古着の転売ビジネスの始め方

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

古着の転売ビジネスを始めようと思うんだけど・・・

古着の転売ビジネスを始めるために、まずやるべきことは古物商許可を取得することじゃ。その次は、仕入れ先の確保や販売方法の決定をするのが一般的な始め方じゃな

今回は、古着の転売ビジネスの始め方について詳しく説明をします。

古着の転売ビジネスには古物商許可が必要です

古着の転売ビジネスは、洋服に興味のある方にとって、とてもおすすめの転売ジャンルです。

なぜなら、古着の転売は利益率が高く、また、初期費用もそれほどかからないので、転売初心者でも稼げるジャンルの1つだからです。

最近では、メルカリやヤフオクのようなネットサービスを使えば誰でも気軽に転売ビジネスを始めることが可能です。

興味のある方は、チャレンジすることをおすすめします。

ただ、古着の転売ビジネスを始めるために、絶対に必要なものが1つあります。

それは、「古物商許可」です。

他にどんな準備ができていても、この許可がないと古着の転売ビジネスを始めることはできません。

古物商許可ってよく知らないんだよなぁ

それじゃあ、まずは古物商許可がどんなものか説明をするぞ

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です

古物商許可について、名前は知っているけどどんな許可なのか知らないという方は多いのではないでしょうか?

古物商許可とは、簡単にいうと中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことです。

ここでいう転売ビジネスというのは、転売をする目的で中古品を仕入れることをいいます。

ですから、古着の転売ビジネスをするには、この許可が絶対に必要なのです。

でも、なんで中古品を転売するだけなのに、わざわざ許可なんて必要なの?

それには、しっかりとした理由があるんじゃ

古物商許可の目的は、盗品の流通防止と盗品の早期発見にあります。

どういうことかといいますと、泥棒は盗んだ物を売ってお金に換えることがよくあります。

そこで、中古品の買取・転売を許可制にすることで、泥棒が盗んだ物を売りにくくしているのです。

ようするに、泥棒が活動しにくくすることが、古物商許可の狙いなんだね

そういうことじゃ

古物商許可を取らずに転売ビジネスを始めるとどうなっちゃうの?

もしさ、古物商許可を取らないで古着の転売ビジネスを始めるとどうなっちゃうの?

その場合は、警察に逮捕されて重い罰則が科せられることになるぞ

古物商許可を取得せずに中古品の転売ビジネスをすることを無許可営業といいます。
無許可営業は古物営業法という法律によって規制の対象となります。

具体的には、無許可営業が発覚した場合は、警察に逮捕され処罰されます。

そのときは「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられることとなるので必ず許可を取得しましょう。

でも、無許可営業って結構やってる人多いと思うんだよな~本当に警察にバレるのかな~

最近、スマホアプリなどによって簡単に中古品の転売ビジネスが始められるようになりました。

ですが、それに応じて無許可営業で警察に逮捕されるというケースが増えています

日本の警察はとても優秀です。

すぐにバレないとしても、転売ビジネスを続けていると近いうちに必ずバレて逮捕されます。

「どうせバレないだろう」と思って無許可営業を続けるのはリスクが大きすぎるのでやめましょう。

古物商許可を取得するときは品目に注意しましょう

古物商許可を取得すればどんな中古品でも転売できるようになる、というわけではありません。

中古品(古物)は法律によって13種類(品目)に分類されています。

古物商許可を取得するとき、自分で扱いたい品目を申請しなければならないのです。

このときに選んだ品目以外の中古品については、転売をすることができないので、品目の選択は慎重に行いましょう。

法律が分類している13の品目とは次のとおりです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

古着の転売ビジネスをするのであれば、品目は「衣類」を選択します。

ちなみに、品目は複数選択することも可能です。

ですから、古着にあわせて時計も扱う場合は「時計・宝飾品」、スニーカーやブーツなどを扱う場合は「皮革・ゴム製品類」を申請しなければなりません。

何の商品がどの品目に含まれるのか、よくわからないなぁ。

そういうときは、行政書士に許可の代行を依頼するとよいぞ

行政書士?

古物商許可の専門家じゃ。許可の代行を依頼すれば、ビジネスにあった最適な品目で許可をとってくれるから便利なんじゃ

仕入れ先には古物市場がおすすめ

古着の転売ビジネスで儲けるためには、仕入れ先の確保が重要です。

良い品質の古着を安く、しかも安定的に仕入れることができなければなりません。

古着の仕入れ先といえば、メルカリなどネットを使う方法や、店舗で直接買い取る方法などさまざまなものがあります。

そこで、1つおすすめの仕入れ先をご紹介します。

それは「古物市場」です。

古物市場とは、中古品売買のプロだけが参加できる、超優良な取引場のことです。

古物市場では、古着が一般のリサイクルショップなどと比べてかなり安く取引されています。

しかも、古物市場は定期的に開催されているので、安定的に仕入れることが可能です。

このようにメリットのとても大きな古物市場ですが、利用するには1つ条件があります。

それは、古物商許可を取得していることです。

これから、古着の転売ビジネスで安定的に利益を出したいのであれば、古物商許可を取得して古物市場を利用するべきです。

販売方法はそれぞれの特徴に注意しましょう

これから古着の転売ビジネスを始めようとする方のほとんどは、ネットサービスを利用すると思います。

ただ、上手に利益を出すためには、それぞれのサービスの特徴を理解することが重要です。

そこで、今回は代表的なメルカリとヤフオクについて、その特徴を紹介します。

まず、メルカリについてですが、ユーザーの年齢層が若く、古着に興味のある人が多いという特徴があります。

そのため、回転率が高く、すぐに買い手が見つかります。

ただ、メルカリは値下げ交渉が多く、事務的な負担が大きいというデメリットもあります。

次に、ヤフオクですが、メルカリとは逆に年齢層が高めで、高額の古着でも買い手が見つかりやすいという特徴があります。

また、メルカリのような面倒な値下げ交渉もありません。

このように、それぞれの特徴を理解したうえで、それにあわせた商品を販売することが大事なのです。

古着の転売ビジネスの始め方 まとめ

古着の転売ビジネスを始めるには、

  • 古物商許可を取得する
  • 仕入れ先を確保する
  • 販売方法を決める

という順序で始めるのが一般的です。

この中で、古物商許可の取得は、手続きがかなり面倒なので注意が必要です。

場合によっては、行政書士という専門家に依頼するなどして、効率的にビジネスをスタートさせましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。