【トモヤンの古物商 取得体験記③】申請までにやらないといけないこと

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

どうも!トモヤンです。

【トモヤンの古物商 取得体験記】、早いもので今回が3回目となりました~。

前回は、古物商許可を取ろうと決意した僕が、申請を行政書士にお願いしたところまでを、お伝えしました。

今回は、行政書士とどんなやり取りをしたとか、申請までにやったことを書いていきたいと思います!

前回までのトモヤン

お金を稼ぎたかった僕は、せどりに興味を持って、手始めに、家にある物をメルカリで売ったり、簡単なせどりを試してみました。

ちょっと稼げて自信がついたので、本格的にせどりをやるために、古物商許可を取る決意をします!

古物商許可を取るのって大変そうだと思い、トラスト行政書士事務所にお願いすることにしました。

ネットで簡単に申し込める

トラスト行政書士事務所の申し込みは、とても簡単でした。

スマホから、申し込みフォームに進んで、名前や住所など、基本的な情報を入力するだけでした。

もちろん、パソコンからでもOKです。

そのときに、プランを選ぶんですけど、僕は、『書類作成代行プラン』というのにしました。

行政書士が、書類を代わりに作ってくれるプランで、料金は44000円(税込)です。

おまけで、このサイトと同じ名前の、『古物商の教科書』っていう冊子と、古物台帳っていう、帳簿のエクセルシートももらえます!

あと、皆さん、古物商プレートって知ってますか?

古物商になったら、古物商プレートっていう看板みたいなやつを、お店に置かないといけないんですよ~。

このサイトで教わりました 笑

古物商プレート

ウチにこんな看板を置くって、なんかワクワクしますよね!

僕だけかな 笑

なんと、その古物商プレートも、おまけでついてくるんですよ!

太っ腹ですね!

『自分で書類作成プラン』ってのもあるんですけど、そっちは、書類とマニュアルをもらって、自分でマニュアルを見ながら書類を書くっていうプランみたいですね。

そっちの料金は5500円(税込)です。だいぶ安くなりますね!

でも、そのプランだと、結局、自分で書類を書かないといけないですからね~。

僕はいいかなって感じですね。

面倒くさいですもん 笑

行政書士さんとメールでやり取り

トラスト行政書士事務所に申請代行を申し込むと、質問メールが送られてきます。

欠格要件に当てはまっていませんか?

まず、欠格要件ってやつに、当てはまっていないかを聞かれました。

編集部注:
古物商許可の欠格要件

  • 破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない者
  • 犯罪者
  • 暴力団員、元暴力団員、暴力的不法行為をする恐れのある者
  • 住居の定まらない者
  • 古物商許可を取り消されて5年経過しない者
  • 許可取り消しとなり、聴聞から処分確定までの間に自主返納してから5年経過しない者
  • 心身の故障により古物商または古物市場主の業務を適正に実施することができない者として国家公安委員会規則で定めるもの
  • 未成年者
  • 管理者の業務を適正に行えない者を管理者に選んでいる
  • 法人役員の中に1~8に該当する者がいる

古物商許可を取るための条件みたいなものですね。

欠格要件に1コでも当てはまると、古物商許可を取れないんです!

でも、大抵の人は当てはまらないと思います。犯罪歴とかがなければ大丈夫です。

持ち家ですか?賃貸ですか?

そして、自宅が持ち家か、賃貸かも聞かれました。

僕は、自宅でせどりをやるつもりなので、営業所を自宅で申請します。

古物商許可って、お店がなくても、僕みたいに自宅をお店代わりにして申請できるんです!

お店を持つなんて、そんな大それたことできないですからね。

お金を稼ぐどころか、借金しちゃいますよ…

で、僕の自宅は賃貸アパートなんですけど、賃貸だとちょっと厄介なことがあって。

大家さんに、「自宅で古物商をやっていいよ」って、承諾をもらわないといけないんですよ!

しかも、ただ承諾してもらうだけじゃダメで、承諾書にサインをしてもらわないといけないんです!

面倒な話ですよね~。

どんな商品を扱いますか?

あと、どんな商品を扱うかも聞かれました。

僕は、CD、DVD、雑貨、本、電化製品と、答えておきました。

初心者にも扱いやすそうな商品ですよね。

まぁ、電化製品は、いきなり扱うのはハードルが高いですけど、もし、うまくいったら扱ってみたいなという希望も込めて 笑

でも、電化製品って、高価なものだけじゃないですからね、イヤホンとか、パソコンのマウスとか、そういうのだったら、始めたばかりでも扱えそうですよね。

販売サイトのURLを登録しますか?

商品の販売サイトのURLを登録するかも聞かれました。

僕は、いろいろ調べた結果、せどりの販売はAmazonでやった方がいいってことが分かったんで、Amazonでの販売を考えていました。

Amazonに販売ページを持つときも、そのURLを申請しないといけないそうです。

僕は、古物商許可を取ってから、Amazonに登録しようと思っていたので、まだURLは持っていませんでした。

その場合は、許可を取り終わってから、登録の手続きをするそうです。

ちょっと面倒くさいですけど、しょうがないですね…

編集部注:
古物商許可の申請時に、古物取引をするホームページのURLを登録する場合、ホームページがすでに開設されていないといけません。
そのため、古物商許可の取得後に登録するのが一般的です。

大家さんに使用承諾書を書いてもらった

質問メールに返信して、最終的な申し込みが確定したら、いろんな書類が送られてきました。

その中に、例の、大家さんに書いてもらう承諾書も入っていましたね。

万が一、承諾がもらえなかったときは、実家を営業所にしたり、レンタルオフィスを借りるという方法も、メールで紹介してもらいました。

でも、この大家さんの承諾問題、僕には勝算がありました 笑

普通、大家さんって、めったに会うことがないですよね。

でも、僕は、月に1回は確実に、大家さんと会話を交わすんですよ~。

僕の住んでるアパートって、今どき珍しく、大家さんに手渡しで家賃を払うんです 笑

アパートのすぐそばに大家さんの家があるんで、顔を合わすことも多いんです。

あんまり大家さんと交流がないと、承諾書を書いてもらうのって、気合いがいると思うんですけど、ちょくちょく話す機会があるなら、まだ話しやすいですね。

ということで、家賃を払いに行くついでに、お願いしてみました。

大家さんは、古物商許可のことを詳しく知らなかったみたいで、説明するのがちょっと大変でした…

っていうか、知ってる方が珍しいですよね。僕も最初は何も知りませんでしたから。

大家さんは、

ん~俺にはちょっとよく分からないから、不動産屋に電話してみるよ。

と言って、部屋に戻っていきました…承諾書は一応受け取ってくれました。

ちょっと面倒な展開になったなぁとは思いつつも、まぁ多分OKだろうと信じて、連絡を待ちました。

1時間後ぐらいに、不動産屋の方から電話があって、

大家さんに聞きました~。全然、大丈夫ですよ!

とのことでした。

ホッと、ひと安心でしたね。

それからすぐ大家さんが、サインをした承諾書を渡してくれました。

そんな感じで、無事、承諾書をGETできました!

使用承諾書

承諾書以外に送られてきた書類

承諾書以外に送られてきた書類ってのが、申込用紙とか、略歴書です。

申込用紙に、屋号を書く欄があったんですよ。

個人でせどりをやるんで、屋号なんて考えてもみなくって、でも、よく考えたら、個人でAmazonの販売をやってる人でも、屋号ってついてますよね。

屋号なんてつけたら、一気にプロ感が出ますね!

ワクワクしちゃって、いろいろ考えましたよ 笑

友達とも一緒に考えたりして、なかなかいい屋号ができたんで、それで申し込むことにしました!

略歴書

略歴書は、履歴書みたいなもんですね。

過去5年分の職歴を書きます。

これはさすがに自分で書かないといけません。

行政書士さんに僕の職歴なんて分からないですからね 笑

営業所の図面

営業所の図面なんかも書きました。

これは、念のために書くって感じですね。

警察署によっては審査が厳しいところもあるそうなので。

僕が書いたみたいに、フリーハンドで簡単に書く感じで大丈夫です!

完成した書類が送られてきた

さっき紹介した書類を書いたら、一緒に送られてきた返信用封筒で、トラストさんに送り返します。

数日後、行政書士さんが作ってくれた申請書とか、取り寄せてくれた住民票とか、警察署に提出する書類が、全部まとめて送られてきました。

古物商許可申請書(1枚目)

行政書士さんが全部書いてくれてるので、あとは印鑑を押すだけです。

注意書きの付箋も貼られていて分かりやすいですね。

古物商許可申請書(2枚目)

CD、DVD、雑貨、本、電化製品を扱いたいと申し込んだので、『機械工具類』、『道具類』、『書籍』っていう区分に〇がついていますね。

古物商許可申請書(3枚目)

ホームページのURLを書くやつですね。

僕はまだホームページを持っていないので、『用いない』に〇がついています。

許可が取れたら、Amazonにショップをつくる予定です。

身分証明書

前回の取得体験記で書いたんですけど、『身分証明書』っていう名前の書類です。車の免許証とかとは違います。

こんなデザインなんですね~。

僕の本籍地、沖縄からはるばるやって来ました 笑

誓約書

最後の準備

ここまで来たら、あとは書類を警察署に提出しに行くだけです!

トラストさんから書類が送られてきたときに、警察署に行くときの注意点が書いてある紙も入っていました。

必ず、行く前に電話をして、アポを取ってくださいとのことでした。

急に訪ねると、担当の人がいないこともあるからだそうです。

警察官の仕事は、古物商許可の受付だけじゃないですもんね。

あと、万が一、書き間違いがあったときのために、訂正印に使う印鑑も持っていくようにと、書いてありました。

ということで、アドバイス通りに警察署に電話をしました。

警察署に電話をするのなんて初めてだったんで、ちょっと緊張しましたが、なんてことなかったです 笑

「古物商許可の申請をしたいんですけど…」

書類は用意できていますか?

「はい、用意できてます!」

分かりました。では、いつ頃来られますか?

とまぁ、大体こんな感じでしたね。簡単でした。

ちょうど、希望の日にちと時間でアポが取れたので、良かったです!

あとは、会社に、警察署に行く日の半休申請をしました。

警察署の受け付けは平日しかやってないんで、その日の午前中は、仕事を休ませてもらいます。

おわりに

ここまでやれば準備完了です!あとは、警察署に行くだけ!

いや~行政書士にしといて良かったです。

ホントに簡単でした!

次回の取得体験記は、警察署に行ったときのことを書いていきたいと思います。

乞うご期待 笑

トモヤンでした。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。