【トモヤンの古物商 取得体験記⑲】せどりをするのに便利なグッズ紹介

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

いや~、トモヤンです。

19回目の取得体験記ですか~、思えばいろんな記事を書かせてもらいましたね~。

今回はですね、僕がせどりの梱包作業をするときに使っている、便利グッズを紹介したいと思います!

前回までのトモヤン

編集部注:

トモヤンとは?
性別:男性
年齢:30代

当サイトを監修する、トラスト行政書士事務所に、古物商許可の申請代行を申し込んでくれた方です。

当サイトの取材がきっかけで、トモヤンさんに体験記シリーズを書いていただくことになりました。

取得体験記シリーズ 記事一覧はこちら

前回は、僕のせどらーとしての1日のルーティーンを紹介しましたね。

寝る前に商品を梱包したり発送の準備をして、朝、仕事に行くついでに商品を発送する生活を送ってます。

そんな生活に欠かせないものとなった便利グッズたちを紹介します!

発送準備に使う便利グッズ

僕が発送準備に使ってる便利グッズの紹介を、いつも作業で使う順番に紹介してみようと思います。

B6のコピー用紙

Amazonで注文が入ったら、まずは納品書を印刷します。

そこで使うのがコピー用紙ですね 笑

わざわざ紹介するものじゃないんですけど、僕が一番いいと思うコピー用紙を紹介したいと思います。

それはB6サイズです!

紙質やメーカーは何でもいいんですけど、サイズはB6にこだわっています。

僕の主観なんですけど、Amazonで商品を買ったときに、A4とかB5サイズの納品書が入ってたらうっとうしくないですか? 笑

納品書ってレシートみたいなものじゃないですか、コンビニのレシートは小っちゃい紙なのに、大きな紙の納品書が入ってたら「紙デカっ!ウザっ!」ってなるんですよ~。

僕だけですかね 笑

B6ならそんなに大きくなくて、ちょうどいいと思うんですよね~。

あんまり小さすぎると、文字が読みづらくなりそうですけど、B6はそんなこともないですからね、ベストなサイズだと個人的には思います。

僕は2000枚入りのB6用紙をAmazonで買って、愛用しています!

クリックポスト用A6ラベルシール

納品書を印刷したら、クリックポストのラベルを印刷します。

そこで活躍するのが、クリックポスト用A6ラベルシールです!

クリックポストっていうのは、前々回の体験記でちょっと触れたんですけど、規定のサイズの荷物なら全国一律198円で発送できる、郵便局のサービスですね。

クリックポストはどういう仕組みかというと、まずホームページで送り先の情報を入力するんですよ。

そうすると、送り先の住所とか名前が書かれたラベルを作成してくれるんです。

それを印刷して、荷物に貼ったら、あとはポストに投函するだけで荷物を発送できるというシステムです。

料金の支払いは、ラベルを印刷するときに自動的にクレジットカードで処理されるんで楽です!

クリックポストはどんな紙に印刷してもいいんですけど、ラベルのデザインがA6サイズなんで、A6用紙に印刷した方が無駄がなくていいです。

僕ははじめの頃は、家に元々あったA4用紙に印刷して、切り取って使っていました。

これだと、紙がもったいないし、切り取る作業に手間も取られちゃいますからね、A6用紙が絶対いいです!

A4用紙に印刷してた頃は、封筒にのりで貼ってたんですけど、シールだったら楽なのになぁと思ってたんですよ。

Amazonで、A6サイズでシールになってる紙とか売ってないかなぁと探してみたら、ちょうどいい商品があったんです!

【PC工房】クリックポスト用ラベルA6サイズ 105×148mm(200枚)

似たような商品もいくつかありますけど、僕はこの商品がいいと思って使ってます。

レビューを見ると、否定的な書き込みもあるんですけど、結構古い書き込みのようですね。

昔は不具合もあったようですけど、意見を取り入れて商品を改良していったらしいです。

素晴らしいですね!

カッター、工作マット、定規

僕は基本、クリックポストで商品を発送してるんですけど、小さな商品なんかは普通郵便で発送することもあります。

そういうときは、封筒に納品書の一部を貼り付けて発送しています。

そこで活躍するのが、カッター、工作マット、定規です!

Amazonの納品書って、上の方にお客さんの住所と名前が書いてあって、切り取り線がついてるんですよ。

切り取り線に沿って切り離すと、上は宛先ラベル、下は納品書として使うことができるんです。

ラベル部分を封筒に貼れば、宛先をいちいち手書きで書かなくていいということです!

手書きで書く人もいるのかもしれないですけど、印刷された文字の方がお店感が出ていいと思いますね~。

このラベルを切り離す作業をするときに、工作マットの上で定規とカッターを使ってやっています。

ハサミで切ってもいいんですけど、まっすぐ切るのが難しいですからね。

ゆがんでると梱包の印象が悪くなるんで、カッターでまっすぐ切った方がいいと思います。

この作業は、裁断機を使うせどらーもいると思うんですけど、僕はカッターで十分だと思いますね~。

商品に巻き付けるプチプチを切るときなんかにも使えますしね。

そういう作業もそうですし、梱包作業全般を工作マットの上でやってます。

透明なガムテープ

納品書から切り出したラベルを、封筒に貼り付けるときに便利なのが、透明なガムテープです!

僕は、ラベルを貼るときにのりは使いません。

ガムテープの幅よりひと回り小さいサイズにラベルを切り出して、ラベルを覆うようにガムテープを貼れば、テープ1枚で簡単に貼れます!

当たり前ですけど、茶色いガムテープじゃダメですよ。ラベルが見えなくなっちゃいますからね。

ガムテープはこの作業だけじゃなくて、封筒を閉じる作業にも使ってます。

梱包に茶色いガムテープを使ってる人もいると思いますけど、ラベル貼りにも使うことを考えると、透明なガムテープで全部まかなった方がいいと思いますね~。

あと、僕は、クリックポストのラベルを貼るときも、ラベルの上に透明なガムテープをはってます。

さっき書いたように、クリックポストのラベルにはシールを使ってるんで、上からテープを貼る必要なんてないんですけど、雨ガードのために貼ってるんです!

雨とかで、万が一ラベルの印字がはがれるかもしれないんで、送り先の住所と、自分の住所のとこだけ、透明なガムテープで覆ってガードしてます。

テープカッター

ガムテープ貼りで活躍するのがテープカッターです!

透明なガムテープって手で切れないですからね。

まぁ切れたとしても手ではやらない方がいいと思いますけど 笑

テープカッターを装着しておけば簡単に切れるし、切りたい長さに合わせやすいのもいいですね!

僕は、はじめはハサミで切ってたんですけど、面倒くさかったですね~。

昔、仕事で使ってたテープカッターが便利だったのを思い出して、すぐに買いました。

仕事で使ったことがあるやつより、大分チープなやつを買ったんですけど、全然問題なく使えますよ!

切手、スポンジケース

便利グッズではないですけど、僕は切手をシートで買って家に常備しています。

クリックポストを使わないときは、切手を貼って発送してるんで、シートで買っておくと便利ですよ~。

切手をシートで買うときは、金券ショップがいいですね!

120円切手なら、100枚で11400円とかで買えます。

普通に買ったら12000円なので、若干ですけど安くなりますよ~。

僕みたいに切手をよく使う人だったら、切手を貼るときに使うスポンジケースもあると便利です。

はかり

普通郵便で発送するときに活躍するのがはかりです!

荷物の重さで切手代が変わりますからね、はかりがないと不便なんですよ~。

僕ははじめの頃、感覚で重さを判断して、切手代が足りずに送り返されるミスを犯してしまいました…

それ以来、はかりを買って、普通郵便で発送するときは商品の重さを測るようにしてます。

はかりは、そんな大層なものじゃなくて、料理用のマックスが2kgの小さいはかりなんですけど、それで十分ですね。

ただ、たまに幅が大きめのものを測ると、はかりがスッポリ隠れてしまって、重さの表示が見えづらくなることがあるのが難点です 笑

スタンプ

Amazonに商品を出品して、僕みたいに自己発送で発送してる人は、商品に『Amazon.co.jpマーケットプレイスの注文商品です』って表示を載せないといけないんですよ。

その表示を載せるときに活躍してくれるのがスタンプです!

Amazonで画期的な商品を見つけて、僕はそれを愛用しています。

【株式会社タイヨートマー】Amazonマーケットプレイス用スタンプスーパーパインスタンパー 印面サイズ13×39mm

これがあれば、ワンタッチで封筒に表示を載せられます!

このスタンプに出会うまでは、表示ラベルをエクセルで作って、A4用紙に印刷して、切り取ってテープで貼り付けていました。

めちゃくちゃ面倒くさかったです…

スタンプのおかげで作業効率が格段にアップしましたね!

僕はこの他にも、オリジナルスタンプを持っています。

それは、僕のお店の屋号と住所が刻まれたスタンプです!

クリックポストで発送するときは、ラベルにお店の情報も書いてあるんで使わないですけど、普通郵便で発送するときは、封筒の裏面にオリジナルスタンプを押しています。

はじめの頃は手書きで書いてました…

これがあれば作業効率は上がるし、見た目もお店感が出ていいですよ~。

オリジナルスタンプは、はんこ屋さんで簡単に作ってもらえます。

僕は、ネットで注文できるはんこ屋さんに作ってもらいました。

値段も2000円台ぐらいでお手頃だったんで、気に入ってますね~。

OPP袋

本を梱包するときに活躍するのがOPP袋です!

これは、透明で袋状になってるビニールのシートですね。

本をそのまま封筒に入れると、雨で濡れたりするかもしれないんで、OPP袋で包んで発送してます。

本をOPP袋で包むと、雨ガードになるだけじゃなくて、古本でもすごく立派に見えるんですよ~。

あと、古着もOPP袋で梱包するといいですよ!

OPP袋は、『クリスタルパック』で検索してもいろんなメーカーの商品が出てくるんで、どちらかの名前で検索してみてください。

クリスタルパックってのは、OPP袋の大手メーカーの商品名らしいです。

プチプチ

CDやDVDを梱包するときに活躍するのがプチプチですね!

子供の頃、誰もが一度はつぶして遊んだであろう、お馴染みの緩衝材です。

僕は今でもプチプチしてます 笑

プチプチをどんなやつにするかは、せどらーの規模にもよると思うんですけど、僕ぐらいだとそんなに大きなものじゃなくても事足りてますね~。

僕は、60cm×10mのロールを買いました。

でも実は、プチプチのロールを買ったのは最近で、せどりを始めてもうすぐ半年って頃です。

それまでは、買い物で手に入れたものを再利用してました 笑

Amazonでせどりを始める前からメルカリはちょっとやってたんで、その頃から自分が通販で買ったものについてたプチプチを、捨てずに取っておいてたんです。

基本、クリスタルパックでプチプチはそんなに使わないんで、再利用で半年近くいけました 笑

その他の便利グッズ

発送準備以外の場面で使ってる便利グッズも、紹介したいと思います!

シールはがしスプレー

仕入れた商品に値札がついてたときに活躍するのが、シールはがしスプレーです!

値札シールって、ものによってはキレイにはがれなくて、粘着のベタベタが残ったりするんですよね~。

シールはがしスプレーをかければ、キレイにはがせて便利ですよ。

一度、仕入れた古本の裏表紙に、マジックで名前が書かれていたことがあって、シールはがしスプレーで消せるかなと思ったんですけど、ダメでした 笑

一応、マジックは気持ちいいぐらいキレイに消えたんですよ!

でも、跡はくっきり残ってて、文字の形に日焼けしたみたいになっただけでした 笑

しょうがないんで、クリックポストのラベルシールを小さく切って、文字の上に貼って隠すという荒療治でしのぎました 笑

付箋

仕入れた本を保管しておくときに、付箋があると便利です!

例えば同じ本を2冊仕入れて、1つは『良い』、もう1つは『可』で出品するっていうようなことが、結構あるんですよ。

そういうときは本に付箋を貼って、これは『良い』の本、これは『可』の本って分かるようにしておくと、注文が入ったときに間違えずに済みます!

作業台

便利グッズという感じではないんですけど、僕はせどりを始めて5ヶ月ぐらい経ったときに、思い切って作業台を買いました!

はじめの頃は、パソコン作業に使ってる机に工作マットを敷いて、梱包作業をしてましたね~。

でも、梱包作業のたびに机に工作マットを敷いて、終わったら片づけてっていう動作が面倒くさくなって、梱包作業専用のスペースが欲しいと思ったんですよ。

でもお金をかけたくなかったので、はじめは作業台を手作りしたんです!

通販で買い物をしたときに手に入れたダンボールを組み合わせた、はりぼての作業台でしばらく作業していました 笑

この作業台のこだわったところは、立ちながら作業できることです。

梱包作業って、僕的には立って作業した方がやりやすいんですよね。

なので、台には高さを持たせました!

そして、台の下の方を開け閉めできるようにして、そこに仕入れた商品や、備品を収納できるようにしました!

見た目はオンボロでしたけど、作業効率も上がったし結構活躍してくれたんですよ。

でも、ダンボールで手作りということもあって、だんだんつぶれて傾いてきたんです…

そんなさなかに、日本国民に10万円の給付金が配られることになりました。

これ幸いと、僕は頑丈な作業台を買わせてもらいました 笑

1万円もしないんですけどね 笑

この作業台、脚が棚になってるんで、そこに商品や備品を置けるんですよ~!

高さもあるんで、立ちながら作業できて快適です!

それまでうちには、プリンターを置く場所が作業スペースから離れたとこにしかなかったんですよ。

それで、プリンターと作業スペースとの行き来がちょっと面倒だったんです。

作業台を買ってからは、そこにプリンターを置けるようになったので、すごく便利になりました!

部屋はちょっと狭くなりましたけど、買ってよかったと思います。

こんなものまで買っちゃったら、もうせどりに骨をうずめるしかないですね 笑

最後に

いかがでしたでしょうか。

気になるグッズはありましたかね? 笑

まぁ、大抵のせどらーは持ってるグッズじゃないかと思うんで、目新しさはなかったですかね?

こんなグッズ紹介でも、これからせどりを始める人の役に立ってくれたらありがたいです!

ではまた、トモヤンでした~。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。