【トモヤンの古物商 取得体験記⑱】1日のルーティーン

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

はい!どうもトモヤンです!

せどりを始めて半年以上経ちましてね、すっかりせどりが生活の一部になりましたよ。

毎日、何かしらの作業をしてますね~。

今回はそんな僕の、せどらーとしての1日のルーティーンを紹介したいと思います!

前回までのトモヤン

編集部注:

トモヤンとは?
性別:男性
年齢:30代

当サイトを監修する、トラスト行政書士事務所に、古物商許可の申請代行を申し込んでくれた方です。

当サイトの取材がきっかけで、トモヤンさんに体験記シリーズを書いていただくことになりました。

取得体験記シリーズ 記事一覧はこちら

前回は、せどりを始めて半年経ったということで、半年間の売り上げを発表しましたね。

月ごとに見れば黒字の月は3回ありましたけど、ひと月目に使いすぎた経費を取り返すまでにはいたらず、未だ57781円の赤字です…

でも、徐々に赤字額が少なくなってきてるんで、数ヶ月後には黒字転換できそうです!

半年もせどりをやっていると、せどらーとしてのルーティーンが出来上がってきました。

そんな僕の1日のルーティーンを紹介したいと思います。

朝、ポストから発送

朝起きて、僕がせどらーとして最初にすることは、仕事に行くついでに商品を発送してくることです。

駅までの通り道に郵便ポストがあるので、通勤がてら商品を投函してます。

前日に注文があった商品を寝る前に梱包しておいて、朝、ポストに入れるだけの状態にしておくんです。

この前日の準備は結構大事です!

朝はバタバタしますからね!

僕は東京都在住なんですけど、ちょうどせどりを始めた時期に日本でのコロナ禍が拡大してきて、緊急事態宣言が出たんですよ。

それからは、自宅でリモートワークをすることも増えました。

リモートワークの日は、朝起きて顔を洗ったりなんなりした後、仕事を始める前に散歩がてらポストまで商品の投函に行ってます。

僕が販売している商品はほとんどが古本なので、基本、ポストから発送できるので楽でいいですね~。

でも、たまに、ポストに入らない分厚めの本を発送することもあるんですよ。

そういうときは、郵便局に寄っていきます。

僕の職場は出社時間が遅めなので、通勤時間には郵便局がオープンしてるんです!

朝早い仕事じゃなくてラッキーでした。

僕の職場の休日はカレンダー通りなんですけど、仕事が休みの日は、どこにも出かける予定がなければ、ポストの回収時間に合わせて動いています。

僕がいつも使っているポストは、土曜が18時半、日曜祝日が14時半が最終の回収時間です。

この回収時間の直前にポストに行くようにしています。

平日みたいに朝に投函しちゃうと、そのあと昼間に注文が入るかもしれないじゃないですか。

朝ポストに行って、昼またポストに行ってってなると二度手間ですからね~。

効率よく発送するために、最終の回収時間ギリギリまで注文を待って、1回で発送するようにしています!

ちなみに、平日は仕事があるんで、朝しかポストに行けないんです。

まぁポストはいつでも口を開けて待ってるんで、仕事から帰ったあと投函することもできるんですけど、夜投函しても回収されるのは結局次の日の朝ですからね。

朝、通勤がてら投函するのが、僕の生活リズム的に一番効率がいいんです!

僕は自己発送のみ

お分かりの通り、僕のせどりは自己発送です!

僕は、Amazonでの販売をメインにやってるんですけど、Amazonは自己発送と、FBAっていう2つの発送パターンがあるんですよ。

FBAは便利なサービスなんですけど、僕はまだ利用していません。

FBAっていうのはですね、商品の発送をAmazonのスタッフがやってくれるサービスです。

せどらーにはお馴染みのサービスですけど、一応説明しておきますね。

FBAを利用するときは、まず出品したい商品を梱包しておいて、それをまとめてAmazonの倉庫に送るんですよ。

そこまでやったら、あとはAmazonのスタッフにおまかせです!

注文が入ったら、倉庫に居るスタッフがピッキングして、箱詰めをして、お客さんのとこに発送してくれるんです!

つまり、注文から発送までを完全に外注できるわけですね~。便利ですね!

便利なんですけど、それなりにお金がかかるんで、1日に何十件も注文が入るような出品者向けじゃないかなぁと、僕は思っています。

僕はありがたいことに、注文自体はほぼ毎日あるんですけど、数は多くて1日3~4件、普段は1日1~2件がほとんどです。

だからFBAはまだ早いと思って、もっぱら自己発送でやっています。

自己発送ってのは読んで字のごとく、商品の発送を全部自分でやるってことですね。

自分で商品を梱包して、封筒に入れて、ポストに投函しています。

夜、その日あった注文の発送準備

仕事から帰って、一息つく時間ができたところで、次の日の発送の準備をします。

朝、家を出てからその時間までに入った注文の、梱包作業です!

だいたい、仕事に行ってる間に1~2件注文が入っていますね。

その梱包作業中に注文が入ることも結構あります。

この時間に梱包を済ませておけば、次の日の朝はバタバタしなくていいですね。

いつ何時、注文が入るか分からないんで、梱包作業が終わっても、寝る直前まではパソコンの電源を入れたままにしています。

注文が入ると納品書を印刷しなきゃならないですからね~。

寝る前にパソコンを点けるとなると、「面倒くさいから朝でいいや」ってなっちゃうんで。

パソコンが点いてれば、「しょうがない、寝る前にもうひと梱包するか!」ってなります。

僕の場合ですけどね 笑

実際、寝る直前に注文が入って、ひと梱包してから寝るという日が2~3回ありましたね。

面倒なのが、寝てる間に入った注文です!

こればかりは、朝のバタバタした時間に梱包しないといけません!

この時間に梱包しなかったら、次の日の朝の発送になっちゃいますからね。

僕は、注文から24時間以内の発送を心掛けているんで、次の日の発送だと、目標が達成できなくなっちゃいます。

Amazonって、あんまり発送が遅れるとペナルティーをくらったりしますからね~。

まぁ、夜中に注文が入ることは幸い少なくて、月に2~3件です。

そんな日は、出勤前に急いで梱包作業をしてますね~。

今のところ、間に合わなかったことはないです!

ちなみに、夜の梱包作業を面倒くさがって、朝にまわしたことも何度かあります。

そんな朝は決まってバタバタしますね…

やむなく朝ご飯を抜いたりしたこともしばしば。

売れ行きが絶好調だったときは、朝に10件ぐらい梱包したこともあります!

そのときは、さすがにバッタバタでしたね 笑

そんな教訓もあって、ここ2~3ヶ月は寝る前に梱包を終えることを徹底しています!

仕事が自宅でリモートワークの日なんかは、午前中に注文が入っていたら、お昼休憩の時間に梱包することもありますね~。

夜、ゆっくりできますからね。

梱包のあとはパソコン作業やメルカリの出品

夜の梱包作業が終わったら、パソコンを点けているついでに、せどりの情報収集をしたり、Amazonの出品作業をやったりしてますね~。

あと、Yahoo!ショッピングとか楽天市場を見て、新品の商品でせどりに使えそうなものがないかも見たりしてます。

あと、忘れちゃいけないのがメルカリですね。

僕は、メインはAmazonですけど、メルカリでもちょこちょこ販売をしてます。

夜はメルカリの出品作業をやることもありますね~。

最後に

という感じで、その日の注文を寝る前に梱包して、それを朝起きたらポストに投函する生活を送っております 笑

Amazonはほぼ毎日注文があるんですけど、注文がない日もたまにはあります。

でも不思議と、Amazonで注文が無かった日に、メルカリで注文が入ることが多いんですよね~。

単なる偶然なんですけどね!

だから、注文がまったく無い日は、ごくたまにしかないです。

ホント毎日のように夜は梱包、朝に発送という生活を送ってます 笑

まぁ、注文があるのはいいことです!

でもまだ儲けが少ないんで、もうちょっと稼げるようにはなりたいですね~。

ガンガン稼いでFBAも利用してみたいですね。

ではまた、トモヤンでした~。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。