古物商で初心者向けの品目は?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可を申請するときは、扱う商品の種類(品目)を選ばなければなりません。

古物商で初心者におすすめの品目は「道具類」「衣類」「時計・宝飾品」などです。

どうして、初心者におすすめなの?

その理由や、具体例などをこれからしっかり説明するわ

古物商の転売初心者におすすめは身近な品目

古物商で初心者におすすめの品目は「道具類」「衣類」「時計・宝飾品」です。

なぜなら、身近なものを扱う方が転売ビジネスで利益が出しやすいからです。

品目とは、古物商許可を取得したのち、実際に自分で扱う商品の種類のことをいいます。

古物商許可を取得したからといって、どんな商品でも扱えるというわけではありません。

古物商許可を申請するとき、13個ある品目の中から、自分で扱う品目を選ばなければならないのです。

選んだ品目以外の商品について取り扱う場合には、変更届手続きが必要となります。

13の品目というのは、以下の通りです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

もし、転売経験があまりなく、どの品目を選べばよいかわからないという方は、身近なものを扱えるように「道具類」「衣類」「時計・宝飾品」を選ぶと良いでしょう。

身近な物の方が、馴染みもあるし、相場も調べやすいもんね

そうね。それに取扱いにあまり専門的な知識が必要ないっていうのもおすすめする理由よ。それぞれの品目の具体例などを説明するわ

道具類

道具類で扱える商品は、家具やおもちゃ、生活雑貨や楽器など、家庭用品全般です。

このように、道具類は、扱える商品の幅がとても広いという特徴があります。

もし、どんな商品を転売するか具体的なプランがない場合は、道具類の品目は抑えておいた方がよいでしょう。

道具類で人気の転売は、キャラクターグッズや、アンティーク家具、トレーディングカードなどです。

どれも、プレミアが付くケースが多く、上手に転売をすれば、大きな利益を期待することができます。

特に、アンティーク家具やトレーディングカードなどは、日本の商品を海外で転売して大きな利益をあげている人が増えています。

海外を視野に入れると、思わぬ需要があったり、競争相手が少ないなどのメリットがあります。

最近は、海外ECサイトも充実しつつあるので、興味のある方は挑戦してみるとよいでしょう。

衣類

衣類も身近な商品なので、相場がわかりやすく転売初心者におすすめの品目です。

特にファッションに興味のある方は、トレンドに合わせて商品を転売できるので、簡単に利益が出せるかもしれません。

最近、衣類で人気のある転売は、子ども服です。

子どもの成長は早く、すぐに着られなくなってしまうので、中古の子ども服は需要が高く商品の回転率が高いという特徴があります。

また、ブランド品の子ども服は、高額で取引されているので利益も充分期待できます。

時計・宝飾品

時計や宝飾品を扱うメリットは、何といっても1回の取引で得られる利益が大きいということです。

ブランド品の時計や宝飾品は、かなり高額で取引されているので、他のジャンルと比べるとかなり利益が大きくなります。

もし、時計や宝飾品などに興味のある方は、チャレンジしてみるとよいでしょう。

ただ、高額の時計や宝飾品は、ご存知の通り、偽物もたくさん出回っています

そのため、偽物かどうかしっかり見極める力がないと、トラブルになってしまうかもしれないので注意が必要です。

自分の強みや経験を活かそう

古物商で初心者向けの品目は、「道具類」「衣類」「時計・宝飾品」だと説明しました。

その理由は、身近な商品であるため、扱いに慣れていて、相場もつかみやすいからです。

ただ、一番おすすめなのは、自分の興味のある品目や専門知識のある品目を選ぶことです。

例えば、自転車が好きな人は「自転車類」、自動車工場などで勤務経験のある人は「自動車」を申請するのがよいでしょう。

初心者向けの品目は、扱いやすい反面、ライバルが多いというデメリットがあります。

その点、自分の強みや経験を生かした転売をすれば、ライバルが少なく、儲かる可能性が高いのです。

自分で興味のある商品の方が扱っていて楽しいしね

転売ビジネスが楽しく続けられるっていうのは、重要なことよ

品目は複数選択することも可能です

初心者向けの品目について説明をしました。

ただ、これらの品目は1つしか選ぶことができないのでしょうか?

ご安心ください。

品目は複数選択して申請することが可能です。

ただ、古物商許可を申請するとき、選択する品目の数は、必要最小限にするべきです。

なんで~?たくさん申請した方が、扱える商品がたくさんになって便利なんじゃないの?

品目を必要最小限にする理由は、品目を増やすと古物商許可を取得するハードルが高くなるからです。

古物商許可を申請するとき、担当の警察官は、その申請者が申請した品目についてきちんと扱えるかどうかをチェックします。

このとき、たくさんの品目を申請すると、警察のチェックが厳しくなり、なかなか許可がもらえなくなる可能性があるのです。

ですから、古物商許可を申請するとき、品目は必要最小限にしましょう。

もし、後から別の商品も扱いたくなったらどうするの?

そのときは、品目の変更や追加ができるから心配しなくても大丈夫よ

古物商許可の申請は行政書士に依頼しよう

転売についてあまり経験がなく、品目について悩んでいる方におすすめなのは、古物商許可の申請を行政書士に依頼することです。

行政書士は、古物商許可の専門家です。

古物商許可の申請を依頼すれば、そのときに、どんな品目を選択するべきか、いろいろとアドバイスを受けられるはずです。

そのアドバイスを参考にしながら、品目を選択すればきっと間違いないでしょう。

また、行政書士に依頼をすれば、簡単に古物商許可を取得できるというメリットもあります。

古物商許可の申請手続きは、とても複雑で、一般の方が自分でやろうとすると、とても大変で時間がかかります。

ですが、行政書士に依頼をすれば、ほとんど手続きを丸投げできるのでとても便利なのです。

注意するのは、依頼するときは、古物商許可専門の行政書士を選ぶことね。他の分野の行政書士では、良いアドバイスが受けられない可能性があるわ

行政書士といっても、いろんな分野の人がいるんだね~

古物商で初心者向けの品目は? まとめ

古物商で初心者向けの品目は「道具類」「衣類」「時計・宝飾品」です。

なぜなら、これらの品目は、身近な商品を対象としているからです。

転売経験のあまりない方が、転売ビジネスを始めるには、まず、身近な商品から扱うのが良いでしょう。

商品の扱い方にも慣れているし、相場なども調べやすいからです。

もし、品目についてどうしても決められないという方は、古物商許可の申請を行政書士に依頼しましょう。

古物商の専門家ならではの視点で、どういう品目を選ぶべきかなど、いろいろとアドバイスをしてくれるはずだからです。

また、行政書士に依頼をすれば、とても面倒くさい申請手続きを全部代わりにやってくれるのでとても便利です。

気になる方は、ネットなどで調べて相談してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。