会社員に古物商がおすすめな理由4つ

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

会社員に古物商はとてもおすすめです。

その理由は主に次の4つです。

  • 副業でも古物商許可は取得できる(就業規則の確認は必要です)
  • 初期投資が少ない
  • 隙間時間で稼げる
  • 給料をもらいながら将来は独立も可能

会社員やりながら古物商なんてできるのかな?専業でやらないと稼ぐのは難しいんじゃないの?

そんなことないわ。古物商は会社員にとっても向いているビジネスなの

古物商は会社員にとっておすすめのビジネスです

最近、古物商許可を取って副業で古物商を始める会社員の方が急増しています。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が増える中、古物商は自宅にいながら簡単にお金が稼げるビジネスとして、注目されているのです。

皆さんの中にも、古物商に興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、次のような不安や疑問をお持ちの方も多いと思います。

会社員でも古物商許可って取れるの?

専業じゃなくても稼ぐことができるの?

会社員やりながら古物商なんて本当にできるの?

ですが、ご安心ください。

古物商は会社員にとてもおすすめのビジネスなのです。

以下では、古物商に関する皆さんの疑問にお答えしながら、なぜ古物商が会社員におすすめなのか、その理由について説明したいと思います。

まず気になるのは、会社員でも古物商許可をとれるのかどうかってところだね

安心して。会社員でも古物商許可を取ることはできるわ

副業でも古物商許可は取得できます

古物商を始めるには、絶対に必要なものが1つあります。

それが古物商許可です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするために必要となる資格のことをいいます。

これがないと、中古品の転売でお金を稼ぐことはできません。

もし、無許可で転売ビジネスをすると、警察に逮捕される可能性もあるので、必ず取得しましょう。

会社員でも取れるの?

先ほど、古物商許可のことを資格といいましたが、別に試験などがあるわけではありません。

ですから、申請さえすれば会社員の方でも取得することが可能です。

さらに、古物商許可は他の許可(酒類販売業免許や建設業許可など)のように、経験や資金などについて要件がありません。

そのため、中古品転売の経験がない方や、経営資金のない方でも取得することが可能です。

古物商許可を取ったことが会社にバレないか心配だよ

古物商許可の申請には、略歴書という履歴書に似た書類を提出する必要があります。

そのため、場合によっては、担当の警察官から会社に連絡が行く可能性もゼロではありません。

会社の就業規則などで副業が禁止されていないか、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

もし、会社に連絡してもらいたいくないという人は、行政書士に依頼して古物商許可を取得しましょう。

自分で申請をするよりも、会社に連絡される可能性がずっと低くなります。

どうして、行政書士に依頼をすると会社に連絡されにくいの?

行政書士は古物商許可の専門家なの。だから、会社に連絡されないように上手く申請手続きをすすめてくれるのよ

初期投資が少ない

古物商というビジネスは、他のビジネス一般と比べて初期投資をかなり抑えてスタートすることが可能です。

通常、何かしらのビジネスを始めるとなると、テナント料や設備費用など多額のお金が必要です。

ですが、古物商の場合は、インターネットを利用すればスマホ1つで始めることが可能です。

また、中古品を中心に扱えば、仕入れの費用も低く抑えられます。

在庫の管理費用や発送費用なども、トレーディングカードやゲームソフトなど小さめの商品を扱えば、ほとんどかかりません。

そのため、古物商は、低資金で気軽に始められるビジネスといえるのです。

お金をあまりかけずに始められるのはいいね

そうね。初期投資が大きいと失敗したときのリスクも大きくなるわ。気軽に始めて気軽に辞めることができるっていうのは古物商の大きな魅力の1つね

隙間時間で稼げる

会社員をやりながらビジネスをする場合、どうやってビジネスのための時間を確保するかというのが大きな課題です。

ですが、インターネットを使った古物商の場合、時間や場所に拘束されることなくお金を稼ぐことが可能です。

会社員の場合だと、仕事が終わった後だけでなく、出社前や休憩時間など、ちょっとした隙間時間を利用して取引することができます。

人によっては、1日わずか数分の取引で、月に何十万円も稼いでいる人もいるようです。

このように、隙間時間でお金が稼げる古物商は会社員にぴったりのビジネスといえます。

ただし、たくさんの商品を扱う場合は、梱包や発送に時間がかかる可能性があるから注意してね

給料をもらいながら将来は独立も可能

会社員が古物商をする場合、給料をもらいながら転売ビジネスをすることができます。

これは、かなり大きいメリットです。

古物商を専業でしている方の場合、失敗すると収入がなくなってしまうので、あまり大胆なチャレンジはできません。

そのため、みんなと同じような商品しか扱うことができず、利益も小さくなりがちです。

ですが、生活に必要な給料を得ている会社員の場合、失敗しても収入がゼロになることはありません。

そのため、みんなと違うジャンルの商品を扱うなど、大きなチャレンジをすることが可能なのです。

また、古物商は感覚さえつかめれば、独立することも可能です。

会社員のうちは、給料を貰いながら古物商としての感覚を磨き、しっかり準備をして独立するというのも一つの手です。

実際に、このパターンで独立開業し、会社を立ち上げた人も大勢います。

古物商は夢があるビジネスなんだね

会社員が古物商許可を取得する場合は行政書士に依頼するのがベスト

上でも説明しましたが、古物商を始めるには古物商許可が必要です。

無許可で転売をすると古物営業法違反として警察に逮捕されてしまうので、絶対にやめましょう。

そして、会社員が古物商許可を取得する場合は、行政書士に依頼して取得する方法をおすすめします。

なぜなら、自分で古物商許可を取得しようとすると、たくさんの時間や手間がかかるからです。

古物商許可の申請をするには、いくつもの書類を用意しなければなりません。

その書類の多くは役所や法務局等でしか手に入らないものなので、平日に時間を割いて取りに行く必要があります。

また、古物商許可の申請は警察署で行うのですが、窓口は平日の夕方までしかやっていません。

そのため、会社員の方が自分で古物商許可を取得しようとした場合、何日も会社を休まなくてはならない可能性があるのです。

行政書士に依頼をすれば、必要な手続きはすべて任せっきりで許可が取れるので、会社を休む必要はありません。

面倒な古物商許可の手続きは専門家に任せて、自分は扱う商品を探すなど、転売に向けた準備をした方が効率的といえます。

会社員に古物商がおすすめな理由4つ まとめ

会社員に古物商がおすすめな理由は、主に次の4つです。

  • 副業でも古物商許可は取得できる
  • 初期投資が少ない
  • 隙間時間で稼げる
  • 給料をもらいながら将来は独立も可能

注意すべきなのは、古物商を始めるには古物商許可という資格が必要ということです。

会社員をしながら許可を申請するのは大変なので、場合によっては行政書士に依頼するなどして、効率的に準備しましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。