限・利用停止)される主な理由について解説をしたいと思います。

禁止出品物の出品

メルカリでは、さまざまな理由からいくつかの商品の出品が禁止されています。

これをメルカリでは、禁止出品物といいます。

運営は禁止出品物を出品したアカウントに対して、厳しい対応をとっており、場合によっては一発アウトという可能性も十分にあります。

禁止出品物の中でも、特に注意しなければならないのは、偽物や商標権・著作権を侵害する物の出品です。

どうして特に注意しなきゃいけないの?

それは、アカウントのBANだけじゃ済まない可能性があるからよ

例えば、偽物を知ったうえでメルカリに出品した場合、アカウントがBANされるだけでなく、詐欺罪に問われる可能性があります。

商標権・著作権を侵害する物とは、アニメのキャラクターデザインを勝手に使用したグッズなどのことをいいます。

他人の商標権や著作権を侵害すると、その権利者から多額の損害賠償を請求される可能性があります。

これらの禁止出品物を出品すると、あとから取り返しがつかないことになる可能性があるので、取り扱うのは絶対にやめましょう。

短期間での大量出品や複数アカウントの所持

短期間での大量出品もアカウントがBANされる大きな原因の1つです。

通常の方法で出品をしていれば、問題になることはまずありません。

問題になるのは、外部ツールなどを使って大量出品するケースです。

最近、メルカリはこうした外部ツールの使用について、特に厳しくチェックをしています。

短期間で大量の商品を出品すると、外部ツールの使用と判断され、アカウントがBANされてしまうのです。

商品の順位をあげるために、同じ商品の出品とキャンセルを繰り返す行為も同様に、アカウントBANの対象となります。

また、大量に出品した商品を管理するために、複数アカウントを使い分ける方もいますが、これもよくあるアカウントBANの対象です。

メルカリでは、1人につきアカウントは1つというルールを規定しています。

いくら、便利だからといっても、アカウントを複数使い分けるのはやめましょう。

複数アカウントを使い分けるのって運営にバレるのかな

メルカリでは、口座情報や電話番号、スマホやパソコンの個体識別番号などさまざまな方法で複数アカウントをチェックしているから、バレる可能性はとても高いわ

無在庫転売

無在庫転売とは、在庫を仕入れる前に商品を出品し、購入された後から商品を仕入れて発送するという転売方法です。

この方法で転売をすれば、出品者は余計な在庫を抱えるリスクがなくなり、効率的に稼ぐことが可能になります。

ですが、商品によっては、購入後の仕入れができないケースもあり、購入者との間でトラブルに発展するケースが多くありました。

そのため、現在メルカリでは、無在庫転売を禁止しています。

でも、黙っていればバレないんじゃない?

無在庫転売であることを黙っていた場合でも、購入から発送までの期間が長いなど、無在庫転売が疑われるケースでは、アカウントがBAN(利用制限・利用停止)される可能性があります。

メルカリで商品を出品する場合は、必ず在庫が手元にある状態で出品をしましょう。

法令を守らなかった場合

法令に違反する場合も、アカウントBANの対象です。

メルカリを利用する際に注意すべき法律には、たとえば、チケット不正転売禁止法古物営業法などがあります。

チケット不正転売禁止法では、譲渡禁止の表示がされたチケットの高額転売を禁止しています。

出品した側だけでなく、購入した側も規制の対象なので注意しましょう。

また、古物営業法では、ビジネス目的で中古品の転売をするには、古物商許可を取得しなければならないことを定めています。

メルカリで中古品の転売を繰り返すと、ビジネス目的と判断され古物商許可を持っていないアカウントはBANされてしまうかもしれません。

これらの法令違反行為をしてしまうと、メルカリのアカウントがBANされるだけでなく、法律違反として警察に逮捕される可能性もあります。

自分の取引が法令に違反しないか、常に注意するよう心がけましょう。

メルカリでアカウントがBAN(利用制限・利用停止)された場合の対処法

メルカリは、誰でも気軽に利用できるツールのため、ルールを守らない悪質な利用者もたくさんいます。

そのため、メルカリでは取引について細かくルールを定め、このルールを守らない人に対してはアカウントをBANするなど厳しい措置をとっています。

メルカリのアカウントBANには、大きく次の2つのケースがあります。

1つ目は、期限付きのアカウントBAN(利用制限・利用停止)です。

これは、例えば12時間や24時間といった期限付きで取引ができなくなるペナルティのことをいいます。

軽い違反行為に対して課されるペナルティで、期間が経過すると利用制限は解除されます。

ただし、繰り返し同じ違反行為をすると、次で説明する無期限の利用停止になってしまう可能性があるので注意しましょう。

次に、無期限のアカウントBAN(利用制限・利用停止)です。

これは、運営から特に違法性が高い、又は悪質だと判断された場合に課されるペナルティです。

アカウントは強制退会扱いとなってしまうため、復帰することはほぼありません。

この場合に、再度メルカリを利用したいのであれば、アカウントを作り直すしかありません。

ただし、登録情報が以前のアカウントと同じ場合は、悪質な利用者として、またすぐにBANされてしまう可能性があります。

ですから、再度利用する場合は、電話番号や口座番号など別のものを用意した方がよいかもしれません。

ちなみに、ネット上では「事務局に謝罪文を送るとアカウントが復帰する」といった噂が流れているようですが、実際に復帰した人のコメントはないため、おそらく勘違いだと思います。

無期限のアカウントBANから復帰したっていう例はないの?

一応あるけど、それは運営側のミスなど限られた場合しかないわ

無期限のアカウントBANになったら絶望的だね

よほど悪質な行為でない限り無期限のBANはされないはずだから、普通に利用する分にはあまり気にしなくても大丈夫よ

メルカリでアカウントがBAN(利用制限・利用停止)される理由 まとめ

メルカリでアカウントがBAN(利用制限・利用停止)になる主な理由としては、

  • 禁止出品物の出品
  • 短期間での大量出品や複数アカウントの所持
  • 無在庫転売
  • 法令を守らなかった場合

などがあります。

メルカリのアカウントBANには、期限付きのケースと無期限のケースの大きく2つがあります。

期限付きの場合は、期限が経過すると利用制限は解除され、また取引ができるようになります。

ですが、無期限の場合、アカウントが復帰することはほとんどありません。

メルカリを利用するときは、あらかじめどういう場合にアカウントがBANされるのか、しっかり調べてから利用するようにしましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。