【トモヤンの古物商 取得体験記⑭】おもちゃを卸業者から仕入れてみた

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

どうも!トモヤンです!

今日もせどりに精を出しておりますよー。

いやー、僕は古物商ですからねー、中古品をメインに仕入れてるんですけどもー。

たまに、新品の商品も仕入れることがあるんですよ。

その一環でですね、卸業者から仕入れるということに挑戦してみたので、今回はそのことを書いてみます!

前回までのトモヤン

編集部注:

トモヤンとは?
性別:男性
年齢:30代

当サイトを監修する、トラスト行政書士事務所に、古物商許可の申請代行を申し込んでくれた方です。

当サイトの取材がきっかけで、トモヤンさんに体験記シリーズを書いていただくことになりました。

取得体験記シリーズ
【トモヤンの古物商 取得体験記①】私トモヤン、古物商許可を取ります!
【トモヤンの古物商 取得体験記②】許可申請の代行を行政書士に頼んだ
【トモヤンの古物商 取得体験記③】申請までにやらないといけないこと
【トモヤンの古物商 取得体験記④】警察署に申請しにいってきた
【トモヤンの古物商 取得体験記⑤】無事許可取得しました!これからの展望
【トモヤンの古物商 取得体験記⑥】Amazonでの出品準備をしてみた(セラー登録)
【トモヤンの古物商 取得体験記⑦】URLの届出をしました
【トモヤンの古物商 取得体験記⑧】はじめての仕入れ
【トモヤンの古物商 取得体験記⑨】Amazonで出品してみた
【トモヤンの古物商 取得体験記⑩】はじめて転売してみて感じたこと
【トモヤンの古物商 取得体験記⑪】初めての出張買取
【トモヤンの古物商 取得体験記⑫】閉鎖したモノレートの代わりを見つけた
【トモヤンの古物商 取得体験記⑬】意外と売れるメルカリ

古物商許可を取って、せどりでAmazon販売を始めたての頃。

僕は、AmazonにCDの出品規制があるとは知らず、CDを仕入れて無駄にしてしまいました。

無駄を回収するべく、メルカリに出品してみたところ、見事に利益を得ることができました!

僕は、中古品をメインに仕入れてせどりをしてますけど、たまに、新品の商品も仕入れることがあります。

せどりを始めて2ヶ月ぐらい経った頃、新品の仕入れに初めて卸業者を使ってみました!

おもちゃの卸業者と契約

僕は普段、新品の商品を仕入れるとき、Yahoo!ショッピングなんかをよく使っています。

せどりを始めたときから、「卸業者から新品の商品を仕入れるのも面白そうだなぁ~」と、興味があったんですね。

卸業者から仕入れるって、なんかプロっぽくてカッコよくないですか 笑

せどりを始めて2ヶ月ぐらい経った頃、大分慣れてきたので、「ここらで挑戦してみるか!」と、卸業者と契約してみました!

カワダオンライン

契約したのは、前々から目をつけていたカワダオンラインという、おもちゃ専門の卸業者です。

「卸業者と契約」なんて言うと、大それたことのように聞こえますけど、カワダオンラインは、割と簡単に契約できる卸業者なんですよ~。

せどり業界では有名みたいで、使っているせどらーは結構いるみたいです。

注文も簡単で、仕入れたい商品を選んで、数を入力して、ポチればOKです!

ネットショッピングで買い物するのと同じですね。

でも、あくまで卸業者なんで、ネットショッピングと違うところも、いくつかありますよ。

登録できるのは事業者だけ

「カワダオンラインは簡単に登録できる」って書いたんですけど、一応、卸業者なんで、事業者じゃないと会員登録できないんです!

でも、事業者って言っても、会社を作ったりする必要はないです。

ただAmazonにストアを持ってるだけの、社長でも何でもない僕でも登録できました!

会員登録フォームのはじめに、「貴社店名」ってとこがあるんですけど、僕は、Amazonのストアの屋号を書きました。

それで問題なく登録できます。

「個人名での登録は固くお断りします」って書いてあるんで、Amazonみたいな販売サイトとか、何もお店を持ってない人だと、登録は難しそうですね。

他の項目は、特に難しいところはないんで、誰でも書けると思いますよ~。

注文は10000円から

カワダオンラインは、ネットショッピング感覚で簡単に仕入れらるんですけど、最低でも10000円分は注文しないとダメなんです!

そのへんは、やっぱり事業者向けという感じですね~。

でも、「最低〇個~」みたいな、個数の決まりはないです。

10種類の1000円の商品を1個ずつとかでも、大丈夫です。

ちなみに、30000円以上注文すると、送料が無料になります。

送料無料の基準も、ネットショッピングより高めですね~。

支払いは掛け払い

ネットショッピングだと、注文するときに代金を支払いますけど、カワダオンラインは掛け払いです!

そのへんも事業者向けって感じですね~。

掛け払いって知ってますか?

ツケみたいなもので、クレジットカードの請求に似てますね。

注文するタイミングで支払いはなくて、ひと月に注文した分の合計額を、翌月に一気に支払うシステムです。

カワダオンラインは、締め日は月末で、支払い日は決まっていません。

支払い月の末までに支払えば、いつ支払ってもOKです!

9月1日~9月30日に注文した分を、10月1日~10月31日の好きな日に、まとめて支払うってことですね。

卸価格だから安い

カワダオンラインは卸業者ということで、やっぱり安いです!

卸価格は、会員登録した人しか見られない仕組みになってるんで、この記事では伏せておきますね。

一応、メーカー希望小売価格で売っても、普通に利益が出る値段ですよ~。

カワダオンラインに登録した真の目的

僕がカワダオンラインに登録したのは、単純に興味があったのもそうなんですけど、ある目的がありました。

それは、Amazonの出品規制の解除です!

おもちゃは、何でもAmazonに出品できるわけじゃなくて、メーカーによっては出品規制がかかってるんですよ~。

前回の体験記で、CDの出品規制のことをちょっと書いたんですけど、CDの出品規制を解除するのって結構難しいんです。

でも、「おもちゃの解除は割と簡単にできる」って情報をネットで仕入れました!

やり方もバッチリ載ってたんで、試しにやってみたいと思ったんですね~。

で、その解除に、カワダオンラインの請求書が必要なんです!

請求書の写真をAmazonに送る

出品規制を解除したかったら、「メーカーか、卸業者からの請求書」の写真を撮って、Amazonに送るんです。

で、Amazonが写真を審査して、OKをもらえると解除されます!

「メーカーが販売を許可したことが分かる書類」でもいいみたいですけど、メーカーと直接契約するなんて、個人レベルのせどらーにはハードルが高すぎますよね。

請求書に書かれていないといけない項目が、いくつかあるんですけど、カワダオンラインの請求書はその条件を満たせるんです。

ただ、気をつけないといけないのが、「合計で10点以上の注文」という条件があることです!

10点以上の注文の中に、1点でも規制のかかった商品が入ってればいいのか?

10点以上の注文が全部、規制のかかった商品じゃないといけないのか?

これは正直、分かりません 笑

まぁ、分からなかったら、全部、規制のかかった商品にしとけばいいんですよ!

そうしとけば、どっちに転がっても大丈夫ですからね。

4種類の商品を5個ずつ注文した

というわけで、僕は、出品規制がかかっている某メーカーの商品を、10個以上注文してみることにしました。

忘れちゃいけないのが、カワダオンラインは、最低10000円分は注文しないといけないってことです!

同じ商品を10000万円分注文しても問題ないですけど、そんなに仕入れて売れなかったら困るんで、某メーカーの商品から、ちょこちょこ摘まみだしてみました。

僕は、某メーカーの商品の中から、A、B、C、Dを5つずつ注文しました。

合計20個で、値段は10000円ちょっとです。

請求書の写真をAmazonに送った

数日後、注文した商品が届きました。

段ボール箱の中には、新品のおもちゃがぎっしり、同じものが5個ずつ!

業者感がありましたね~ 笑

僕、オッサンですけど、おもちゃ好きなんで、結構ワクワクしました 笑

早速、請求書の写真を撮って、Amazonに送ってみました。

たしか、夜に送ったと思うんですけど、翌朝か、翌日の昼ぐらいには回答のメールが届いてましたね。

審査は結構早いみたいです。

結果は、合格でした!

注文の条件を満たしてれば、普通に写真を撮って送るだけで、簡単に解除できましたよ~。

ネット情報の通りでした。

これで僕は、この先、某メーカーの商品を何でも出品することができます!

規制は解除できたものの…

規制が解除されてすぐに、注文した商品を出品してみました。

売れ行きは、正直、芳しくないです 笑

売れそうな商品を選んだつもりだったんですけどね~。

読みが外れました…

でも、1個だけ、すぐに5個売り切った商品があります!

それが何かは教えられないですけどねー、出品してから2週間で売り切れましたよ。

その2週間の間に、1日で2個売れた日もありました!

でも、儲けは正直、小さかったんで、この先も仕入れるかは微妙なとこですね~。

カワダオンラインの商品を実際に出品してみて、卸価格で仕入れても儲けるのは難しいもんだと感じました。

店舗で売るなら、まだ儲けやすそうですけど、Amazonで売るとなると、やっぱ、手数料と送料がネックですね。

利益が出るように値付けすると、どうしてもメーカー希望小売価格より高くなっちゃうんですよ~。

正直、僕の店で買うより、他のサイトとか、近所のおもちゃ屋さんで買う方が全然安いです。

推測ですけど、僕の店を見てくれても、他の店に流れやすいんだと思います。

商売って難しいですね。

お店を何年も続けるってスゴいことなんだなぁと、あらためて感心しました!

最後に

初の卸業者からの仕入れは、あんまり儲からなかったですけど、いい経験になりました。

出品規制を解除する目的は果たせたんで、とりあえず良かったです。

実は、このあと、またカワダオンラインを使って、別のメーカーの出品規制も解除しました!

でも、そのメーカーの商品も、あんまり売れてません 笑

やっぱ商売って難しいです…

解除したメーカーの商品は、せっかくなんで仕入れたいですけどねー、微妙ですね。

解除する意味がなかったかもしれないです 笑

まぁ、成功に回り道はつきものですよ 笑

これからも試行錯誤しながら、せどりをやっていきます!

では、このへんで、トモヤンでした~。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。