古物商許可で出来る仕事一覧

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可を取得すると中古品の転売ビジネスが可能になります。

中古品の転売ビジネスには、中古品の販売だけでなく、レンタルなども含まれます。

たとえば、次のようなビジネスです。

  • 中古車販売
  • ブランド品の買取・販売
  • 総合リサイクルショップ
  • 古着屋
  • 中古パソコンショップ
  • レンタル事業

今回は、古物商許可で出来るこれらの仕事について具体例をあげながら説明するわ

古物商許可で出来る仕事とは?

古物商許可で出来る仕事とは、一般的にいうと、中古品を転売したりレンタルしてお金を稼ぐことです。

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするのに必要な資格です。

ですから、古物商許可を取得すれば、中古品を扱ってお金を稼ぐことが出来るのです。

逆に言うと、この許可がないまま中古品を転売してお金を稼ぐと法律違反となり、警察に逮捕される可能性もあるので注意が必要です。

古物商許可で出来る仕事には具体的にどんなものがあるのか、紹介します。

中古車販売

中古車販売は古物商許可で出来る仕事の代表例の1つです。

ご存知のとおり、中古車は単価が高く、1つ転売できれば大きな利益を期待できます

以前は、中古車転売というと会社でやる大がかりな仕事というイメージが一般的でした。

ですが、最近は個人で副業として中古車転売を始める人も増えています。

メルカリやヤフオクなどのアプリで中古車を仕入れ、それを転売してお金を稼ぐのです。

たくさんの中古車を扱わなければ、駐車スペースもそれほど必要ありませんし、初期費用もそれほどかかりません。

案外、個人でも気軽に始められるビジネスの1つなんだね

また、最近では日本の中古車を海外で転売するケースも増えています。

日本車は海外での評価が高く、故障車や古い年式の車でも高く取引されることがあるからです。

ブランド品の買取・販売

ブランドバッグや貴金属も、中古車と同じように単価が高く、1つの転売で大きな利益が期待できます。

また、保管スペースもそれほど必要ないため、ネットを使って自宅でビジネスをすることが可能です。

個人で簡単に始められる仕事の1つといえます。

ただ、注意が必要なのは、商品知識が必要ということです。

ブランド品や貴金属は、単価が高いせいもあり、偽物がたくさん出回っています。

買い取る際に、これらの偽物を見抜く力が必要なのです。

商品知識については、経験しながら学んでいくか、講習などを利用して磨いていく必要があります。

総合リサイクルショップ

基本的に使える物は何でも仕入れて転売するのが、総合リサイクルショップです。

皆さんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

最近の不景気や、リサイクル意識の高まりなどの影響を受けてその規模はどんどん拡大しています。

最近では、店舗を持たずネットだけで買取・販売を行う無店舗型の総合リサイクルショップも人気です。

古着屋

古着屋は、古物商許可で出来る仕事の中でも、特に初心者向けのビジネスといえます。

ネットで調べれば商品の相場はだいたい分かりますし、また、1つの単価がそれほど高くないので初期費用もあまりかかりません。

また、最近ではフリマアプリなどが充実しているため、ネット回線とスマホ1つあれば、気軽に始められるからです。

古着転売の特徴として、利益率の高さがあります。

物にもよりますが、一般的に古着転売の利益率は50%を超えるといわれています。

そういえば、友達がタダ同然で仕入れたノーブランドTシャツをメルカリに出品したら1000円で売れたっていってたなぁ

そうね。転売の時期や見せ方の工夫だけで大幅に値段が跳ね上がることがあるのよ

中古パソコンショップ

中古パソコンをそのまま仕入れて転売したり、ジャンク品のパソコンを仕入れて自分で修理し、転売するビジネスモデルです。

パソコンは次々と新しいモデルが生まれるため、回転率が高く、リスクが少ない転売ビジネスの1つです。

また、最近ではゲームや動画編集に利用するため、ハイスペックのパソコンが人気を集めています。

ですが、新品のハイスペックパソコンは価格が高いため、中古のハイスペックパソコンを購入する人が急増しています。

格安の中古パソコンを仕入れて、CPUやメモリを交換して転売をすれば大きな利益が期待できます。

ただ、中古パソコンショップで気を付けなければならないのが、クレームが多いということです。

ちょっとした振動などで不具合が発生し、取引先とのトラブルにつながる可能性があるのです。

商品説明をしっかりすることと、保障期間を設定しておくことがトラブル回避のためには重要よ

レンタル事業

古物商許可で出来る仕事は、中古品の買取・販売だけではありません。

買い取った中古品をレンタルしてお金を稼ぐこともできるのです。

レンタル事業は、ここ最近で急に注目されるようになったビジネスモデルです。

例えば、ブランドバッグのレンタルを開始した会社がニュースで取り上げられ話題になりました。

レンタル事業はまだまだ未発掘の部分が多く、やり方次第では、大きな事業に発展するかもしれません。

また、レンタル事業は、1つの商品で何度もお金を稼ぐことができるので、とても効率の良いビジネスといえます。

古物商許可は行政書士に依頼して取得しよう

これまでに説明したビジネスは、全て古物商許可がないとすることはできません。

もし、これらの転売ビジネスに興味のある方は、すぐに古物商許可を取得しましょう。

無許可で転売ビジネスをした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として警察に逮捕されてしまうからです。

古物商許可の取得については、行政書士に依頼するのが効率的です。

古物商許可の申請は、たくさんの難しい書類が必要になるなど、一般の方にとってはハードルが高い手続きです。

自分で申請をするとなかなか手続きが先に進まず、いつまでたっても許可が下りないということになりかねません。

古物商許可は、申請から許可が下りるまでに最短でも2か月かかります。

ですから、自分で申請をすると、ビジネスを始めるまでにもっと長い時間が必要になるのです。

その点、行政書士に依頼をすれば、面倒な手続きはすべてまかせたまま、最短で許可を取得することが可能です。

効率よく許可をとって、早くビジネスをスタートさせたい人は、行政書士に依頼をするべきです。

行政書士に依頼っていっても、当然タダってわけじゃないんだよねぇ

そりゃそうよ。相場だとだいたい4万円~5万円の報酬が必要よ。自分で大変な思いをして申請する苦労と比べてどっちが得か慎重に検討するべきね。

古物商許可で出来る仕事一覧 まとめ

古物商許可で出来る代表的な仕事は次の通りです。

  • 中古車販売
  • ブランド品の買取・販売
  • 総合リサイクルショップ
  • 古着屋
  • 中古パソコンショップ
  • レンタル事業

これらの他にも、古物商許可があれば中古品を扱う転売ビジネスをすることが可能です。

もし、古物商許可なく中古品の転売ビジネスをすると、警察に逮捕されてしまいます。

そのときは、3年以下の懲役または100万円以下の罰金という重い罰則を受けることになるので必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の申請は、手続きがとても複雑です。

もし、簡単に古物商許可を取得したいという方は、行政書士という専門家がいるので、代行を依頼するとよいでしょう。

行政書士は許可取得後も、ビジネス開始までのアドバイスもしてくれるので、きっと心強いパートナーになってくれるはずです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。