おもちゃの転売ビジネスの始め方

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

こぶ吉って、おもちゃ集めが趣味だったよね?

うん。ドクターが転売したおもちゃを買ったこともあるよ。結構、高かったなぁ…

その節は、稼がせてもらいました。では、今度は売る側になってみるのはどうじゃ?

おもちゃの転売ビジネスかぁ~。おもしろそう!ドクター、教えて!

だれでも簡単に始められるビジネスとして、転売ビジネスが注目を集めています。

扱う商品はいろいろありますが、今回は、おもちゃの転売ビジネスの始め方を解説しましょう。

転売ビジネスを始める前に古物商許可を取る

まず、おもちゃの転売ビジネスを始める前に、やることがある。

転売ビジネスを始めるなら、まずは、古物商許可を取りましょう。

何だそれ?

骨董品屋さんとかが取る許可じゃなかったっけ?

そうじゃ。

古物商許可とは、許認可の一つで、中古品を転売目的で仕入れるために必要な許可です。

骨董品店やリサイクルショップ、古本屋や、中古車屋など、中古の商品を仕入れて販売するビジネスを始めるときに、取らないといけません。

こぶ吉は、中古のおもちゃ屋さんを開きたいの?

いや、僕がやりたいのは、もっと気軽にできるやつ。家の中でパソコンがあればできるんでしょ?ドクターがやってるやつだよ。

ワシがやっている転売ビジネスも、古物商許可が必要なんじゃ。

転売ビジネスの中でも、せどりと呼ばれるビジネスは、家に居ながらパソコンひとつで始めることができるので、特に人気です。

ヤフオクなどのネットオークションで中古品を仕入れて、それをまたヤフオクで転売したり、Amazonなど、他のショッピングサイトで転売するのです。

せどりでやっていることも、骨董品店やリサイクルショップなどと同じで、中古品を転売目的で仕入れることです。

なので、せどりを始める場合でも、古物商許可を取らないといけないのです。

へぇ~。ドクターは古物商許可を持ってるんだね。

もちろんじゃ!

ねぇ、新品のせどりでも古物商許可が必要なの?

先述したとおり、古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、新品の商品を転売目的で仕入れる場合、古物商許可は不要です。

新品のせどりなら、許可を取らずに始めることができます。

じゃぁ、僕は新品のせどりを始めるよ。古物商許可を取るのって、面倒くさそうだし。

新品のせどりは難しいんだぞ。

新品の転売で稼ぐのは難しい!?

当たり前の話ですが、転売で稼ごうとするとき、仕入れたときより高い値段で転売しないと、利益が出ません。

それぐらい、僕でも分かるよ。

ここで、新品の転売を考えてみましょう。

新品のニンテンドースイッチを、お店で定価で仕入れたとします。

買ったときより高く転売しないと稼げませんから、定価に利益分を上乗せした値段で転売します。

定価より高いこのニンテンドースイッチを買いたいと思うか?

思わないね。

転売ヤー(転売でお小遣いを稼いでいる人)が高い値段で転売したものを買うよりも、同じ新品の商品なら、定価で買えるお店で買ったほうがいいに決まっています。

なんなら、家電量販店などで買えば、定価より安く買えたりもします。

新品のせどりで稼ぐのって難しそうだね…

新品でも、全く稼げないわけじゃない。

ニンテンドースイッチは発売当時、転売ヤーが買いしめて、どこでも手に入らない状態がしばらく続きました。

そのような状況だと、どうしても欲しい人なら、転売ヤーが転売した高いものでも買ってくれます。

逆に言えば、何かしらの魅力がないと、定価より高い新品の商品なんて、だれも買ってくれません。

新品の転売で稼ぐには、何か付加価値が必要なんじゃ。

おもちゃの転売ビジネスをしている人の中には、新品のおもちゃを扱っている人も多くいます。

新品のおもちゃで稼ぐコツは、この記事の後半で解説します。

古物商許可を取らなかったら逮捕される

転売ビジネスを始めたかったら、古物商許可が必要かぁ~。面倒くさいなぁ~。

古物商許可を取らなかったらどうなるの?

大変なことになるぞ…

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、逮捕される可能性があります。

これを守らないことは、法律違反なのです。

逮捕されると最悪の場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられます。

マジかよ~。

これは、ちゃんと古物商許可を取っておくべきね。

この違反で罰を受けると、5年間は古物商許可を取ることができなくなります。

えっ!?「ごめんなさい。今すぐ許可を取ります。」ってことはできないの!?

できない!5年は待たないと、許可は取れないんじゃ。

古物商許可を取らずに逮捕されてしまっては、中古品の転売ビジネスを、5年もの間できなくなってしまいます。

これは、とても残念なことです。
でも、古物商許可を取るだけで防ぐことができます。

中古品の転売ビジネスを始めたかったら、必ず古物商許可を取りましょう

古物商許可を取るなら行政書士にまかせる

おもちゃの転売ビジネスを始めたいしな、面倒だけど、古物商許可を取るか。

そういえば、どうやって取るんだろうね。

たしかに、何も知らないや。

古物商許可の取り方は、書類を用意して警察署に申請するだけです。

ホントにこれだけ?なんだ簡単じゃん。

では、用意する書類を挙げてみるか。

古物商許可の申請に必要な書類は…

申請書、略歴書、誓約書、住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書……

ストップ!多いなぁ…まだあるの?

あるとも!

それに、聞いたことない書類もあったなぁ…

先ほど挙げた書類は最低限の書類で、他にもたくさんの書類が必要になることがほとんどです。

しかも、申請する人の状況によって、必要な書類が変わってくるので、ここで一緒くたには紹介しきれません。

場合によっては、オリジナルの書類を自分で作成することもあります。

申請に必要な書類って難しいのね…。

書類の中には役所や、法務局で受け取るものもあります。

お役所は平日の日中しか開いていませんから、働いている人だと、取りに行く時間を作るのも大変です。

これは、時間がかかりそうだ…

どうにか書類をそろえて警察署に申請すると、そこで、書類に不備が見つかることもあります。

そうなると、やり直しです。

古物商許可を取るのって、やっぱり面倒くさいんだなぁ…

簡単に取る方法もあるから、安心したまえ。

行政書士という、古物商許可を代わりに取ってくれる専門家がいます。

行政書士に頼むと、古物商許可を取るための作業を、すべて代わりにやってくれます

難しい書類を書く必要もないですし、お役所に書類を取りに行く必要もありません。

待っているだけで、行政書士が古物商許可を取ってきてくれます。

なんでそれを先に教えないんだよ!行政書士、最高じゃないか!

フッフッフッ。

古物商許可のメリット

古物商許可を取ると、何かイイことはあるの?

あるとも!

古物商許可のメリット

  • 古物市場の取引に参加できる
  • 取引相手から信用を得られる

古物市場の取引に参加できる

古物商許可を取っていると、古物市場という場所での取引に参加できます。

古物市場とは、古物商許可を取っている人しか参加できない、プロ専用の取引の場です。

プロ専用、カッコいいね!

カッコいいだけじゃないぞ。

古物市場には、一般の市場ではなかなか手に入らない中古品のおもちゃが、たくさん集まります。

しかも、一般の相場よりも安く手に入る可能性も高いです。

そして、転売ビジネスをする人にとってうれしい点が、在庫処分ができるというところです。

通常の取引で売れ残ってしまった、なかなか売れない商品を、古物市場では引き取ってくれます。

取引相手から信用を得られる

せどりをする場合、Amazonやヤフオクを使って取引することが多くなります。

こういったサイトのアカウントページに、古物商許可を取っていることを書いておくと、取引相手に信用してもらいやすくなります。

そんなの、いくらでもウソ情報を書けるじゃないか。

古物商許可を取ると、許可番号という、その人だけの番号が発行されます。

転売の取引をするサイトを持っていたり、Amazonなどに、転売ビジネス用アカウントを持っている人は、古物商許可を受けた公安委員会(警察)に、URL登録という手続きをしています。

この手続きがされていると、公安委員会のホームページに許可番号が載せられます

なので、Amazonなどのアカウントページに、デタラメな番号を書いて、古物商許可を取っているとウソをついても、バレてしまいます。

許可番号を載せている人は、たしかに信用できるわね。

お店でも許可番号は確認できるぞ。

リサイクルショップなど、お店を持って取引している人は、お店の中に古物プレートという看板を掲げています。

古物プレートには、許可番号などの情報が書かれていて、掲げることが義務づけられています。

レジなど、お客様によく見えるところに掲げてあることが多いです。

おもちゃの転売ビジネスで稼ぐコツ

ここで、おもちゃの転売ビジネスで稼ぐコツを、いくつか紹介しましょう。

子供を持つ大人をターゲットに、イベント時期を狙う

おもちゃの転売ビジネスは、意外とターゲットがたくさんいます。

こぶ吉みたいな、おもちゃコレクターだけじゃないぞ。

分かった!おもちゃを一番欲しがるのは、ちびっこだ。ちびっこをターゲットにすればいいんだな!

ちびっこは、お金をもってないじゃない。

そうか!

子供はお金を持っていないので、両親や、祖父母に買ってもらおうと、ねだるものです。

つまり、子供は直接のターゲットではないですが、その親や、祖父母はターゲットになるのです。

子供や孫を持つ人が、おもちゃをよく買いに来るタイミングは、イベントがある時期です。

  • 1月 お正月
  • 4月 入学式
  • 5月 ゴールデンウィーク
  • 8月 夏休み
  • 12月 クリスマス

上のイベントがある時期は、おもちゃ転売ビジネスの書き入れ時です。

その中でも特にクリスマスシーズンは、おもちゃが飛ぶように売れます。

イベントシーズンが近づいてきたら、前もって仕入れを強化しておいて、ガンガン売りまくるといいです。

また、子供や、孫のいる人自身は、おもちゃに全く興味がないということもあるでしょう。

元々、おもちゃが好きな大人なら、おもちゃの相場もよく知っていますが、興味のない大人は、子供にねだられるままに、値段をよく知らずに買ってしまいがちです。

おもちゃに興味がない人が相手なら、定価より高い値段で転売しても、売れることが期待できます。

STマークをチェックして仕入れる

おもちゃの箱に、『STマーク』というマークが載っているのをご存知でしょうか。

なんか、よく見るね。意味は知らないけど。

さすが、おもちゃコレクターね!私は全然知らないなぁ~。

STマークは、検査に合格して、安全性が認められたおもちゃにつけられるマークです。

へぇ~。それが転売ビジネスで稼ぐコツと関係あるの?

STマークの『ST』という文字の横には、『19』、『05』といった2ケタの数字が書かれています。

この数字は、検査に合格した年を表しています。

19なら2019年、05なら2005年という感じです。

つまり、古い年代の数字であるほど、古いおもちゃということになります。

古いおもちゃは、廃版(今は生産されていない)の可能性が高いです。

廃版のおもちゃは、手に入りにくいので、マニアが欲しがっていることが多いです。

お店に足を運んで、おもちゃを仕入れる場合、STマークを注意深くチェックしながら探すと、掘り出し物が見つかるかもしれません。

新品の商品の仕入れはクーポンやポイントカードを使う

新品のおもちゃを仕入れるなら、トイザらスがオススメです。

トイザらスでは、定期的にクーポンを配ったり、セールを開催しています。

メールマガジンに登録すると、誕生月にバースデークーポンがもらえます。

クーポンを使えば、新品のおもちゃを、定価より安く仕入れることができます。

定価より安く仕入れた商品なら、たとえ定価で転売しても利益が得られます。

また、ポイントカード会員になれば、仕入れのたびにポイントがたまります。

ためたポイントは、1ポイント1円として買い物にあてられるので、これも仕入れが安くなってお得です。

新品の商品でも、仕入れ方を工夫すれば稼げるんだね。

トイザらスの値札の秘密も教えちゃおう。

トイザらスの値札に書かれた値段の末尾には、意味が込められています。

値段の末尾の数字を見ると、セール品かどうかが分かるようになっているのです。

  • 値段の末尾が9 →定価の商品
  • 値段の末尾が8 →在庫処分の商品
  • 値段の末尾が7 →広告やセール商品
  • 値段の末尾が6 →在庫処分の売れ残り商品

へぇ~!おもしろ~い

おもちゃの転売ビジネスの始め方 まとめ

おもちゃの転売ビジネスを始めるなら、まず、古物商許可を取りましょう。

古物商許可を取らずに、中古品の転売ビジネスを始めると、逮捕される可能性があります。

逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

古物商許可を取るときは、行政書士に頼むと便利です。

古物商許可を取ると、古物市場での取引に参加できたり、取引相手から信用を得られるといったメリットがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。